Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2006年12月の記事

東京砂漠

久しぶりに紅白を見ていましたが、
色々な歌を聴く度に涙が出てきますね。
前川清さんは、ブレイクする前でもあちらこちらで、お仕事を
やっていた時でもなんとなく気になっていましたね。
最近、馬主でも有名で、コイウタでJRAのG1オーナーになったほどです。
その反面、奨学金への寄付や社会的な還元も積極的に行っているようです。
私も多少ながらしておりますが・・・。
「東京砂漠」はカラオケでも、よく唱っていました。
詩が好きと言うよりも、
そのまま当てはまるような自分の人生の道に符号していたので、
つい思い出して、涙が出ていました。
毎年年末になるとこんな風に感傷的に浸る自分がどうにも憎めない。
色々な人に裏切られたとしても、
その人を許してあげる器量は男の人には必要です。
恋愛・友情・人間関係においての気持ちのやり取り。
kura sanにもなかなか気丈にはなれない意外な盲点が・・・。
恋唄(コイウタ)に恋して (ベストセレクト)/前川 清
¥1,575
Amazon.co.jp


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。