Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2009年09月の記事

今日は業務の宛名書きデーです。

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-SA3D0178.jpg

EUにとっては25%削減はビジネスチャンス。

排出権取引。

景気が長年低迷しているEUでは、

鳩山さんの25削減案は渡りに舟、鴨が葱を背負ってきた

という感じではないでしょうか。

地球温暖化の解決にはほど遠い、

排出権取引ビジネスの行方は・・・・・。


温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー)
¥980
Amazon.co.jp
排出権取引は地球を救えない! (光文社ペーパーバックス)/藤井耕一郎
¥1,000
Amazon.co.jp

絵でみる 排出権ビジネスのしくみ (絵でみるシリーズ)/三菱UFJ信託銀行
¥1,680
Amazon.co.jp

「温暖化」がカネになる/北村 慶
¥1,365
Amazon.co.jp

資源クライシス だれがその持続可能性を維持するのか?/加藤 尚武
¥1,680
Amazon.co.jp
エコロジーという洗脳 地球温暖化サギ・エコ利権を暴く[12の真論]/副島 隆彦
¥1,785
Amazon.co.jp

前原国土交通大臣の試金石


就任当初では期待されていたのですが、

八ッ場ダム関連で初っぱなからつまづいているようです。

公約マニフェストという脚本通りに世の中を動かすというのは、

簡単ではないと考えます。

住民の納得する形をまず差し出しながら、

腹を割って話し合う、膝を交えた住民との交渉が必要。

八ッ場ダムに限らず、他のダム周辺でも、

「国民の生活が第一」

という政策基本があるのですから、

辛抱強くやるべきですね。

前原さんに果たしてそれが出来るかどうか。

予想ですが、おそらくこのままいけば中止は難しくなるでしょう。

話し合いのテーブルにつくための

お膳立てをする気配が感じられない。

お互いに紋きり型の話し合いでは到底うまくいくはずはなく、

現地の方々は生活がかかっていますから、

なおさらのこと。端からみて、

代理人と称しての交渉人か仲裁役を

買って出る人はいるのかも注目しています。

(中止反対、中止推進のどちらもPRキャンペーンは可能ですが、)

心情的には中止反対に同情される方が

少なくないのではないでしょうか。

仮に、中止したとしても、その費用は莫大なものになり、

子供手当どころではなくなり、

高速道路無料化も絵に描いた餅になり、

JALも国営にしなければならなくなり、

マニフェストも幻の脚本とならないとも限りません。

脱官僚も大事ですが、

彼らとの軋轢を増すことは得策ではなく、

もっと本質的なところで解決策を見いだすほうが、

良き日本の未来のためには良いのではないでしょうか。

天下り公益法人4700団体への交付金の見直し、

官僚が自由に使える特別会計

300兆円から400兆円の使いみちの精査、

電波法改正による周波数オークションでの増収など、

財源はいくらでもあるはず。

個人金融資産1400兆円、

国有資産800兆円から1000兆円の

黄金の国ジパングなのですから、

発想をもっと柔軟にして事に当たった方が

よろしいのではないでしょうか。。。


寝起きスッピン顔


銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog


銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog


毎日ちょっと寝不足でしょうか。

最近、曜日と時間の感覚がなくなってきたような。

琉球フェスティバル2009

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-SA3D0177.jpg

20日の日曜日は招待客として伯父さんと。

ガレッジセールのゴリさんがお客さんに呑まされながらも、

かなり盛り上がってましたね。

いま人気の勢いある 「かりゆし58」目当てにくる若い方も多く、

楽しいひとときでした。

泡盛を大会本部でいただき千鳥足で帰宅。

某ネット新聞コラム一部抜粋

●戦略PRからみた各政党の巧拙

総選挙における公共政策キャンペーンもPR会社が真骨頂を発揮する分野です。
戦略PRは基本的に2つのカテゴリーがあります。
ひとつは、一般企業のブランド戦略、販売実績向上戦略。
もうひとつは、公共政策戦略。
例えば、民主党が郵政民営化選挙では惨敗、その前の総選挙では大幅増。
実はこの総選挙では米国の大手PR会社と契約。
郵政民営化選挙では、米国の要請もあり、民主党の勝利には消極的だったことがわかります。
「改革を止めるな!」(小泉自民党)
「日本をあきらめない!」(民主党:意味不明・・・。)
民主党はこの惨敗でPR会社と契約を打ち切り。
一時話題になりましたが、日本はPRにおいては未開拓に近いのです。
大手広告会社をはじめとしたビジネスモデルが広告主から敬遠させられ、
価格破壊寸前
戦略PRによりオバマ氏が勝利したように、物事には裏表があります。
戦略PRでは期待と実績と裏読みがものを言うのです。


●オバマさんの起死回生策とは

 オバマ大統領が窮地に立たされています。
 国民皆保険制度の実施はどうなるのでしょうか。残念ながら期待はずれになるかもしれません。反対意見が凄すぎるからです。今後支持率は急速に落ち込んでいくでしょう。
 しかし、危ぶまれる支持率急降下を回避する手立てはあります。
 911テロの疑惑や真実の究明を米国議会でやれば、第二のウォーターゲート事件ともなり得ます。
 いまさら申すまでもなく、911でのWTCの不自然な崩壊(解体爆破?)、オーナーが何週間以前に多額の保険金をかけ、崩壊後9000億円もの保険金を得ていること、関係のない遠くのビルまで崩壊し、そこも多額の保険金がかけられ、保険金を得ていたこと、事件当時はユダヤ系の金融機関の社員はすでにいなかったこと・・・これではどう見ても疑惑の追求は避けられない。
 ブッシュ政権の暗部の解明はいかに。


●もし私が芥川賞選評委員だったら

 芥川賞選評全集というものがあります。
 第一回目から今日までの流れのなかで、歴代の選評作家の徹底した歯に衣をきせぬ作品評価と作者の心情診断のぶつかりあいで、芥川賞の是非を決めるというもので、小説を読むより実に面白い。
 選評委員の作家としての世界観や日頃の感じ方にも触れることができます。
 川端康成や石川淳や三島由紀夫らの選評は結構長く、一種の短編かと思うくらいです
 該当作ナシが何回も続いた時期もあり、このところの賞の増産には辟易感があります。最近では選評委員がなにをいいたいのかよくわからないことが多く、なにがなんでもなんでもいいから受賞作を出して出版界の隆盛に寄与しようという気持ちが現れているような気がしてなりません。
 たとえば、「この作品は終の住処というタイトルだが、受賞作にふさわしいという作品にはほど遠いものがある。非日常性を連続性のない無気力感で覆っており、新鮮味のある感性と将来性が感じられない。こういう素人志向の作文を受賞させようとする予選審査の諸君にも問題がないとは言えない。サラリーマンをしながらの作品らしいが、思いっきり飛び出してからの作風を磨いていけば芽がでてくる可能性もあるかもしれず、私は推すつもりはないが反対もしないつもりである」などと、もし私が選評委員ならはっきりとそう書くところです。


●2つの9年連続の偉業【メジャーリーグ野球】

マリナーズのイチロー選手が9年連続の200安打記録。100年ぶりに記録を塗り替えようとしています。
カージナルスのプホルス選手が9年連続3割30本100打点の記録。こちらは今季すでに3割3分47本124打点なのでクリアするでしょう。ルー・ゲーリックと並ぶタイ記録。(ベーブ・ルースは8年連続)
この二選手はメジャーデビューも一緒で、米国内では比較されて、評価が分かれるようですが、おおむね、9年連続3割30本100打点の記録の方に高い評価があるようです。
安打には内野安打も含み、イチロー選手は大半が内野安打で、ファンには少し物足りない印象で、豪快な長打でのパフォーマンスを期待しているのがわかります。
日本ではイチロー選手のみが、クローズアップされているみたいですが、もう一つの偉業達成があることも知りながら、佳境のメジャーリーグを楽しみましょう。


●マドンナの人気の秘密

 個人的にはデビュー以来のファンではありますが、今回の「スティッキー&スウィート」ツアーで、ソロとして過去最高の全85公演350万人、四億ドル(約400億円)以上の興行収入を樹立しました。
 2006年での「コンフェンションズ」ツアーでは、日本を含む全60公演120万人約二億ドルでしたので、今度の不況の嵐には関係ない活躍ぶりです。

 マドンナの人気の秘密は一口には語れません。
 大がかりなステージの作り、考え抜かれた演出方法、総勢何百人にも上るスタッフ、いつもファンを大切にする目線、ツアーでの来場者との一体感。
 そして何よりも、彼女のクリエイターとしての飽くなき探求心、人間愛、自己実現志向、荒野の開拓心、人を元気づけるオーラ・・・・。
 作詞・作曲、ギター演奏、ソロヴォーカル、ダンス・・・。
 今後100年は出現しない逸材とみました。


●電波オークションでTV局が沈黙している理由。

 政権が交代してからも大手マスコミは、財源論に固執しているようです。
 TV局の株は新聞社、電通、マスコミ各社が持っており、電波利用料の支払いが相場の何十分の一という既得権があり、それらが有権者に知られるのを警戒しているからです。

 米国では15年も前に電波オークション制度を導入しており、落札総額は10年で5兆円弱。オークションの収入も5000億円近くにもなりました。
 英国やドイツでも5兆円の落札総額であることから、日本でも同じくらいの落札総額となるでしょう。

 この財源と天下り法人4700社、30000人弱の職員、年間13兆円もの怪しい交付金を徹して洗い直せば、効力のある財源ともなりえます。
 特別会計180兆円の見直しなくして来週度の予算案は組めなくなるでしょう。


●新司法試験制度への疑問。

 当初は合格率は50%ほどだったのですが、今回は27%・2000人余り。
 70%・3000人の目標も遠のくばかり。3回までの制限も問題ですね。
 600人近くの方が受験資格を無くしたわけですが、法科大学院でがんばっても、無駄になる理不尽さに業を煮やしている方もさぞかし多いことでしょう。それなら旧司法試験とたいして、変わらない事になりますし、法科大学院の存在そのものへの再認識も必要になってくるでしょう。

 何のための新司法試験、法科大学院なのか?
 合格者年3000人計画は果たして先見の明があったのか?
 理念や計画をころころ変えるのはなぜなのか?
 新司法試験では口頭試問はなくペーパーのみなのも問題です。

 猫も杓子も法科大学院。国公私立合わせて74校もありますが、私立では授業料200万円、大学院にいってもさらにそのための塾もあり、相当な投資額です。それだけの投資をしたわけですから受験回数制限は無くした方がいいのではないでしょうか。

 新司法試験制度はこの際見直した方が良いと考えます。
 たとえ、法科大学院にいかなくても、2011年以降は「司法試験予備試験」に受かれば、新司法試験の受験資格が得られます。
 大変でしょうが、やる気のあるかたにはおすすめです。


●感動の献血運搬車「大鵬号」70台

 元横綱大鵬関が1969年の現役時代から40年間続けてきた70台にものぼる寄贈。
 これで助かった方はさぞかし多いことでしょう。なかなか出来ることではありませんね。
 「巨人・大鵬・玉子焼き」というキャッチフレーズのとおり現役時代は、大鵬が土俵にでるだけで老若男女はみとれていたものです。優勝回数32回は未だに伝説となっています。地方巡業のときは握手までしてくれる親しみやすさがありました。引退後は一時期病気に見まわれましたが、リハビリで回復。
 まさしく角界の顔。プライベートな面でも尊敬できる大横綱です。
 現役のお相撲さんたちも、いろいろとスキャンダルに巻き込まれていますが、凛としたプロとしての自覚をもって公私ともに尊敬される人になってもらいたいです。


●渦巻く広告不信と企業の起死回生策。

 先日の某新聞で、「止まらぬ広告不況」という見出しで記事が載っていましたが、マス媒体が今頃になっていうのもおかしな話です。
 実態のないつくられた好景気?が昨年まで続いており、マスコミも迎合して(あるいは世論操作?)、好景気だ好景気だと大合唱。09年度ではもう約1兆円もの広告の落ち込みがあり、10年度はさらに広告費が減少する事が予想されます。
 新聞では、いつもの事ながら、10年度から増えると棒グラフを作ってますが、予測がだいぶ甘いですね。
 私の予測では、07年度は7兆円、08年度は6.7兆円、09年度は5.7兆円、10年度は5兆円割れ。いまの経済情勢をみても、かなり現実味を帯びてきました。
 それに企業の広告効果に対する不信感の増大があります。
 広告費を1000億円も削ったトヨタさんをはじめ、何百億円単位でのコストカットの波はここ数年、あるいはずっと続くとみています。ぬるま湯につかっていた広告代理店業界にもとうとう氷河期がきたという感じです。

 今後予想されることは、

1)企業の広報担当は経営的な視点で広告効果を重視する。
 いわゆる販促での成功報酬化が進むでしょう。

2)マス媒体ではもはや、賢い消費者、猜疑心のある消費者、目の肥えた消費者には相手にされなくなった。
 マス媒体からミドルコミュニケーションでの企業広報戦略が不可欠。

3)上から目線での販売促進では限界。
 消費者目線での販促・広報活動が、企業の実績に直結するようになります。
 つまり、口コミ、ブログ・SNSでのPR戦略を重視せざるを得なくなります。

4)一過性の販促からリピーター重視へ。
 消費者が物を買ってしまえば、ハイそれまで、という意識が企業即にはありましたが、(これまで会員制度なるものもありましたが、消費者は無関心)リピーターの囲い込みは企業業績の安定にもつながりますし、ファンを大切にする企業のイメージアップにもつながります。
 とくに影響力のあるブロガーの存在をおろそかにはしないこと。

5)インターネット広告は今後TVと同じくらいの取り扱い高になりますが、企業HPと企業ブログのコンサルティングも必要不可欠となるでしょう。また、Webサイトを客観的評価する機関や団体もそれを後押しする形になることが予想されます。

6)広告よりも、戦略PRでの効果が、企業の業績に貢献する度合いが増してくるでしょう。


戦略PRからみた各政党の巧拙。

総選挙における公共政策キャンペーンも

PR会社が真骨頂を発揮する分野です。

戦略PRは基本的に2つのカテゴリーがあります。


ひとつは、一般企業のブランド戦略、販売実績向上戦略。


もうひとつは、公共政策戦略。


例えば、民主党が郵政民営化選挙では惨敗、

その前の総選挙では大幅増。

実はこの総選挙では米国の大手PR会社と契約。

郵政民営化選挙では、米国の要請もあり、

民主党の勝利には消極的だったことがわかります。

「改革を止めるな!」(小泉自民党)

「日本をあきらめない!」(民主党:意味不明・・・。)

民主党はこの惨敗でPR会社と契約を打ち切り。

一時話題になりましたが、

日本はPRにおいては未開拓に近いのです。

大手広告会社をはじめとしたビジネスモデルが

広告主から敬遠させられ、価格破壊寸前。

戦略PRによりオバマ氏が勝利したように、

物事には裏表があります。

戦略PRでは期待と実績と裏読みがものを言うのです。


銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog


銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog

何事も楽観的に。

日本人は繊細さと自己陶酔が顕著ゆえに、自虐的悲観的な志向に走りやすいのが特徴で、ひとつのイメージが固まったら同一方向に向かいやすいところがあります。いまのひとつの固まったイメージ、それは、「未来を描けない悲観論」。つづく。

Political party diagnosis seen from PR strategy

<Opera 海外向け SNSサイト>

http://my.opera.com/kurachan/blog/

 (海外向け英文+国内)

※英文はすべて自動翻訳です。)



There is a difference of the PR strategy of the political party in this general election.

It was verified there was a possibility of what influence.



- The Liberal-Democratic Party



Koizumi administration is followed with Komeito.

Three second generations (Mr. Aso is Shigeru Yoshida's grandchild) it is these years how many.

Though it has been getting over by the Prime Minister

Peculiar selfishness to heredity was flagrant.

Mr./Ms. Abe and Mr./Ms. Fukuda suddenly abandon the duty, and : in Mr. Aso.

The label of the leader image that was not able to read the age was pasted.

It was fatal to have delayed electing ahead.

There is a considerable blurring in the decision power and the ability to get things done, and is a remote feeling with the people.

Politics [kamouichido] for what was evaluated that it was necessary to try to watch.

A negative campaign

Though it seeming is a large sum of advertising [da**] and the mass communication be special procurements

It was an impression to which the more it did, the more the vote parted.

PR strategy is too conservative and there is no novelty.

The sympathy level seemed to be low.

[Na] for a certain period of time at the time of involve major mass communication

In the technique of underdog operation (underdog operation),

Is it yes as for the effect though the requake was attempted?

Expression considerably pulled in press advertising on the 30th.

It is an impression that party leader's face is not produced, and the appeal power is lacked.



- Evaluation: C



__________________________



- The Democratic Party



Though it is a political party where the right, the left, and one via media exist together under the roof

Uneasiness that this recession, political distrust, lives uneasy, and is diplomatic

A constant scandal of the politics officialdom

Expectations to the change of power are proliferated, and the power doesn't stop.

It differs from PR strategy of the Liberal-Democratic Party, and here reads the air in the age.

Let's realize the voter's neither demand nor expectation.

The impression that built the barrier was received.

The criticism of the prosecution to the action by the political donation is also large.

A distorted investigation body pose of blaming caring none and democratic : the Liberal-Democratic Party.

The distrust to politics and the bureaucrat is felt increasing fast.

The voter who recites the title of change of power must been increasing day by day.

It thinks. PR strategy is an image of excellent apart from election returns.

As for the press advertising on the 30th, I felt the appeal power and sympathy strong.



- Evaluation: A



__________________________



- Komeito



It orders it for years even though a religious political party as an attachment to the government party.

The support base is an impression only of the academic society member.

The party parting seems to have accelerated though it is an influential political party, too.

[Da**haka] to the mass communication cannot also spurn many, so-called the feeling of the restraint post,

You should make the press advertising on the 30th all steps.



- Evaluation: C


__________________________



- Happy achievement party



The science company of happiness : in a cultural meaning.

Though a certain constant evaluation exists

The mystery and uneasiness : by the unknown number for politics.

There is an image to shadow.

The idea of Mr./Ms. Okawa itself : the insistence of the party.

It says how to become it if becoming the government party though it is thought that it is.

Voter's uneasiness is done by being a lot there.

A missile and a belligerent image come previously.

The life feeling is not solicited.

The press advertising on the 30th is [wakarizurai] impression.



- Evaluation: C




__________________________



- Social Democratic Party



Party leader's Mr. Fukushima is a celebrity.

It is heard that there are a lot of voters who surely have begrudging in the deposit 100 million yen, too.

Though it to seem to have been a lawyer coming from, and my saying a personal thing feels intimidated

In feeling that the speech always means the same thing,

There is air for the successful person rather than the weak.

The image is scared.

Temporarily though it is a political party that has taken the political power

Sense of existence..considerably..thin.



- Evaluation: C



__________________________



- Communist party

Though there is a feeling of a relief for the weak special party without relation to the political donation and the corporate donation

All relying on donations by individual citizens : in the feature.

The political party that moves the world doesn't image it.


- Evaluation: C


もはやサクラは通用しない時代

執筆中。タイトルアップのみ続いています。ご容赦を。他のサイトにも使うので、とりあえず控えとして。

交渉と納得と共生の時代

執筆中。

自社HP自前時代

執筆中

SEO対策費見直し論議

執筆中。

もはや広告だけでは物が売れない時代

執筆中。

今日は終日現地です。

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-090919_0948~02.jpg

今日からシルバーウィーク?

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-090919_0750~02.jpg
公務員、サラリーマンの方たちはお給料日前の一週間お休み。さぞかし行楽費用の捻出で大変と思いますが、年中無休24時間公私混同心頭滅却風林火山大義名分滅私奉公輪廻転生生活の私には、何とかウィークなるものにはとんと縁がございません。(泣)素敵な連休をお過ごしくださいませ。

■SNSサービス会社を診断する。<診断シリーズNo.3>

■MIXI



■Opera



■Google



■My Space


■VOX


■ココロプラネット(突如閉鎖済み)


執筆中!

押し寄せる広告の価格破壊

Googleのビジネスモデルの台頭から始まった、

価格破壊。

こと日本の広告業界では、

いまだコミッション制や労働対価を元にした、

フィー制度が基本になっており、

不況でも、成功報酬型に移行しつつある米国の事情は、

対岸の火事のような感じです。

事務所をたたむ制作会社は後を絶たず、

広告会社も台所は火の車のはずで、

一触即発の状況。

米国での出来事はかならず、

三年後にはやってきます。

特殊な事情があるとはいえ、

今度ばかりは腹をくくって踏ん張るしかないでしょう。

大変な時代になりましたが、

価格破壊の時代でもそれに合わせた戦略が大事。



ブランドは広告でつくれない 広告vsPR/アル・ライズ

¥1,890
Amazon.co.jp


脱広告・超PR―広告を信じなくなった消費者を動かす「連鎖型」IMC/山田 まさる
¥1,680
Amazon.co.jp

好かれる方法 戦略的PRの発想 (新潮新書)/矢島 尚
¥714
Amazon.co.jp

全部無料(タダ)で宣伝してもらう、対マスコミPR術/玉木 剛
¥1,575
Amazon.co.jp
ブログスフィア アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち/ロバート・スコーブル
¥1,680
Amazon.co.jp

企業ブログ戦略―利益を生み出す双方向コミュニケーションの実践/ジェレミー・ライト
¥2,310
Amazon.co.jp

実践 ブログ・リサーチ―デジタル・アカシックレコードの探索/佐々木 宏
¥1,890
Amazon.co.jp

ブログ・オン・マーケティング 成功企業に学ぶブログ活用の極意
¥1,575
Amazon.co.jp


今日も交流会

商工会議所主催。


銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-SA3D0599.jpg

鳩山政権の財源捻出私案

増税はナシ。
手当ては拡大。
さて財源は?


想定される財源私案。


●独立行政法人をはじめとする特殊法人4700の団体への交付金を全面的に停止または精査をし、

10~12兆円を回収する。


●現在放送業界に割り当てている電波を、オークション制にし、4兆円を捻出する。日本以外ではそうしています。年間5000億円が国庫に入ります。


●時代に合わせた官僚、すべての公務員の待遇を精査する。人事院の権限を国家戦略局に移譲する。


●宗教法人への優遇税制を廃止する。銀行の税金免除を停止する。


●思い切った1000兆円規模の内需拡大策をとる。


●国家的な戦略PR=日本のアピールを積極的に行う。


●一人100万円の景気刺激策金を配布。


とりあえず。。。


火天の城を観て。

16世紀の中頃、

遣欧使節団が安土城を描いた屏風をバチカンに持って行き、

その後行方不明になっているようです。

見つかったらまさに国宝どころか、

世界遺産。。。

いまでもその模写は存在していないようで、

参考になるのはフロイスの手記くらいのもの。

どんな光景だったんでしょうね。

築後三年で焼失。秀吉とか誰とかその原因は憶測の域を出ず。

故に想像力のほうは大きくなり、証拠になるものがない以上、

それが既成事実化となるしかないようです。

築城の労力は、

総勢100万人とも映画の中では言ってますが、

当時の技術の粋を集めたお城だったのかもしれません。

時代考証も良いですが、それを超えた、

浪漫が映画の良いところかも知れません。

戦国時代だからこそできた幻の名城。

時空に乗ってクレヨンしんちゃんみたいに

安土城見に行きたいですね。


復元安土城 (講談社学術文庫)/内藤 昌
¥1,260
Amazon.co.jp

信長とまぼろしの安土城/国松 俊英
¥1,575
Amazon.co.jp

安土城・信長の夢―安土城発掘調査の成果
¥1,890
Amazon.co.jp

天下布武の城・安土城 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)/木戸 雅寿
¥1,575
Amazon.co.jp

完訳フロイス日本史〈3〉安土城と本能寺の変―織田信長篇(3) (中公文庫)/ルイス フロイス
¥1,200
Amazon.co.jp

火天の城 (文春文庫)/山本 兼一
¥620
Amazon.co.jp

保釈ラッシュ。真相は闇?

検察は芸人に対して余りにも甘すぎる。自分達の人事移動のほうが大事?

今日は地元の社長会セミナー。

いわゆる勉強会。

某会社社長の一室で集まります。


公式HP第二弾を構築中!

生じていましたので詳細は後日お知らせいたします。


銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-SA3D0630.jpg

目下公式HPはOCNのサーバーを使用。

新たに大塚商会のαメールプレミアにバージョンアップ。

二つの公式HPが誕生。

ブログコンサルティング、

戦略PRに特化したサイトにします。

やりながら試行錯誤、未知との遭遇もあり得ますね。

どうなりますか。。。

ブログサービス会社のみですと、

メンテナンス等で不都合が生じていましたので、

複数同時進行のHPとブログも必要かと。


今日は電通さんに。

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-090916_1136~01.jpg


旧友のKさんと談笑。かれこれ15年来のお付き合い。いつ来ても眺めの良いビルですね。経済は視界不良ですが。

鳩山戦略に手こずる各新聞

以前でしたら番記者らの現場発信から閣僚名簿はある程度漏れていたわけですが、今回では鳩山さんの徹底した箝口令が敷かれ情報漏れがあったら変更する姿勢から、ブレない政治の一端が伺えます。戦略学の専門家だけにマスコミにとってはかなり手ごわい?

FRB議長の発言には要注意。

ガイトナー財務長官も同類。

グリーンスパンさんの二の舞は不可避ということです。。。

第二のサブプライム問題がヒタヒタト。。。


つづく。



銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog

情報に翻弄されているマスコミ各社

新政権が誕生するというのに、

マスコミ各社の情報の乱れや憶測記事が目立ちますね。

いまだに旧政権での甘い汁を懐かしむマスコミ業界。
といっても今後なにがあっても4年間は解散はあり得ない。

閣僚の人事の件では、これまで記者クラブ同士の談合や

族議員からのガセネタ?で、スクープもどきの情報を

有利に流せてきただけに、

民主党の記者クラブ撤廃によるぶら下がり記事に

頼るしかなくなった状況も影響しているからかもしれません。

とにかく情報が流れない。小沢さん、鳩山さんの戦略が

マスコミ各社より勝っている背景には、

おそらく全ての官僚機構へのリベンジの存在が

あるからでしょう。検察も警察、防衛などのトップも

官僚人事でどうにでもなりますから、

箝口令などで情報漏れを警戒していることは間違いない。

マスコミ各社が情報に翻弄されている光景は、

端からみても一種痛快感があります。

記事で飯を食う割には市民記者を

小馬鹿にする体質は治らないし、

自分達の情報は間違いないから他の情報は

鵜呑みにしないようにという心理も垣間見えます。

新聞の命運やいかに。

新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)/河内 孝
¥735
Amazon.co.jp

電波利権 (新潮新書)/池田 信夫
¥714
Amazon.co.jp

テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか/吉野 次郎
¥1,575
Amazon.co.jp

ネットがテレビを飲み込む日―Sinking of TV (洋泉社ペーパーバックス)/池田 信夫
¥1,000
Amazon.co.jp

地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)/荒川 顕一
¥756
Amazon.co.jp

ゼロから始める最強の戦略PR!

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-SA3D0599.jpg


■ゼロから始める最強の戦略PR!

◆お店を構えたいので前もって周知させたい。
◆起業するので、まずお金をかけないでWebサイトをたちあげたい。。
◆集客や顧客の落ち込みをプラスにしたい。
◆会社を順調に再建したい。
◆地域との交流を密にして会社との相互成長を目指したい。
◆広告予算が捻出できないがPRだけはしておきたい。
◆今は広告予算の資金繰りがつかないけれども、
任されたお店や事業所の実績を上げたい。
◆ホームページを開設しても反応が今ひとつで、
マスコミ媒体もやってみたが、効果も薄く経費がかかるばかりで、
何か手をうちたい。
◆口コミュニケーションでのPR効果で、目に見える実績を手にしたい。
◆影響力のある人のCGMをPRのメインにして販促を展開したい。
◆単なる有名人を起用しての旧来の販促は、
疑い深く賢くなった消費者の心には届かないので、
独自のキャラクターを立てたい。
◆予算はないので、成功したら報酬を払うことにしたい。

★こういう大変な時こそ、
ドリームコンセプトに是非ご相談ください。


dreamconcept01@gmail.com



銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog

KURAさんのオーラ占いの結果は?

銀座五丁目で働くKURA SANのWeblog-090915_0907~01.jpg

あとでご報告。 よく当たるみたいですね。


ヒント:メイン色は「藍色」でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。