Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

カテゴリー "景気回復は銀座から" の記事

■コーヒータイム:銀座マネキントーク20111031

このところ、世界中がなにかと騒がしいですね。
マネキン嬢シリーズで、世間の憂さを晴らしましょう。。。


「ねぇねぇ、隣のブルガリの店員に聞いたんだけどさ、
紙屋の若旦那がカジノですってんてんしたんだって・・・」
「ちょっと、ちょっと、サトミいい加減にしなよ。そんなに興奮して。
銀ブラのお客さんに笑われるよ^0^。どこにでもある話でしょうに・・・」
「だけど100億円よ!!!番頭さんたちから無心したんだって・・・」
「えぇ100億円。。。尋常じゃないわよん・・・」
「そんで、儲かったの?」
「半分は返したって話よ・・・」
「芸能界や政財界で派手な交友関係が・・・」
「交遊でしょ?」
「あたしも使ってみた~い」
「でもさ、世知辛い世の中、そういうのって、なんか、スキッとしない?」
「セコイニュースばっかだし・・・」
「そういえばそうね、やってくれるね若旦那。
銀座のたくさんのクラブの同伴につぎ込んでくれれば、
景気もよくなるか・・。お金のない人にはできないもんね」
「セコイ客が多くなった・・・」
「セコイと言えば孫さんはどうした?100億円・・・」
「しらな~い・・・・・・・・。もう配ったんじゃないの?あたいはまだもらってない」
「東電はまだやってるの?」
「やってるやってる。会社が倒産してもやってるんじゃないの。
まだまだひた隠しが多いみたい。
マスコミは企業年金は報道しちゃいけないんだってさ・・・」
「広告がもらえないから?セコイセコイ・・・」
「年金のお金がなくなるんだって・・・」
「マネキンはもらえるのかしら?」
「企業年金暮らしの清水さんは悠々自適かなぁ?」
「セコイ生活じゃなさそうよ。うちの店長とは違う・・・」
「サリー、後ろに店長が・・・」
「だいじょうび、マネキンの話は聞こえるわけないもん・・・」
「ということは私たちの声も人間には聞こえないってわけか・・・」
「だいじょうび。KURAさんが付いてるから」


萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD









スポンサーサイト