Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2003年01月の記事

交渉人はキレる人には向いていない。

何事でもそうですが、
包容力と人間愛と相手の立場を尊重する気持ちがなければ、
うち解け合うことなんか出来ませんよね。
交渉人は潤滑油であり、癒し人、時には滑稽な形相にもなります。
お互いが仲良くシャンシャンとなればいうことナシです。
よく、キレるといいますが、
キレない人はいないと思いますね。
キレた経験をしなければ、キレる人の気持ちは分からない。
何事も人生経験。
結婚もしていないのに結婚カウンセラーをするのは、
賛成できない(個人的意見ですのであしからず)し、
煙草を吸ったこともないのに、嫌煙権を振りかざすのも、
感心できない。
暴飲暴食をされたこともないのに、お酒は飲むなというお説教も、
感心できない。(ゴメンねお婆ちゃん。。。^0^)、
恋愛経験もないのに、恋愛カウンセラーをしているのも不自然だし、
競馬や宝くじなどのギャンブルもしたこともないくせに、
賭け事を諫めることも不条理。。。
地球温暖化の推進をしている面々が、ガソリン代を下げろというのも、
おかしいし、
とかくこの世はキレたくなる事ばかり。。。。
でも、交渉人はあくまで、沈着・冷静・穏やかに。
が鉄則。
キレ易い人は辞めてくださいね。








スポンサーサイト