Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2010年04月の記事

絵画には静画と動画のシーンがある理由。

執筆中。
スポンサーサイト

歌舞伎座今日が閉場式

日刊萌ゆるペン!                                  ~必ず元気になれるKURAさんのブログ-SA3D0310.jpg

三年後が楽しみですね。

2010/04/30

日刊萌ゆるペン!                                  ~必ず元気になれるKURAさんのブログ-100430_1051~01.jpg

新聞の値上げ

朝日新聞が明日から朝刊150円。宅配も値上げ?日経Web新聞の売れ行きは?

続く

ネタが無くなった芸能界

芸能人といっても影の薄い人、話題性のない人、アメーバなどのブログに参加されない人は数知れず。プライベートも仕事が当たり前の世界ですが、小粒化は否定できませんね。世の中に影響力を与え夢や希望をみんなに授けるのが彼らの使命。

世界で影響力のある100人

TIMEが公表した世界で影響力のある100人の中で

オバマさんが4位、

鳩山さんは6位。


つづく。

アメブロが初の黒字。

サイバーエージェントの決算中間報告で通期売り上げ1000億円、ブログ会員850万人弱で、来年度は共に1000は行きそうです。ブログメディア盛り上がって欲しいですね。

今日からGW

長い方は10日くらいのGW。

高速道路の料金の扱いもどうなる事やら。

良いGWお過ごしください。

病気や事故にはくれぐれもお気をつけください。


もっともこちらはそのようなものには、

とんとご縁が無いようで。。。


春ぴあ [2010] 首都圏版 (ぴあMOOK)/著者不明
¥700
Amazon.co.jp

日経 TRENDY ( トレンディ ) 2010年 05月号 [雑誌]/著者不明
¥550
Amazon.co.jp


間違いだらけの人材紹介業界(追記版)

キャリアカウンセリングと

キャリアコンサルティングの違い

おわかりになりますか。


カウンセリングと言っても、

メンタル、占い、転職、医療などありますが、

いまだ公的な位置づけにはほど遠い感じです。

特にキャリア(転職)カウンセリングは、

日本では歴史が浅く、

米国のキャリア理論の受け売りが基本で、

各カウンセラーの指導法は誰でもが同じ。

業界では独立した職業としてまだ

なり立っているわけではなく、

キャリアカウンセラーのみの方はごく一部。

企業や学校、団体での一セクションと化しているのが現状です。

五万とも十万とも存在すると思われるカウンセラーですが、

この不況のなか紹介する先がないというのが現実。

ハローワークで役に立とうと思っても、

厚生労働省や国が縮小する傾向は無視できません。

国の後押しがないとなれば、

NPOでの活動もありますが、

多くの協会が高い会員費で組織を

維持していく悪しき傾向はなくならないようです。


一方、コンサルティング業界は、

転職いわゆるヘッドハンティング業務、

経営、業界全てのコンサルティング、

M&A、などスパンが広いですね。

特に転職に関しては、MVPレベルが基本。

企業からの人材要請でのMJと

スカウトマンのチームワークが鍵。

カウンセリングワークそのものとは

希薄な世界です。

移動人材優先。

紹介先での年収30%の手数料が入るシステム。


どちらにしろ、

人材雇用、転職での国としての

取り組み方の動きが鈍いように見えます。



twitterでも1400字は欲しい。

140文字だけでは誤解を招きやすいですし、

起承転結でもはみ出しになります。

それにじっくり考えてやられるかたには不向きです。

CEOでも宣伝のためにならやるのでしょうが、

機密条項までばらす危険も伴います。

憶測が噂を呼び噂が既成事実化すると企業の存亡にも

関わります。

社長ブログならワンクッションおけますが、

社長Twitterは?

できる社長のブログ術―社長の日記(ブログ)に成功の法則を発見!/レッカ社
¥1,470
Amazon.co.jp

藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー/藤田晋
¥1,470
Amazon.co.jp


民主党の弱点は交渉力と戦略

戦略なき国家、根回しの出来ない交渉力。まさに音頭をとる人の顔が見えない。沖縄のかたたちも大変でしょうが、この人ならついていけると言わせる器の政治家がいません。誰か泥を被る無私な大物はいないものでしょうか。地方の首長さんたちが見せかけだけの新党立ち上げなどは何の意味があるのかわかりかねますね。

検察特捜部への不信。検察審査会

嫌疑不十分として小沢氏を不起訴にしたことへの、


不満が東京第5検察審査会の「起訴相当」に。


小沢氏への再捜査が始まるわけですが、


いわば「特捜部への不信感が露呈」したわけで、


どこに正義があるのか分からなくなりましたね。




暴走する「検察」 (宝島SUGOI文庫)/著者不明



¥480

Amazon.co.jp

2010年はプロボノ元年

PRO BONO(プロボノ)とは、

仕事で培った専門スキルを活かしたボランティアの事をいいます。


元々は米国で弁護士などの法律に関わる職業の方たちが

無報酬で行うボランティアの公益事業または

公益の法律家の活動を指していました。

ラテン語では「公共善のために」を意味します。

現在では、その法律分野だけではなく、

様々の分野の専門家が、

職業上持っているスキルヤ経験を活かして

社会貢献するボランティア活動が主流となっています。



子供手当詐欺の急増

韓国の男性が尼崎市で請求?

500人以上の子供手当目当てにしても、

なんとも目立ちすぎる内容ですね。

外国人の子供まで手当を施す民主党。

いっそのことアフリカやアジア全域の子供たちにも手当を、

増やしたらどうでしょうか。


若い人にニーチェが受ける理由。

執筆中

独法は全廃しよう。

政治家も含めてお役人が多すぎますね。


逐条解説 地方独立行政法人法/著者不明
¥4,300
Amazon.co.jp

2010国際生物多様性年

10月にCOP10が名古屋で開催予定。

30年後のドリームコンセプト

2040年ではあなたは何歳?たぶんKURAさんはもうこの世にはいませんが、地球文明はどうなっているのか見当がつきません。三菱の創始者岩崎さんみたいに話題になっているのか、いままさに消滅していくのか。未来を覗くのが少し怖い。

戦略PRは企業に媚びないのが鉄則。

いわゆるCEOと同じ目線で鳥瞰し、

解決策を探り、成功させるミッションがあります。

広告、広報みたいに、

消費者に訴える時代は過ぎ去り、

企業と消費者を教育し、

相互成長の道筋をたてる責任があります。

それだけ、己を律することは基本。

孤独にも絶えなければなりません。

マイノリティな立場をメジャーな立場へ。

人から見ればしんどい商売かもしれません。。。

戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94)/本田 哲也
¥780
Amazon.co.jp


失敗からの教訓―今こそ問われる広報戦略/著者不明
¥1,575
Amazon.co.jp


インターネット広報戦略―デジタル時代のPR・ブランディング・危機管理/ドン ミドルバーグ
¥2,520
Amazon.co.jp

オバマ現象のカラクリ 共感の戦略コミュニケーション(アスキー新書)/田中 愼一
¥780
Amazon.co.jp

デジタル時代の広報戦略/著者不明
¥2,520
Amazon.co.jp

「社長の評判」で会社を伸ばす―戦略的企業広報の活用法/レスリー ゲインズ=ロス
¥1,995
Amazon.co.jp


官房機密費の真実

小泉前首相が国会で開き直って

「公表できないから機密という」と言われたことは、

誰しも記憶の中にあると思います。


いわば首相が自由に使える交際費。

誰もが口を閉ざしているわけです。

政権交代直前に消えた数億円の使い道やいかに・・・。


今の日本、洗濯をいくらしても汚れが落ちないようです。

洗濯などしないで、あらたな創生が必要な時です。


リーダーのいない日本。

鳩山さんや舛添さんではぜんぜん足りない。。。

キャスティングボートを握る時代の寵児はどこに。。。





上海万博は興味ありますか。

ネットでの評判はあまりよろしくないようです。五輪後のイベントなので、盛り上がりもいまいち。今後バブルがいつはじけるか静観していきましょう。

私と三島由紀夫と幸田露伴

執筆中

見せる戦略、見せない戦略。

一般的には誰もが自分の事を見せたがり、

目立たせようと苦心しています。

あまり露出の度合いが多すぎると、

期待ほどではなかった場合リピーターは戻ってきません。

たとえば映画の新作の予告広告。


興行収入三日間で史上最高。

封切り一週間で○○○億円の売り上げ。


みたいな文句でTV,新聞、雑誌、ネット、ラジオ、SPなどで、

派手に予算を使います。

観客の入りが思わしくないときは、

大抵はDVD化のスピードを速めます。

洋画が低迷で邦画が堅調と聞きますが、

日本の映画は売り上げの面では、

ハリウッドに比べて桁は少ないですね。


極力封切りまではベールに包んでおき、

期待感を抱かせる。

「天使と悪魔」は持ってゆきかたが上手いですね。

結果は分かりませんが。

ザ・シークレット/ロンダ・バーン
¥1,890
Amazon.co.jp

ロスト・シンボル 上/ダン・ブラウン

¥1,890
Amazon.co.jp

天使と悪魔 (上) (角川文庫)/ダン・ブラウン
¥620
Amazon.co.jp



本では、「1Q84」、「ザ・シークレット」、「ロスト・シンボル」

がこの類か・・・・。



URの随意契約84億円

欠陥マンションで問題を引き起こした理事が、

関連会社に天下り、契約をごっそり持ち逃げ。。。

まさに盗人に追い銭ですね。

東京都でも特命随意契約?というのがありましたが、

公益法人の中はぐちゃぐちゃですね。

これでは日本の将来も危うくなります。

政治家だけでは解決は無理で、

超党派での協議会とかで改革していかないと、

国家は持たないんじゃないでしょうか。。。

国がなくなると、

いま年金などで悠々自適に暮らしている方への

影響もかなり出てくるでしょう。


国家 下  岩波文庫 青 601-8/プラトン
¥1,050
Amazon.co.jp

国家〈上〉 (岩波文庫)/プラトン
¥987
Amazon.co.jp

国家の品格 (新潮新書)/藤原 正彦
¥714
Amazon.co.jp

農民国家・中国の限界/川島 博之
¥1,890
Amazon.co.jp

最強国家ニッポンの設計図/大前 研一
¥1,575
Amazon.co.jp

政党助成金は天下りシステム?

5人以上の推薦があれば政党は成立。

助成金もかなり貰えることから、

妬むかたも少なからず。
立ち上げた小さな政党に乗り込み、

それに乗じて党名を変えるという手段は、

潔さが足りません。

舛添 さんは男を下げました。

残念ですね。


民主党は学芸会の集まりみたいな未熟性が露呈し、

大事なときの判断力と実行力に、

様々な問題が起こっています。

ならば自民党をと思っていても、

自民党は自民で溶解の一途。

永田町はレイムダック状態。

市民が置き去りにされています。


日本の末路はいかに。。。。

政党崩壊! 二〇一〇年体制を生き延びる条件 (講談社+α新書)/筆坂 秀世
¥880
Amazon.co.jp


イギリス二大政党制への道―後継首相の決定と「長老政治家」/君塚 直隆
¥5,985
Amazon.co.jp


政党崩壊―永田町の失われた十年 (新潮新書)/伊藤 惇夫
¥714
Amazon.co.jp


ヌード表現の価値観

朝日新聞での草刈民代氏の全身ヌード広告は、

本来の倫理規定ではバツのはず。

マスメディアではやれオバサンの乳首とかで

話題になってますが、たとえばこれが吉永小百合さんとか

米倉涼子さんとか旬なアイドルだったら

そうはいかないかもしれません。

雰囲気からして。ファンもいることですしね。

荒木さんの写真なんかもガンガン掲載すれば、

エロチックもアートになれるのかもしれません。

ヌードやヘアをみてもとくに感動するわけではありません。

好きな人のヌードみてあなたは美的に感動するでしょうか。

おそらく本能的なメガネでしかみないことでしょう。

見えない、見せないことがヌードの

イメージを想起させることのほうが

多いのではないでしょうか。

久々に快晴

景気も日本晴れだといいですね。地球の怒りが異常気象を誘っているのかもしれませんね。70億人も間近い幼年期の地球文明。繁栄か滅亡か、そのシーンと巡り会う時代に私たちはいるわけで、覚悟と夢の共生のイメージをもっていればなんら怖れることはありません。

時代を動かす、時代を創る。

いささか大袈裟なタイトルですが、


世の中、企画だけでは社会は動かせません。


より良き社会へ流れを向けさせるために、


戦略PRの存在付加価値があるわけで、


マーケットの空気を作る道具のためだけにある訳ではありません。


広報は企業視点の発信ですので、客観的にみれば、


時代や社会性に外れることだってあります。


1Q84という本が売れているようですが、


人間が生きていく中で、認めなければならない、


不条理、


虚無感、


閉塞感、


引きこもり本能、


無想や夢想、


差別感、


破壊性、


厭世観、


そして無考観。


1Q84は時代に翻弄された人間の心理的浮遊感や不条理が根底にあると感じます。

本を読んだからといって、人生が変わるとは限らない。


本を書いたからといって、納得するとは限らない。


相互の敬い、相互成長、フェアな競争心が


時代を作っていく大きなファクターと思います。

独法天下りシステムと優柔不断術。

前政権がこれまで何故事業仕わけをやってこなかったのか

聞いてみたいところですね。

農水省、文科省、国土省、など

全ての省での組織的な企みが垣間見えてくるかと思います。


日本は実質的には

USAの51番目フォアイースト州と言っていいほど、

米国からは優柔不断な兄弟?と

見られてもしかたのないところです。

国粋を唱えても六十余年にもおよぶ

米軍の監視下の中では虚しさを感じます。

1853年ペリー提督来航のころの徳川方の

優柔不断さといまの普天間の未決とは

なにやら日本人の決断力のなさでは似てますし、

進歩がないと感じる人は多いんじゃないでしょうか。

優柔不断術/赤瀬川 原平
¥1,470
Amazon.co.jp

「優柔決断」のすすめ (PHP新書)/古田 敦也
¥735
Amazon.co.jp

ひとりでいるのが怖い若い人たち。

メールでのつながりが唯一の友達空間、

雑踏の中でも居場所がない虚無感、

他人の目や評価が気になって仕方がない焦燥感、

リアルな人間関係が構築できない大学生。。。


いったいこの現象は・・・・。


孤独は楽しんだ方がいいですよ。

携帯依存症も原因のひとつかも知れませんが。


個の確立が欧米に比べて遅れている状況は、

排除出来ませんね。

孤独/北野 武
¥1,575
Amazon.co.jp

孤独のチカラ/齋藤 孝
¥1,260
Amazon.co.jp

孤独を生ききる (光文社文庫)/瀬戸内 寂聴
¥480
Amazon.co.jp

孤独であるためのレッスン (NHKブックス)/諸富 祥彦
¥1,071
Amazon.co.jp

百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))/ガブリエル ガルシア=マルケス
¥2,940
Amazon.co.jp

孤独と人生/ショーペンハウアー
¥2,625
Amazon.co.jp

「孤独」のちから/諸富 祥彦
¥1,470
Amazon.co.jp

孤独力―人間を成熟させる「ひとりの時間」(ソリテュード・タイム) (こころライブラリー)/津田 和寿澄
¥1,575
Amazon.co.jp