Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2009年01月の記事

憂国、公務員制度改革の挫折。

麻生内閣は猛烈な人事院の抵抗にあい、
公務員制度改革があえなく挫折してしまう現状では、
官僚のわたりや天下りの廃止にはほど遠く、
まさに憂国の感がありますね。

これまで何もしてこなかったツケが回ってきたのでしょう。
経済政策、教育、医療、郵政、法務、政治、
どれをとっても、なんとも頼りにならない日本のシステム。

国の滅亡を回避させるには、
まず既成の既得権益システムを変える必要があります。

公務員天国にメスをいれ、
官僚の「わたり」「天下り」の完全廃止は、
何故できないんでしょうか。
経済団体や特殊法人への多額の補助金をやめ、
お金の流れもガラス張りにする。
労働組合は使用者側の顔色をうかがってばかりでなく、
権利ばかり主張する組織からの脱却も必要。

事業をはじめて昨年商工会議所の会員になったのですが、
いまひとつ組織の動きがわからない。
商工会議所にいたっても多額の補助金を、
もらっているのだから、労使の調整力を備えて欲しいし、
費用対効果がないという批判にも、
誠意を持って応えて欲しい。
宗教法人に至っては税金免除ですし、
銀行も無税。
企業の内部留保は70兆円もあるそうですが、
上手く使えば派遣村などつくる必要もなかったはず。
労組のボランティアが行ったと聴きましたが、
商工会議所も参加すべきでしたよね。

後日、「官僚の大改革」
「商工会議所・特殊法人の対費用効果」に鋭いメスを入れます。

公務員制度改革―米・英・独・仏の動向を踏まえて/村松 岐夫
¥3,360
Amazon.co.jp

間違いだらけの公務員制度改革―なぜ成果主義が貫けないのか/中野 雅至
¥1,890
Amazon.co.jp

天下り支配―影の権力者の昭和史〈2巻〉 (だいわ文庫)/本所 次郎
¥800
Amazon.co.jp

天下りシステム崩壊―「官僚内閣制」の終焉/屋山 太郎
¥1,680
Amazon.co.jp

地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)/荒川 顕一
¥756
Amazon.co.jp

天下り酒場 (祥伝社文庫)/原 宏一
¥600
Amazon.co.jp

破綻国家の内幕―公共事業、票とカネ、天下り 利権の構造/東京新聞取材班
¥1,680
Amazon.co.jp


スポンサーサイト

自然で寛容な心

コラムを書いている別のサイトで、
「オナラ」についての考察が載っていました。
絶世の美女でも、有名人でも、
動物なら誰でも持っている権利。

私の場合は、たぶん好きな人が我慢できなくなったら、
「周りの人にいかないように、自分に向けていいよ」
と言います。
それ位で女性を嫌いになるんだったら、
おつき合いはしなくてもいいですよ。

物を食べたり飲んだりすれば、
生理現象が生じるのは仕方のないことで、
我慢して倒れるまで相手に気を遣うのは感心できません。
エチケットは必要でしょうけれども、
もしあなたが誰かとパートナーになられるときは、
その人のすべてを好きになる事です。
そういう自然で寛容な心が必要です。

健闘を祈ります。。。

おなら大全/ジャン フェクサス
¥3,780
Amazon.co.jp

おならばんざい (絵本・子どものくに 8)/福田 岩緒
¥1,260
Amazon.co.jp


茅場町での女性実業家夫妻との語らい。

今日は午後からさっきまで、
外国人の大物女性実業家とその夫の方と談笑。
この不況のなか国と国との相互ビジネスの在り方について、
互いにビジョンを語り合いました。
大変なときこそ困っているかたたちがいるわけで、
そこに新たな市場が生まれるし、
花火はどんどん打ち上げ発信する必要があるという、
有意義なお話し合いでした。

米国の得意なスケープゴート戦略が始動。
今回の金融不安はアメリカだけの責任ではないと、
とうとう言い出しましたね。
詳しい話しは明日また。
今日はお昼も食べてないので、
とりあえず、これから帰って、レトルト食品でもと。。。
これで十分です。。。

500年後の2009年の世界

先日、美術関係のイベントに参加させて頂きました。
いま流通系(特に金融)で世界的な不況感が闊歩していますが、
こと美術界でも影響はあります。
美術愛好家も観る目を肥やし、選択眼も厳しくなります。
作家の画面は生き方そのものが現れ、嘘のつけない世界で、
完全見た目が100%の世界です。
もしくは見える人しか見えないとすると200%。

表面的な物事でしか見えない、
ガツガツしたウォール街の成金志向の方々には、
見えるものまで見えなくしてしまいました。
自分たちのやっていることは、
将来、暮らしに困っている人たちにとって
幸せになることなのだろうとかいう想像の力が
なかったのです。
心の常識と良識や想像する世界を、
まったくみることが出来なくなった、
偏向的な人種と化してしまったようです。

「流通系に端を発したサブプライムローン」
芸術家からみれば、人間の業の仕業で、
右往左往している時代の潮流の面白さ、
という目で見てしまいます。
それが本来の常識というものかもしれません。
大きなスタンスで時代を見つめ、証拠に残しておく。
何百年たってもアートは残ります。
500年後には今の時代の滑稽さに関心を持つ、
人もいるかもしれませんね。
ルネッサンス時代のころの絵のように。。。

ルネサンス美術館(全1巻)/石鍋 真澄
¥9,975
Amazon.co.jp

ルネッサンスの光と闇―芸術と精神風土 (中公文庫)/高階 秀爾
¥980
Amazon.co.jp




長かった新年会

今年始まってから、

新年会が毎日のようにあり、

途中で体調を崩すも、やっと昨日で完了。


昨日は日動画廊での昭和会展の

オープニングパーティーに呼ばれ出席。

10年前に安井賞展が廃止され、

今では日本で唯一の画壇の登竜門となっています。


今日は外国人経営者夫妻と会談。

準備中の販促もあり、目下水面下で進めています。

HPへの問い合わせもあり、てんやわんや。

商工会議所の懇親パーティーも3月に。。。

来月はバタバタしそうな感じですね。

日本経済が地盤沈下しているような、

加熱した報道ぶりですが、マスコミの情報ばかりに

目を奪われていると回りも見えなくなります。

多くの人と逢い情報交換することも必要です。

IMFの発表には米国政権の思惑もあります。

情報収集はすべて疑ってみることからはじめてみましょう。

海外のエコノミストが日本は悲観的だと言ってますが、

個人金融資産は1400兆円、国有財産は700兆円、

累積国際収支額もかなりあるはず。

国の借金はお役人のしたことで、

例えば親がこどもから無心しているだけのこと。

各企業の営業利益が一時的に縮小しただけで、

すぐ賃下げの理由のためワークシェアリングを取り上げる、

経団連諸氏のかたがたにも問題ありです。

渡りや天下りの受け皿が不況をよそに、拡大しています。

永田村もなかば認知症状態で機能不全。

経済団体、商工会議所も高齢化し、

渡りや天下りの温床にならなければ良いのですが。

大袈裟なマスコミのふれこみには感心しませんね。


2008年 IMF占領 (ペーパーバックス)/森木 亮
¥1,000
Amazon.co.jp

「新」国際金融システムの課題―迫られるIMFの「構造改革」 (愛媛大学経済学叢書)/大田 英明
¥4,410
Amazon.co.jp

ユダヤ・ロスチャイルド世界冷酷支配年表/アンドリュー ヒッチコック
¥1,995
Amazon.co.jp

ヘッジファンドの素顔―IMF報告書
¥2,100
Amazon.co.jp

100ドルの豪邸

リーマンブラザーズの元CEOが、
「こういう金融不安になるとは思わなかった」
と言い放ち、
株主からの提訴で身ぐるみ剥がされそうな状況のなか、
12億円の豪邸を奥様に100ドルで譲渡。。。
姑息な手段はどこまで続くのでしょうか。
株主訴訟では敗訴はやむなしですが、
世論でもかなりブーイングのようですね。
クリントン元大統領と元FRB議長のグリーンスパン氏への
責任追及への関心も高まります。
今回のサブプライムローンの発端は
このお二方にもあり、
断罪されるべく権利はあるはずですが。
彼らには上手いコトを発案したという自負で、
未来もこうなるはずだという計算もあったはず。
しかしながら世界情勢も刻々と変化し、
先行き不透明の時代になりました。
マネーを生みだす怪物 ―連邦準備制度という壮大な詐欺システム/エドワード・グリフィン
¥2,940
Amazon.co.jp


下請け改善と雇用の革命

私は長年、とある広告代理店で、
制作ディレクター、プロモーション、営業とやってきました。
制作プロダクションへのフローは、
ディレクターが把握しているのですが、
その先の事情については当時よく分かりませんでした。
その代理店を辞め、
数年間色々な業界でPR・販促を中心とした業務を
支援してきてようやくその実態を知ることとなりました。
元請けと下請けのコラボレーションは、
なくてはならないものですが、順調の時はいいのですが、
良くないときには支払いはゼロ、
またはマイナスになるときがあります。
発注書はなく、いつも口頭。
支払条件は納品して入金してから相談。
企画が通らなかったら元請けに賠償という報告もありました。

最近の知人の例ですが、とくに元請けが、
フリーランス(自営)プロデューサーというケース。
元受けが下請けに頼む場合には、支払い条件はいわず、
ただそのまま進めさせ、出来上がったら納品し、
入金しそうになったら下請けに支払い条件を提示するという、
魑魅魍魎なやり方で、通達します。
広告の場合、元請けが代理店からクレームを付けられたら、
下請けに大幅な減額を要求。ゼロになるときも多いそうです。
クレームを付けられなくても架空事実を作り上げ、
支払わないというのもありました。
下請けの社長はその後失踪し会社は消滅。
アニメ制作会社の下請けも大変と聞きます。
業界は違っても内容は同じなんですね。

世界的な金融不安と不況が押し寄せ、
大手企業の正社員さんが給料が下がって、
アルバイトを容認されたといいますが、
派遣でクビになった人たちと、
競合することも十分考えられます。
雇用の受け皿がどんどん縮小しているのに、
そんなことありですか?
と麻生さんに問いかけてみたいですね。
正社員が、
派遣・契約社員、アルバイトや職探しに必死な方、
身障者のかたたちの働き口を奪う?
一般企業にも公的資金を導入?
内部留保の十分ある企業にもするのでしょうか?

この国にも、どうやら、ヒットラーさんや、
ゲバラさんやカストロさんのような
革命家が必要になるのかもですね。
軍部はこりごりですけれども。。。
ちょっと物騒な思いなのでしょうかね。。。
新訳 ゲバラ日記 (中公文庫)/チェ ゲバラ
¥900
Amazon.co.jp

チェ・ゲバラ―愛しい男(ひと)
¥1,000
Amazon.co.jp

わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶/アレイダ・マルチ
¥1,995
Amazon.co.jp

ゲバラ 世界を語る (中公文庫)/エルネスト・チェ ゲバラ
¥820
Amazon.co.jp

カストロ、銅像なき権力者/戸井 十月
¥1,575
Amazon.co.jp

思想は武器に勝る―フィデル・カストロ自選最新演説集 2003~2006年/フィデル カストロ・ルス
¥2,940
Amazon.co.jp

冒険者カストロ/佐々木 譲
¥1,680
Amazon.co.jp
土方歳三の生涯/菊地 明
¥2,940
Amazon.co.jp

異聞 土方歳三の最期/中村 忠司
¥1,365
Amazon.co.jp

春の雪 (新潮文庫―豊饒の海)/三島 由紀夫
¥660
Amazon.co.jp

春の雪 VISUAL BOOK/井上 貴之
¥1,470
Amazon.co.jp




アメーバブログの会員さんが400万人

何年か前、こちらに入会したときは、
まだ20万人くらいだったですね。
最初のころはライブドアのブログサービスを、
活用していたのですが、
例の事件で嫌になり、こちらへお引っ越し。
5つのサイトを作るため、メールアドレスを5個作りました。

こういう世界的な金融不安と不況が、
時代を闊歩しているなか、
既存の広告媒体はお払い箱になる不安もあり、
SNS・ブログマーケティングがこれから、
台頭してくると予測しています。
それには文章力やコンセプト・発想力を洗練させて、
人間性を豊かにし、
世の中をポジティブに誘導していくパワーが
必要となります。

どこもかしこもリストラや減益や、
マイナス的な要素ばかりですが、
今回の金融不安を煽り、
世界中の人たちを奈落のどん底に突き落とした、
ウォール街の魔物たちへの、
責任追求はまったくないというのも変な話しですね。
それはさておき、いくら不況といわれても、
人は生きていかなければなりません。
創意工夫と雰囲気作りを元に、
自己研鑽に励みましょう。。。
「年金不安」にはこれで勝つ!―“信託銀行”をフル活用すれば、老後の生活も安心!/灰谷 健司
¥1,470
Amazon.co.jp

強欲資本主義 ウォール街の自爆 (文春新書)/神谷 秀樹
¥746
Amazon.co.jp

ウォール街の闇/堀川 直人
¥1,575
Amazon.co.jp

ウォール街狂乱日記―「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生/ジョーダン ベルフォート
¥2,100
Amazon.co.jp

ウォール街の大罪―投資家を欺く者は許せない!/アーサー レビット
¥2,100
Amazon.co.jp

ウォール街のマネー・エリートたち―ヘッジファンドを動かす人びと/大井 幸子
¥1,890
Amazon.co.jp

さらば、強欲資本主義―会社も人もすべからく倫理的たるべし/神谷 秀樹
¥1,890
Amazon.co.jp




再び登場!偏見血液型生態学。

日本人は血液型に意外と敏感なようですね。
霊視、星占い、誕生日、九星占術もお盛んな様子。
こと、血液型に限って言えば、
科学的な根拠は生態学的にはありません。
しかし、この世で4種類しかない体の中の血液の存在には
驚かされますね。
血液型によって性格や行動パターン、
考え方や深層心理まで決められては困ります。

困りはしませんが、結構当たってないんですよ。
B型の本が売れてるみたいですが、
なんか買うまでには至りませんでした。
そんなに気にしてどうするの?
と、心配になってきます。
それだけ、人への関心がある証拠なのですが。
経験上、肌で感じた偏見血液型生態学。
人によってはほんとの血液型を、
教えてくれない場合も結構ありますね。
とくにタレントさんなんかは。。。


●B型の生態学
・一見人なつっこくてリーダーシップはありそうだが、
意外と人望が薄いので、大勢をまとめるのが苦手のようです。
・面白い発想は有りそうだが、自分の観念に閉じこもり気味な人が多い。
・臨機応変に対処するのが苦手。自分の意見が世界で一番だと自己陶酔する癖がある。
・自分勝手な行動パターンを好み、チームワークは苦手。
・人見知りが激しいので、派閥は作れない。
・大局を見ないで近くをみるのが好き。
・ユニークな発想はするが、考え方は現実的で成就までは難しい。
・性格が細かく人間関係が苦手。愚痴が多すぎる。
・お金に細かい。貯金が生き甲斐。
・女性にだらしない。
・女性はA型より細かい。


●A型の生態学
・自分の存在を否定されると暴発するおそれがある。
・開き直ったら史上最強の人材。
・性格は神経質そうだが、意外とおおらかで面白い。
・完全主義的なところがあり、こだわりはO型やB型より強い。
・物事の調和を好むので、トップには向いている。
・お金にはあまり執着しない。貯金は少ない。
・創造力が豊か。反面融通性に欠ける。
・心のなかに壁をつくりやすいが、つきあえば面倒見がよくなる。
・管理能力があるので、大きな事業を行うには必要な人材。
・女性は意外とおおらかで大胆。


●AB型の生態学
・サラリーマンに一番適している。世渡りが上手い。
・性格に裏表がある。防衛本能が豊か。
・癒し系の性格だが、優柔不断なところが多い。
・人の評価を気にしすぎる所がある。
・浮浪雲的な存在感、自分の意見をあまり言わない。
・感覚中心な生活感。
・お金には疎い。
・人間関係の調整が上手い。
・A型についで、役員クラスに向いている。
・上司が命的な所があるので、出世は早い。
・異性に警戒心がある。

●O型の生態学
・おおらかなイメージがあるが、自分に優しく相手には厳しい。
・守銭奴的な性格。結構ケチなところがある。
・親分肌、姉御肌だが、敵を作りやすい。
・職人肌の人が多い。
・行動範囲が一番広い。
・不平不満を当たり散らす。
・経営感覚に優れている。
・人の管理下で仕事をするのを嫌う。
・女性は身が固い。
・自由を優先し自分の足で歩く。


結論:
血液型は余り当てにはできないようです。
私は、O型、B型の女性に惹かれるようです。。。


オバマ新政権の正体と矛盾

スピード感ある政治体制でチェンジした、
オバマ政権ですが、
日本ではというと・・・・悲惨この上ないため息。
誰もがそう思っているはずです。
麻生さんがこのまま居座っている限り、
世界から置き去りにされていく可能性がある日本。

オバマ新政権は、
パッチワーク政権といわれているようですが、
そういう言葉遊びにうつつをぬかしている場合ではありません。
スピーチライター云々の評価も賛否両論。
そういうことは取るに足らない議論。
オバマさんの考えやビジョンには数多くの矛盾と、
素朴な疑問が存在しています。

・外交に弱いオバマさんはホワイトハウスの、
取り巻きの委員から監視されている。

・民主党政権(共和党も)のバックには、ユダヤが支配しており、
イスラエルへの協力と絶大な支援は揺るがない。

・中東政策はブッシュさんの政策を承継。
イラクから撤退も、アフガニスタンへの軍事増派は、
オバマさんの考えではない。

・対日スタッフは親日派で安心している、評論家も多いですが、
米国からは同盟責任遂行を迫られる。つまり、余っているお金を
オバマ政権につぎ込ませる腹でしょう。対中国に対しても同じ。

・金融不安の起因者たちへの責任追及は全くない。
前政権の担当を留任させたのは責任追及からのがれさせるため?

・グリーンニューディール政策で雇用500万人は、
かなりの公的資金と年月がかかり、数十年にも及ぶでしょう。
具体的なロードマップもありません。

・公的資金75兆円を1年半の間にといいますが、
残りの資金は底をついていることから、
日本への資金要求は必須。

・麻生さんがこのような世界の「感じ」を読んで、
どう対処しようとしているのか、
よく分かりません。国内を良くするためには、
大きなビジョンを示す必要があります。

「夢とビジョン」を語る技術―「いっしょに仕事がしたい!」と言われる/野口 吉昭
¥1,470
Amazon.co.jp

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか/ケン・ブランチャード
¥1,470
Amazon.co.jp

ビジョン・リーダーシップ―尊敬される企業になるために必要なこと/田舞 徳太郎
¥1,890
Amazon.co.jp

自分ビジョン!/HRインスティテュート
¥1,470
Amazon.co.jp

超予測2012 地球一切を救うヴィジョン―なぜこの宇宙に「日本というひな型」が作られたのか/白峰
¥1,680
Amazon.co.jp

小学生のためのビジョントレーニング―遊びながら集中力がつく!
¥1,200
Amazon.co.jp

プレジデントビジョン 起業への情熱/株式会社ライブレボリューション
¥1,575
Amazon.co.jp

ストーリービジョンが経営を変える/酒井 光雄
¥15,750
Amazon.co.jp










ブログのデザインを変えます。

しばらく変えてみます。
女豹度チェックもありますので、
是非診断を。。。

大学院は高校卒でも入れる?

某元プロ野球の選手が早稲田の大学院受験。
学校にはそれぞれ受け入れる、
スタンスがあるのでしょうけれども、
別に大学院といっても、
法科大学院のような難関コースとは違うようですが、
それにしても早稲田さんは、
安易に学部やコースを量産し過ぎではないですか?
スポーツ選手や芸能人に甘すぎる。
真面目に勉学に励んでいる学生さんたちの声は
どうなんでしょうか。
いわゆる名があれば何でもありという、
安請け合いは学校の品性を汚します。
受験する人が汚すのではなくて、
受け入れ側の問題ですね。
在野精神のたくましい学校なので、
社会的な評価は抜群ですが、
何処かで歯止めをかけないと、
学校の付加価値にも影響してくるのではないでしょうか。
自ら育つ力 早稲田駅伝チーム復活への道/渡辺 康幸
¥1,575
Amazon.co.jp

早稲田はいかに人を育てるか 「5万人の個性」に火をつけろ (PHP新書)/白井 克彦
¥756
Amazon.co.jp

早稲田再生/關 昭太郎
¥1,890
Amazon.co.jp

早稲田文学1/川上 未映子
¥980
Amazon.co.jp






この際大物になろう。

銀座五丁目で働く社長のWeblog-090117_1811~01.jpg

近頃、経済界や政界、文壇、美術界などには、
真の大物はとんと見かけなくなりました。
オバマさんはおそらくブッシュさんと同レベル、
亡きアラファトさんはパレスチナ議長のかたわら、
私的財産を溜め込み顰蹙を買い、
日産のゴーンさんやソニーのストリンガーさんたちは、
多額の報酬を得るだけのお人形さんと化し、
難局を乗り切れる器にはありません。

例えば正社員制度を完全撤廃し、
サラリーマンをフリーエージェント化し、
個人を一つの事業体にする。
もちろん例外なく確定申告。
そうすれば、正社員、労組、派遣、アルバイトなどの
ワークシェアリング構想が浮き上がり、
議論できる体勢が整います。

麻生さんは機を逃したような気がしてなりません。
勉強不足もあるのでしょうが、
世界の流れやパワーバランスが読めない。

漢字は読めなくてもいいですから、
世の中の「感じ」は」読んでもらいたいです。

経済観念の薄い傾向のある私ではありますが、
みなさんあまりにも利己的なものに固執し、
後には進まないのには辟易するばかりです。

この際皆さん、
名乗りを上げてみんなで大物になりましょう。

しょぼい自分を大物に見せる技術/内藤 誼人
¥1,365
Amazon.co.jp

大物講座/中丸 謙一朗
¥1,575
Amazon.co.jp

ユダヤの訓え「大物」になる勉強法/加瀬 英明
¥1,470
Amazon.co.jp

人脈をつくり広げて起業する法―起業を成功させる「人脈」のつくり方と人の力の借り方・活かし方 (DO BOOKS)/大物 殿也
¥1,575
Amazon.co.jp


虎の尾を踏む危険

TOYOTAさんやSONYさん等、
海外での売上実績に頼ってきた企業は、
現地のリストラは一切しない方がいいとおもいますね。
円高差益などでも、社内の内部留保は潤沢なはず。
例えば、TOYOTAさんの内部留保は、
10兆円は軽く超えるというお話しですし、
リストラによる効果など知れたものです。
他の企業もこれまでの儲けはかなりあるはずで、
人材流出と未来への展望がないまま、
トカゲのしっぽ切りをやっても自らのクビを、
絞めることにはならないんでしょうか。
米国民主党政権下では、
手荒な事は慎むべきです。
ビジネスマンの踏んではいけない虎の尾10ヶ条 (創己塾BASIC)
¥1,260
Amazon.co.jp



知恵熱

昨日あたりから微熱が続いています。
ちょっと遅れた知恵熱?
うっかり仕事で人には会えず、
今日は有楽町界隈では自嘲気味。
軽い風邪とはいえ、お腹がときおり痛い。
明日は夕方から中学校の幼なじみと一献なので、
体調はいつもベストにといい聞かせてはいるのですが、
知恵熱だけはどうしようもないですね。^0^
知恵熱/池松 江美
¥1,365
Amazon.co.jp

いざという時カゼで泣かないために (知恵の本)/松岡 悟
¥1,260
Amazon.co.jp

太陽と賢くつきあう太陽生活入門―地球に優しく生きる知恵 (サイエンス・シリーズ)/谷 辰夫
¥1,680
Amazon.co.jp





スピーチライターによるオバマさんの演説。

200万人も集まった大統領就任式でしたが、

あなたは感動しましたか?

その演説の原稿は、

27才のスピーチライターさんが、

かかれたんだだそうです。

俗にいう広告のコピーライターとは違うようで、

いわゆる作家志向でなくては無理なようです。

確かに分かり易い単語、

計算された演出も見事。

残念なのは人生の深さを感じさせる言葉は、

なかったように思います。

責任、義務、我慢、忍耐、変化、希望、夢。

若い方が書いた原稿通りに、

経済回復などとても無理でしょう。

世界中で出回っている不良債権はいくらだと思いますか。

2000兆円の10倍、2京円だそうです。

2兆円などゴミみたいなものですね。

オバマさんの日本への締め付けは、

これから本格化します。

言葉に惑わされて自滅しないように

オバマさんには主張して生きましょう。


日本の優秀なスピーチライターを雇って。

アップル:スティーブ・ジョブズさんの休養

一度アップルを見限って、90年代に返り咲き。
その後iMAC、G3,G4,G5,OSX,iphone,intel採用と、
数々のラインナップを発案、
市場に投入し成功を収めたわけですが、
そろそろこのへんで、
後継者に道を譲る時期にきていると思いますね。
一時期ビル・ゲイツさんからの援助もありました。
私もかれこれMAC歴15年。
最初に購入したのは1993年あたりでしょうか。
当時パソコンでの広告づくりが、
当たり前の時代が来るとは、
イメージしにくかったですね。
私自身は予感はありましたが。
ジョブズさん、しばらくゆっくりと静養してください。
スティーブ・ジョブズの流儀/リーアンダー ケイニー
¥1,890
Amazon.co.jp

スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡/林 信行
¥2,625
Amazon.co.jp

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか/竹内 一正
¥1,600
Amazon.co.jp

アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)/林 信行
¥767
Amazon.co.jp

iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書)/大谷 和利
¥760
Amazon.co.jp




No I can not!

日本の場合どちらを指すでしょうか?

Yes you can!
Yes we can!

それとも、

No I can not!
No we can not!

あえて言うほどもなく、
もちろん後者のほうでしょう。

前者は一部のウォール街の、
サラ金もどきのヘッジファンドたちの、蛮行により、
世界に金融不安を派生させた責任は重いですが、
自分たちで自主的に解決するパワーがあります。

後者の場合はどうでしょう。
戦後これまで前者の国に依存し、そのおかげで、
経済成長を成し遂げましたが、
潤沢な個人資産があるのにもかかわらず、
内需を拡大できない状況。
外圧がなければ変革できない国民性なので、
とりあえず、
内なる外圧をプロデュースする必要があるのでしょうね。
生声CD付き [対訳] オバマ演説集/CNN English Express編
¥1,050
Amazon.co.jp

言葉はなぜ通じないのか (PHP新書―人間学アカデミー)/小浜 逸郎
¥735
Amazon.co.jp

「責任」はだれにあるのか (PHP新書)/小浜 逸郎
¥756
Amazon.co.jp

合衆国再生―大いなる希望を抱いて/バラク・オバマ
¥1,995
Amazon.co.jp

男はどこにいるのか/小浜 逸郎
¥2,625
Amazon.co.jp






住まいの環境と人間の成長

マンション不況とか、
倒産とか、
派遣村とか、
リストラとか、
金融不安とか混迷の世相をみていると、
住まいの大切さが分かります。
日本もグローバリズムの模倣をしてきたあたりから、
向こう三軒両隣り的な相互の信頼関係が、
薄くなってきているような気がします。
賃貸にしてもお年寄りの世帯数が、
どんどん増えているのに、
六十歳以上の人には貸さない大家さんが、
ほとんどなんだそうです。
そういう考え方は寂しいですよね。
若い女性の方でも、
単身時代のうちに持ち家を確保する傾向もあります。
頭金があれば、あとは家賃並みの支払いですから、
しっかりと計画性を持っていけば、将来、
だれと一緒になろうが住まいへの不安が、
なくなるからでしょうか。
結局死ぬときは一人なのですから、
欲しいときに買われた方がいいですね。
団体生命保険もつきますし、
ご家族がいらっしゃる場合は、
いざというときには負担がなくなります。
そういう私も、仕事上の関係で買ってしまいましたが、
今は半分住居、半分仕事場という状況。
普段は外回りで、家の外で案を練るときがほとんどです。
ずっと賃貸でもいいと思ったときがありましたが、
たしかに年齢がいくと不安になってきます。

時折、実家の誰もいないだだっ広い屋敷の中で、
小屋をたて、そこでのんびり仕事でもと思いますね。
いまの事業が軌道に乗ったらの話しですが。。。。。
日本人の住まい―生きる場のかたちとその変遷 (百の知恵双書)/宮本 常一
¥2,800
Amazon.co.jp

住まいの中の自然 パッシブデザインのすすめ/小玉 祐一郎
¥2,520
Amazon.co.jp

お医者さんが書いた住まいの本―元気になる木の家のつくり方住まい方/服部 芳樹
¥1,554
Amazon.co.jp

若者たちに「住まい」を!―格差社会の住宅問題 (岩波ブックレット)
¥504
Amazon.co.jp

建設業の明日を拓く〈3〉山と森と住まい―林野と共生する家づくり (your BOOKS) (your BOOKS)/椎野 潤
¥3,675
Amazon.co.jp

ちょっと昔の道具から見なおす住まい方/山口 昌伴
¥1,995
Amazon.co.jp

おきなわ住まいのカタチー住む人の“想い”をカタチにする建築のプロたち/おきなわ建築Web
¥1,575
Amazon.co.jp





誰も言わないオバマさんの世界戦略

大統領就任式では50億円ものお金を使い、
派手な演出が話題になってますが、
ダウ平均株価は大幅下落。
このあとに待ち構える恐怖のシナリオの可能性には,
マスコミは何故か口をつぐんでいます。
回復は絶望的な状況の中でも、
金融不安を起こした当事者たちには,
何のお咎めもなしに終わる可能性は高いですが、
軍事的なパワーを背景に,
米国債の買い付けを各国に強いることは,
目に見えて分かりますよね。
とりわけ、郵政民営化で自由になった,
300兆円の要求は必須でしょう。
もはや防波堤はありません。
まさに向こうにとっては打ち出の小槌。
麻生さんの二兆円など問題外。
小泉さんも罪作りなかたでした。
乗せられ私たちにも責任はないとは言えませんが。
小泉政権―非情の歳月 (文春文庫)/佐野 眞一
¥620
Amazon.co.jp

改革はなぜ進まないか―小泉政権批判論/栗原 猛
¥1,890
Amazon.co.jp

小泉政権 50の功罪 (永田町の暗闘)/鈴木 棟一
¥1,890
Amazon.co.jp


朋くんが心配。

先だって救急車で運ばれたそうです。
小室さんのことがまだ心のなかにあるのでしょう。
がんばれ朋くん。。。
華原朋美/あなたがいれば
¥1,100
 

華原朋美/nine cubes
¥3,059
 

華原朋美/あきらめましょう
¥1,050
 

華原朋美/10th Anniversary Celebration 華原朋美 C
¥3,990
 

華原朋美/ユーミンソング・ミュージカル「ガールフレンズ」
¥4,410
 

あなたのかけら/華原朋美
¥580
Amazon.co.jp


某TV局のブログ自作自演と捏造

既存マスコミの姿勢もここまできたか、

という感じですね。

この事に対する大きな問題があります。

それは、真摯なブロガーにたいする冒とくです。

クチコミの効果的浸透を狙って視聴率を稼ぎ、

広告減に対処しようとした事が根源にあるのでしょうが、

それが、逆にブログの威力を証明したことにもなります。

自作の番組のやらせブログはすぐに分かります。

ブログのプロからみれば、嘘か本当かばれてしまいます。

不自然な商品(番組)の表現。

不特定多数への演出方法。

自己主張感度が薄い。

TV局のやらせブログであると、

はじめから言えば良かったのではないでしょうか。

姑息性が潜在的にあるマス媒体はこれからの時代、

生きのびていくのは難しいのではないでしょうか。

お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks)/小屋 知幸
¥1,000
Amazon.co.jp




L.u.v Ya 5tyleのSatomiさんからいただきました。応援してくださいね。

script_ameba_item,http://stat.present.ameba.jp/blog/js/rs/a3FmOAdIyaWZ9tfASxI_DG.js?6Kqt6ICF55m76Yyy44GC44KK44GM44Go44GG:aHR0cDovL3N0YXQucHJlc2VudC5hbWViYS5qcC9pbWcvZGF0YS8wNzk3X05fTC5qcGc=

高見こころサンから頂きました。応援よろしく。

script_ameba_item,http://stat.present.ameba.jp/blog/js/rt/2S5y2TN7C46vbik_3jyzt5.js?5oSf6Kyd44Gu6Iqx5p2f:aHR0cDovL3N0YXQucHJlc2VudC5hbWViYS5qcC9pbWcvZGF0YS8wNjA1X0NfTC5qcGc=

だれも率先してやろうとしない「塊より始めよ」

先人さんの諺にはそれなりの真実が隠されています。
みなさんよくご存じの「塊より始めよ」という諺があります。
渡辺さんが離党して話題になってますが、
米国の政治の躍動感とは裏腹に、
日本ではこのていたらく。なんとも寂しい限りですね。
ワークシェアリングの件では、
企業の役員の高額報酬の開示がなされないまま、
連合と日経連の綱引きでうやむやになる公算が大。
近視眼的な発想が自滅の道を辿る典型的なシナリオですね。
ところが、土光敏雄氏のような骨のある経営者が現れない。
総論賛成、各論反対。
聞こえはいいですが、建前は分かるけれども、
いざ自分のことになったら保身に回るということで、
私たち一人ひとりも同じなんじゃないでしょうか。
つまり、景気が良くなって欲しいけど、
せっせと財布のひもを締め、無駄使いや、
浪費を押さえ、タンス貯金に精をだし、
さぁ、景気が良くなれ!といっても、
どだい無理な話です。
内需拡大の総論は認めるけれども、お金は使いたくない。

公益法人、
財団法人、
宗教法人、
独立行政法人、
商工会議所、
公務員、
これらの既得権益にもメスを入れ、
大きな視野でワークシェアリングを、
考えていかないと、
日本は沈没してしまいますね。。。
公益法人制度改革―そのポイントと移行手続
¥3,150
Amazon.co.jp

図解 新公益法人の設立・運営・移行のしかた/城塚 健之
¥2,940
Amazon.co.jp

談合破り!―役人支配と決別、命がけの攻防記/桑原 耕司
¥1,470
Amazon.co.jp

不滅の「役人天国」 Undying Official’s Paradise All Over Japan (ペーパーバックス)/斐昭
¥1,000
Amazon.co.jp

江戸の町役人 (歴史文化セレクション)/吉原 健一郎
¥1,785
Amazon.co.jp

ある首斬り役人の日記 (白水Uブックス)/フランツ・シュミット
¥998
Amazon.co.jp

エンターテインメント産業のリストラの嵐

ここまで不況風が吹くと、
自分の業界だけは大丈夫、
というのはあり得ません。

とくにTV局の売上が落ちています。
広告主は、ランニングコストと広告の効果を、
綿密に評価し始めています。
つまり、
投資した分の効果がないとお金は払わない。
TV局は長寿番組での高ギャラ出演者は、
簡単には切れないようで、
それならばと、番組自体を辞めてしまう。
誰でも考える事でしょうが、
芸能プロダクションさんにとっては、一大事でしょう。
脱税もしたくはなります。
CMだけで生活できる時代は終わり、
本当の意味での芸人として磨かなければ、
やっていけない時代です。
簡単に作れて安上がりのクイズ番組や、
一分しか持たないポッとでのお笑い芸人さんたち。
今後の行く末が気になります。
テレビの嘘を見破る (新潮新書)/今野 勉
¥735
Amazon.co.jp

お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks)/小屋 知幸
¥1,000
Amazon.co.jp

中世ヨーロッパ 放浪芸人の文化史―しいたげられし楽師たち/マルギット バッハフィッシャー
¥4,830
Amazon.co.jp

日本占領下・インドネシア旅芸人の記録/猪俣 良樹
¥2,100
Amazon.co.jp


エロ爺さんたちへの諫言。

この国難の最中にエロ爺さんが、
永田村で自由気ままに美人妻と闊歩。
なにやら、昭和11年代の226事件前の軍部の不祥事の
様相とダブりますよね。
阿部貞さんも純愛を貫いた年でもありました。
ここまでくると、憂国というまえに、
国の滅亡イメージが取り憑いてきます。
それでも国民やマスコミが、
だんまりを決め込んでいる異様な世相。
戦前の雲行きと同じようになってくる不安もありますよね。
若い方たちに改革する力がなかったら、
いっそのこと、ゲバラさんやカストロさんに、
国会の業務委託をお願いし、
エロ役人の爺様たちの根性を、
一から鍛え直してもらった方がいいですよね。
エロ事師たち (新潮文庫)/野坂 昭如
¥460
Amazon.co.jp

エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること (NT2X)/安田 理央
¥1,575
Amazon.co.jp

不倫のルール―一生懸命な恋は女を美しくする/家田 荘子
¥1,365
Amazon.co.jp

不倫の惑星/パメラ・ドラッカーマン
¥1,680
Amazon.co.jp

不倫に溺れた芸能人 (ミッシィコミックス)
¥400
Amazon.co.jp

略奪愛のルール―彼の「いちばん大切な人」になるために/家田 荘子
¥1,365
Amazon.co.jp

なぜ、この人でなければならないのか?/亀山 早苗
¥1,470
Amazon.co.jp

あきらめきれない彼を手に入れる恋愛の極意―2人の関係に奇跡が起きる!/ぐっどうぃる博士
¥1,365
Amazon.co.jp




イスラエルの蛮行

イスラエル首相の汚職追訴逃れのガザ地区攻撃?
ブッシュさんがいる間に何をしようとしているのでしょうか?

かのヒトラー氏の行ったことと同じですね。
第一次大戦後、戦勝国はベルサイユ条約で、
天文学的な賠償額をドイツに請求。
私の主観と想像ですが、
ユダヤの人たちはドイツ国内で暴利を重ね、
裕福な生活を享受します。
ドイツは疲弊の一途を歩み、
ヒトラー氏はそんななか、画家の夢を捨て、
地球そのものをキャンバスにし、
思い通りになる夢を描いていたようです。
当時国内の失業率70%の国民の怒りもあって、
そんななか、ヒトラー氏の、
第三帝国の野望が生まれたわけです。
窮鼠猫を噛むということわざ通り、
逃げ場を失えば事の善悪や常識は、
関係なくなるものです。

全世界から非難されている、
イスラエルのホロコーストは、
いつまで続くのでしょうか。
既に犠牲者は1000人を超え、
5000人以上の負傷者と聞いています。
国家消滅の道を歩むのでしょうか。
2012年の黙示録―ついに解読された終末予言/なわ ふみひと
¥1,575
Amazon.co.jp

黙示録論 (ちくま学芸文庫)/D・H ロレンス
¥1,260
Amazon.co.jp

ミステリーサークル黙示録 (講座 超常現象を科学する)/ジョン マックニッシュ
¥1,470
Amazon.co.jp

解読「地獄の黙示録」 (文春文庫)/立花 隆
¥510
Amazon.co.jp





能ある鷹は爪を隠しましょう。

私にはこれといった能力はないので、
タイトルの諺には到底当てはまりません。
たしかに能が無くても爪があるように偽装できます。
お金が全く無くても裕福に見られるときもあります。
小物の真似をしていても大物にみられるときもあります。
女性にモテないように扮装しても、
フーテンのくらさん風情で追いかけられたこともあります。
苦労をガンガンしたのに、
世間知らずの毛並みのいいセレブにみられてしまう。
結構損な役なんでしょうかね。
一生懸命にもがいてしまうほど笑いになってしまい、
純情無垢な江戸時代のかんざし職人の、
「逢わずに愛して」「東京砂漠」、
無償の愛を貫く長屋の住人とよく言われてます。
セレブであっても、
そういう顔をしないほうが身を守れます。
たとえお金があっても
そういう風に見せないことが身を守れる。
リストラなどで生活に困るかたが、
これからどんどん増えてくる時代。
学校でも職場でも街角でも、
恨みツラミ妬みは限りがありません。
能ある人はなるべく自分を、
隠すようにしていきましょう。
希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)/山田 昌弘
¥714
Amazon.co.jp

格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢/中野 雅至
¥798
Amazon.co.jp

超・格差社会アメリカの真実/小林 由美
¥1,785
Amazon.co.jp

女女格差/橘木 俊詔
¥1,890
Amazon.co.jp

格差と希望―誰が損をしているか?/大竹 文雄
¥1,890
Amazon.co.jp

世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す/ジョセフ・E. スティグリッツ
¥1,890
Amazon.co.jp

教育格差絶望社会 (洋泉社ペーパーブックス)/福地 誠
¥1,000
Amazon.co.jp

ハリウッドの懲りない面々―セレブたちの仰天私生活 (講談社プラスアルファ文庫)/マックス桐島
¥880
Amazon.co.jp

セレブの常識・非ジョーシキ (KAWADE夢文庫) (KAWADE夢文庫)
¥540
Amazon.co.jp





雑感:歴代政治家スピーチの共通点。

オバマさんがもうすぐ、
黒人初の米国大統領となりますが、
その演説が英会話の教材として売れているようです。
・誰でも分かりやすい丁寧な単語、
・厳選された少ないボキャブラリー、
・計算された声の抑揚、
・その気にさせるパフォーマンス・・・。
エコ経済の取り組みで雇用を創出、
国民と痛みを分かち合う、
等、就任前の期待感はあるのでしょう。
上記の共通する気になる歴史上の人物は、
ナチスのヒトラー、
J・F・ケネディ、
ジョージ・ブッシュ、
小泉元首相

オバマ氏や小泉さんに至っては、
広告会社も絡みながら、
効果的な演出が成功しているように、
かのヒトラー氏も国民の前に、
巧みに演出したようです。
ケネディ氏とオバマ氏は、
何となく似ているような気がします。

麻生さんは・・・・・・・・・・・・、
残念ですけれども、
お話しになりません。。。
生声CD付き [対訳] オバマ演説集/CNN English Express編
¥1,050
Amazon.co.jp

ヒトラーのテーブル・トーク1941‐1944〈上〉/アドルフ ヒトラー
¥2,345
Amazon.co.jp

名演説で学ぶアメリカの歴史/上岡 伸雄
¥2,625
Amazon.co.jp

話し方入門 新装版/D. カーネギー
¥1,575
Amazon.co.jp

カリスマスピーチ30秒―このひと言があなたを変える/高山 精雄
¥1,365
Amazon.co.jp

アメリカの黒人演説集―キング・マルコムX・モリスン他 (岩波文庫)
¥945
Amazon.co.jp

大統領の英語 (講談社学術文庫)/松尾 弌之
¥1,260
Amazon.co.jp

オバマ勝利の演説/ジェームス・M・バーダマン(解説)
¥1,260
Amazon.co.jp

思想は武器に勝る―フィデル・カストロ自選最新演説集 2003~2006年/フィデル カストロ・ルス
¥2,940
Amazon.co.jp

ヒトラー・コード/エーベル.H
¥3,465
Amazon.co.jp

ヒトラーとユダヤ人 (講談社現代新書)/大沢 武男
¥777
Amazon.co.jp

ヒトラーを支持したドイツ国民/ロバート・ジェラテリー
¥5,460
Amazon.co.jp










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。