Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2010年05月の記事

あえてフォロワーを求めない生き方

三年前ほどに米国で始まった、Twitter。

それまではチャットでも十分でしたので、

日本での昨年からの急な盛り上がりでびっくりしています。

かのSecond Lifeもそうでした。これは敷居が高すぎて、

かつユーザーの多くはシニアの方というものでした。

ツイッターを読む時間的な問題もあります。

有名人や知らない人とのゆるいつながり。

下手にマーケティングにどうとか、

集客にどうとか、

あまり考えない方が自然に参加できるような気がします。

100人もいればおんのじカナァ。。。



<ソーシャルメディア用語集>

<ソーシャルメディア用語集>
(ドリームコンセプトオリジナル)

●Blog(正式にはWeblog)
日記調で綴る自分の歴史という意味。
個人ブログと企業ブログがある。

●Twitter(ツイッター)
チャット風の簡易ブログ。140字の制限がある。

●Second life(セカンドライフ)
米国リンデン・ラボ社の仮想空間。当初は全世界で一億人の参加を想定もVistaの売れ行きが低迷。PCへの負荷の多さと不可解な仮想ビジネススタイルがが新規参入の足かせになり、ブームは下火に。

●IB・イニシアティブブロガー(Initiative Blogger)
●CVB・キャスティングボートブロガー(Casting Vote Blogger)
同じような意味でインフルエンサー(影響力を与える人または団体)がありますが、それが増殖しますと希少性がなくなり、影響力は低下します。インフルエンサーのワンランク上のイニシアティブ(先導的、指導的)ブロガーの出現が待たれます。(※イニシアティブブロガー(InitiativeBlogger)、キャスティングボートブロガー(Casting vote Blogger)はKURAさんの造語です。)ドリームコンセプトの理念は、マイノリティでも影響力は大きく、先導的先駆者的存在感で時代を牽引し社会に貢献していくこと。

●ブログノミクス(BlogNomics)
口コミやブログ、メルマガなどのソーシャルメディア経由で得た信頼、つながり、企業と個人、地域社会での相乗作用がよりよいマーケティングをうむ経済の状況。

●Dream Status(ドリームステイタス)
5つのカテゴリーでHPや企業ブログサイトを診断・評価するシステムの名称。

ブログノミクス(BlogNomics)

口コミやブログ、メルマガなどのソーシャルメディア経由で得た信頼、つながり、企業と個人、地域社会での相乗作用がよりよいマーケティングをうむ経済の状況をいいます。

事業仕分けと広告宣伝費

原発のPR費、

宝くじ協会の300億円にものぼる広告宣伝費、

官に食い込む大手広告会社は、

以前のタウンミーティング問題でも

おわあkりのように、、

公益法人での官の広報宣伝への疎い認識が、

高い広報費となって請求される構図。

それに随意契約となれば弱小の広告会社は

絶対入れない。

天下り先公益法人にそれらが絡めば、

いくらでも予算は取れるでしょう。

今後は官の広告も厳しくなりそうです。

何故あの会社はメディアで紹介されるのか?―PR最強集団のTOPが教える55の法則/西江 肇司
¥1,575
Amazon.co.jp

政・官・財(おえらがた)の国語塾/イアン アーシー
¥1,988
Amazon.co.jp

政・官・財(おえらがた)の日本語塾 (中公文庫)/イアン アーシー
¥840
Amazon.co.jp

路上の国柄―ゆらぐ「官尊民卑」/藤田 弘夫
¥1,500
Amazon.co.jp


株価の乱高下と経済の実態

マスコミメディアが一部の大企業の業績が良くなっているので、景気が持ち直したなどとはやしたてておりますか、どこの交流会に行っても景況感はすごく悪いですね。マスコミでは大企業が広告主ですから彼らの情報を優先して、発信すると言う半世紀の慣習やしがらみ、既得権が交錯してきます。投資家の気まぐれが株価に影響してますが、戦略がないとそれで終わってしまう危惧はあります。

想像力で手に入れる世界の埋宝サイトを構築中。

日本では豊臣や武田、徳川の埋蔵金が有名ですが、主に文献や手記、言い伝えでの夢を自己実現したいという思いでやってきていると感じる次第。かのマルコポーロは日本には来ていないのにも関わらず、人々をひきつけるものを持っていたのでもお分かりのように、その時代での影響力と権力、指導力があったかどうかをもみるべきでしょう。

Google-TV共同開発の思惑

Google、ソニー、Intelが共同開発でGoogleTVを今秋発表。アップルに対抗する勢力ができたようですが、Googleが日米700億ドルのTV広告の収益を狙っているのが分かります。ネット広告ではこれから先は大きく伸びないことから、取れるところからどんどん取れという戦略。ガラパゴス状態の日本の広告代理業界も甚大な影響を被り、経営の見直しを迫られています。

今日は真夏並み。

日刊萌ゆるペン!                                                      <BlogNomics:ブログノミクス日記>-SA3D0321.jpg

木陰に頼り気味の1日となりそうです。宮城県いま大変ですね。

生物多様性1/1750000、人類が消えた世界

地球上には人類を含め175万種もの生物が棲息しています。

生物絶滅を避けるため、

植樹や環境保護などのイベントが加速中。

片や紛争や自然破壊も同時に進んでいるので、

焼け石に水という状況は排除できない様相。

人類が消えた世界/アラン・ワイズマン
¥2,100
Amazon.co.jp



何のための検察審査会

地検特捜部が再三不起訴なのに、

検察審査会が起訴となれば、

検察そのもののあり方が問われるでしょう。

素人集団が暴走して強制起訴をしても、

裁判で勝つ見込みは無いでしょう。

ドキュメント検察官―揺れ動く「正義」 (中公新書)/読売新聞社会部
¥735
Amazon.co.jp

検察審査会制度に関する世論調査 (1980年)/著者不明
¥1,529
Amazon.co.jp

絵画五点盗難で被害は560億円。

ピカソ、マティス、ブラック、レジェ、モディリアーニ作の絵画

計5点がなくなっているのに、

パリ市内の美術館職員が気づいたようで、

その被害額およそ560億円。

彼ら作家も生前そういうお金を手にしたかったことでしょう。

名画の値段―もう一つの日本美術史 (新潮選書)/瀬木 慎一
¥1,260
Amazon.co.jp

西洋名画の値段 (新潮選書)/瀬木 慎一
¥1,260
Amazon.co.jp


絵画専門サイトにリニューアルしました。

KURAさんの絵画回廊


http://ameblo.jp/shiokinin/


悪戦苦闘

日刊萌ゆるペン!<ビジネスブログ寺子屋日記>-SA3D0320.jpg

今日は終日永田町

日刊萌ゆるペン!<ビジネスブログ寺子屋日記>-100520_0954~01.jpg

コンペの草案づくりに追われています。競争相手は5社。

有権者を敵に回しはじめた民主党

まるで平家物語を地でいくお粗末さが目立ちますね。谷さんを担ぐのは参議院選挙での敗北を意味します。もうちょっと何とかならなかったものでしょうか。議員、柔道、主婦はかなり無理な組み合わせではないでしょうか。

ボウリング場サバイバル&クライシス

先日某新聞の中で、生き残りをかけたあるボウリング場のご紹介がありました。1970年代のはじめには全国で4000店ほどありましたが、いまでは1000店を割るほどになりました。と同時に施設の老朽化もあり、経営から撤退、廃業も後をたちません。活性化のプランはいくつかあります。ここでは敢えていいませんが、ボウリング場をお葬式や結婚式の企画でやるのは、個人的には賛成できませんね。なぜならボウリングがますますメジャーなスポーツとして、認められなくなる危惧をかんじるからです。深夜から朝までやれる娯楽性も一部では支持されているのでしょうが、米国では本格的な競技としても盛んで、日本ではなぜ波にのれないのかが不思議ですね。国内でのプロボウラーは1200人。活性化が待たれます。

ツイッターはポストsecond life?

書店ではたくさんの入門書が並んでますが、

個人的には本で読むほどの、

利点はあるのかという点。


インターネットビジネスの一翼を担うツールでしたら、

それはそれでよろしいのですが、

あくまでもゆるいつながりのチャット系簡易ブログなわけで。


反論はたくさんあると思いますが、

入門は別として、

数々の口コミサイトのなかで、

どういう位置づけでスポンサーンの企業側に説明していくか

今後ソーシャルメディアとしての基盤を支えるものなのか、

マーケティングには業界別に対応できるのか、

炎上対策はどうあるべきなのか、

ブロガーとの相乗効果はどうみるか、

単なるブームに終わるのか、

静観していきたいと思います。


「オバマ」のつくり方 怪物・ソーシャルメディアが世界を変える/ラハフ・ハーフーシュ
¥1,785
Amazon.co.jp


次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの/湯川 鶴章
¥1,680
Amazon.co.jp


グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business Sc.../シャーリーン・リー
¥2,100
Amazon.co.jp

次世代メディアマーケティング/ケント・ワータイム
¥2,415
Amazon.co.jp


人には消せない差別意識という煩悩。

動物園などで良く見かける縄張り争い、

お山の大将、派閥化。

まして人間ならなおさらのこと。
浦和レッズのサポーターは相も変わらず過激。

差別のヤジなど当たり前。

中国共産党王朝の少数民族への差別化、

県民差別化、

部落差別化、

学歴差別化、

学閥、

閨閥、

広告での対企業差別化戦略、

ホームページやツイッターでの差別化、

理系文系での差別化、

セレブとプアの差別化、

正社員と非正社員の差別化、

大企業と中小企業の差別化

など差別にはいろいろあります。


笑みでもって差別視しないといわれても、

心のどこかで自分と差別化することを

無意識に求めさせられているのです。

108つの煩悩をもっている限り、

そこからは逃げられないよう

になっているのです。


煩悩―百八つの怒り・欲望・悩みはこんなにも奥深い!/松原 哲明
¥1,575
Amazon.co.jp


煩悩力―毒を「生きる力」に変える禅のこころ (リュウ・ブックス アステ新書)/藤原 東演
¥840
Amazon.co.jp



差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)/辛 淑玉
¥760
Amazon.co.jp

偏見と差別のメカニズム (人権学習ブックレット)/中川 喜代子
¥735
Amazon.co.jp

差別論スペシャル―ゴーマニズム宣言 (幻冬舎文庫)/小林 よしのり
¥560
Amazon.co.jp

はじめての部落問題 (文春新書)/角岡 伸彦
¥767
Amazon.co.jp

文章でその人の潜在心理を読む

文字通りに言葉を理解する人は、

文章の意味を考えます。

文章の行間を読み解く人は、

言葉の裏表を考えます。

恋文では、文章の行間に不安と期待と感情が行き来します。

そのエネルギーが読む人の胸を打つようになります。

文章の上手い下手は関係ありません。

新聞記者や雑誌記者は文章が上手いというよりも、

現場からのレポーター的存在ですが、

それすら不得手になって、

ネットの記事を拝借する傾向はなくならない。

文章は書いてしまったら100年目。

行間力/宮川 俊彦
¥1,470
Amazon.co.jp

行間を読む力をつける物語文の指導 (国語力をつけるワークの開発)/上田 保明
¥2,373
Amazon.co.jp

HPと企業ブログの相乗効果

いまゆるいつながりである、

ツイッターブームのようですが、

マーケティング効果は如何に。


メールマガジンでは、

文字ばかりなので、多すぎる内容では読まれなくなります。

ターゲティング広告、リスティング広告での、

有効なメディアツールですが、

しつこい場合は購読を解除されがちになります。

ビジュアル面で今後に課題が残ります。


SNSのmixiは紹介制を辞め、登録制になっていますが、

会員数はもうそろそろ飽和点か。

限定的なコミュニティーの感は拭えませんが、

有料オプションでの活路を模索しているようです。

トップにもう少しメリハリが欲しいところ。


ブログではツイッターとの連携は効果的とされています。

企業ブログではツイッターを前面に出すと、

企業のイメージに影響する事も

考えられ、専門のブログコンサルティングも必要。

個人の場合はこの限りではありませんが。


ホームページは、企業の看板・建物です。

その中で、中心となるコミュニケーションツールを決め、

様々な組み合わせで展開していく事が大事。


ツイッター・パーフェクトガイド Twitter Perfect Guide. (INFORES.../著者不明
¥980
Amazon.co.jp

ツイッターノミクス TwitterNomics/タラ・ハント 津田 大介(解説)
¥1,650
Amazon.co.jp

はじめてのツイッター入門 決定版 (BASIC MASTER SERIES)/青山 華子
¥1,680
Amazon.co.jp

検察審査会とは?

得体のしれない人民裁判機関。

でしょうか。。。

地検特捜部が再三再四シロだといっても、

無効にできる機関。

わかりやすく言えばそうなります。

しかも未公開となれば、

あの226の偏向裁判と似ています。

どうせなら天下りの審査会を創設し、

摘発してほしいですよね。

検察審査会の午後 (光文社文庫)/佐野 洋
¥600
Amazon.co.jp

ドキュメント検察官―揺れ動く「正義」 (中公新書)/読売新聞社会部
¥735
Amazon.co.jp

宵越しの金。(改訂版)

このところ、地球温暖化への関心が高まっていますが、
あなたはどう対応されていますか?
ゴアさんの不誠実な真実?はよくわかりましたが、
もはや地球の滅亡は時間の問題で、
防ぎようのない状況にあることだけは確かなようです。
もともと米国が頑なに地球温暖化への協力を、
拒否している理由は、以前から
地球自体が、
2012年にフォトン・ベルトに入ることを
事前に把握していて、
温暖化対策は無益だと悟ってのことでしょう。
地球脱出をはかり、
選ばれた人たちだけがそれまでに、
凌げるような、地下の基地を作り、
他の惑星に脱出までの何年かは
そこで過ごせるという
現代のノア計画が存在しているというのです。
おそらくあと5年弱に、
太陽系は11,000年ぶりに、
フォトン・ベルトに入り、
2012年に三日間の暗黒が訪れ、
人類ではない新しい生物が地球を支配するという、
いささか宗教じみた本が多く出まわっていますが、
あながち嘘とは思えません。
たま出版のにらさわ氏ですが、
彼はあまりにも唐突な根拠のない証拠を作り、
周りを落胆させるわけですが、
しかし、あながち嘘とばかりはいえません。
マヤの暦では2012年12月21日に人類は破滅と
周りの人はいってますが、
まだ滅亡しない、いまのうちに、
貯金を使い果たし、内需拡大に貢献し、
貯蓄率をゼロにして景気が良くなる
きっかけになる可能性はありますが、
もともとゼロのようなわたくしには貢献はできません。
宵越しの金は皆さんを不幸にするだけです。
米国のように、貯蓄率がゼロか-になっても
「消費は美徳」的な古い発想は大切なのかもしれません。。。

医師のモラル

交際中の女性を堕胎させる有名病院の医師。母体に別状はなかったか心配ですね。怖くて病院にはいけないですね。

初夏の涼風

今年の4月、5月は冬と夏がごっちゃになる季節のようです。いまから真夏並みの暑さでは3月後は酷暑?まさか雪はふりませんよね。地球の自然界が変化しているのかもしれません。

経営者と社会学者・歴史学者

執筆中

参議院選挙でビクビクする感性

ここまで熾烈になると事の本質が見えなくなることも

。目先のマスコミ情報に振りまわされて

私たちは過ごしているわけですが、

自分で調べて自分で考えるのが苦手な日本人。

無党派層なんて所詮有り得ない。

日本の感性 和魂ルネッサンス (日本人・心の源流)/梶田 叡一
¥1,575
Amazon.co.jp


Rin Art 響く感性・動く文字 (アルカディアシリーズ―フローラブックス)/土門 琳
¥1,365
Amazon.co.jp



自民党長期政権のウミ

宝くじ300円の半分は天下りの人件費?必死に当たりますように願掛けしても、天下り役人の薄ら笑いがどうしても頭をよぎります。事業仕分けがうんぬんと言われてはいますが、今まで前政権は何もしていなかったことがはっきりしたわけです。国民への背信行為。谷さんはそういう課題解決なり信念などあるのか疑問。

宝くじと天下り法人

ドリームジャンボ宝くじが華々しく宣伝され、

射幸心を煽っていますが、

その陰では・・・・・。


藁にもすがる想いでチャンスセンターに並ぶ人々。

それとは裏腹にその収益金が天下り法人に。。。


世も末ですね。。。


天下りシステム崩壊―「官僚内閣制」の終焉/屋山 太郎
¥1,680
Amazon.co.jp

天下りの真実/市村 浩一郎
¥1,890
Amazon.co.jp

巨大省庁天下り腐敗白書/堤 和馬
¥2,940
Amazon.co.jp

日本のここが危ない―財投、特殊法人、天下りがつくる借金の山/著者不明
¥1,050
Amazon.co.jp

AppleのFlash批判とアドビの反論

最初のころは両社とも割合良い関係ではありましたが、

Windowsとの絡みから疎遠関係に。


iPadではFlashは使えないようで、

Windowsをメインにしているユーザーには不満のようです。


iPadスタートブック/著者不明
¥580
Amazon.co.jp

iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the e.../西田 宗千佳
¥1,500
Amazon.co.jp

電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?/田代真人
¥1,575
Amazon.co.jp

ウェブ大変化 パワーシフトの始まり~クラウドだけでは語れない来たるべき未来 (KINDAI E.../森 正弥
¥1,575
Amazon.co.jp

坂本龍馬と射利心

いま大河ドラマで龍馬さんやってますが、

龍馬人気は昔も今も変わらないですね。

司馬さんがかれにスポットを当てたのは正解。

33歳にして志し半ば?にして暗殺されましたが、

犯人はいまだに判明されず。殺人の時効も無くなったので、

探し甲斐もありますが・・・。


犯人を捜すよりも、なぜ彼は

殺られなければならなかったのか。


勝手な推理ですが・・・。


1)舟中八策では新政府の代表は

○○○と表現しているところがありますが、

その人物とは?

・慶喜公

つまり幕府方の人。

薩長、帝は当然怒りますよね。


2)明治新政府と、函館政府の二つを容認していた。


3)射利心が強く多くの敵を作った。


4)武器取り扱いを中心にした亀山社中の代表。

※亀山社中は失敗に。岩崎氏が肩代わり?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。