Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2010年09月の記事

外人さんから見た日本人の評判

銀座界隈では外人観光客の数が激増。

マナーの悪さが指摘されている中国系観光客には

目を覆いますが、それ以外はおおむね許容範囲。

日本および日本人の評判とは、


1)治安が良い。電車で居眠りしても安心。

2)マナーが良い。

3)片言英語などで相手に合わせて案内してくれる。

4)トイレが綺麗。順序よく整列。

5)電車が時間通りに走る。

6)和と徳を重んじる風習。

7)街が清潔。

8)思いやりと親切心がある。

9)四季折々の変化が独特の文化を生んでいる。

10)勤勉。

11)ご老人を大切にする。

12)女性上位?


そのほか・・・・・・(コメントで足されてください・・・)


果てしなく美しい日本 (講談社学術文庫)/ドナルド・キ-ン
¥1,155
Amazon.co.jp


美しい日本の私 (講談社現代新書 180)/川端 康成
¥693
Amazon.co.jp

美しい日本の季語―365日で味わう/著者不明
¥1,890
Amazon.co.jp

美しい日本の道具たち/高森 寛子
¥1,890
Amazon.co.jp

日本人が忘れてはいけない美しい日本の言葉 (プレイブックスインテリジェンス)/倉島 長正
¥767
Amazon.co.jp

日本百名道―美しい日本の道、堂々100選!/須藤 英一
¥1,365
Amazon.co.jp

アユ―日本の美しい魚/内山 /りゅう
¥5,040
Amazon.co.jp


スポンサーサイト

シナ国での一儲けは不可能。

今回の尖閣諸島問題ではっきりしたことがあります。

今更申すまでもありませんが、

日本国民認識の共有事項として。

一)政府の責任を沖縄検察に押し付けた

「官」内閣のお粗末。

政治的判断が必須な時でも危機意識も

リーダーシップもない。左翼政権の限界か。


二)中国と対等若しくは指導的立場として

張り合えないいらただしさ。

あまりにも甘く見られていること。


三)中国共産党(国民党との戦いだった)は

戦前日本とは直接対峙しておらず、

あたかも戦争被害者として

あらゆるものを政治的にプロパガンダしている。


四)日本のマスメディアが

この大事な時に主張しないこと。

親中の朝日新聞は社説で中国の過ちを

論説できないということ。

電通でも、テレビ局でも、雑誌もラジオも

情報の垂れ流しだけに終わっていること。


五)核のジレンマからの脱却を

急ぎ核保有の必要性をアピールする

時期にきていること。

戦前の戦勝国だけがが保有する権利を

放棄しないかぎり、核廃絶は不可能であること。

米国ではオバマ大統領のもと

核廃絶宣言とは裏腹に、

核搭載戦略爆撃の部隊を設置。

ノーベル賞は一体なんだったのか。


六)日本は中国との国交は断絶すべき。

形骸化したODA支援も停止。

銀座の顔。

銀座に棲み着いて数十年。

この間、いろいろありましたが、

基本的にはなんら変わっていませんね。

一丁目はグルメ系の地味路線。

二丁目は伊東系のアットホーム。

三丁目は松屋色。

四丁目は三越・和光・教文館系のシンボライズ。

五丁目から八丁目はナイト系のオリジナル。

九丁目?からは汐サイト再開発系。

もちろん、KURAさんは銀座の顔です。。。



萌ゆるペン!GINZA BlogNomics:銀座ブログノミクス日記-SA3D0266.jpg
萌ゆるペン!GINZA BlogNomics:銀座ブログノミクス日記
萌ゆるペン!GINZA BlogNomics:銀座ブログノミクス日記-100912_1704~01.jpg
萌ゆるペン!GINZA BlogNomics:銀座ブログノミクス日記
萌ゆるペン!GINZA BlogNomics:銀座ブログノミクス日記-SA3D0275.jpg
萌ゆるペン!GINZA BlogNomics:銀座ブログノミクス日記





民主活動家・劉暁波氏が今年のノーベル平和賞の候補に。

中国共産党王朝、

北朝鮮世襲政権は長くは続かない。

世界で孤立化したこの2国が

文明の衰退を招いているのです。

天安門事件から「08憲章」へ/劉 暁波
¥3,780
Amazon.co.jp

現代中国知識人批判/劉 暁波
¥2,345
Amazon.co.jp


陸海空軍は尖閣諸島に。

今回の一件で中国の戦略と本心がよく分かったと思います。つづく

日米安保は当てにできぬ。

今回の尖閣問題への日本の対応は、

かなりまずかった印象を内外に与えました。

思考停止した菅氏の言動をみればだれでも分かります。

まだ麻生さんのほうがよかったかもしれない。

市民受けはしても、

国家レベルでの交渉はどうみても無理。

しっかりしていない政治家がいないとこまる、

米国側の事情もあるのかどうか?


日米安保は日本のためにあるのではなく、

アジア地域の安定。

沖縄にしても中東への中継地点としても

大事な拠点。

米軍は普天間うんぬんで騒いでいる閑はないのです。


いまの日本の技術からして、

大型空母やステルス級の戦闘機は

いとも簡単に作れるはず。

対外純資産260兆円を当てれば、

日本列島の周りを防衛できる規模の、

軍備などすぐできるはず。


それくらいの派手な戦略も必要かと・・・・。



★戦略PRの考え方★

★戦略PRの考え方★

※先の中国での尖閣問題関連にしても、如何に戦略が大事かお分かりでしょう。


<少数精鋭でも屈強の戦略PR>

世界を飛び回るPR会社の機動力は凄まじいものがありますが、
日本では、巨大な広告産業に圧倒され、PR産業がほとんど発達していない状況にあります。日本だけが、国際PR業界の孤児とも言え、PRの「カラパゴス状態」にあるのだそうです。最近、国内でも大手広告会社が公共政策分野の業務に、力を入れ始めているようですが、課題も山積しています。


「一つは、業務形態・収益構造の問題です。」


広告は「空爆型」、PRは「ゲリラ型」と言われていますが、広告は大型の制作物を大量に投入していく、重厚長大型のメディア産業で、収益の大元は、巨額の媒体費をメインとしたコミッションに依存しています。これに対してPRの基本は「人」です。コンサルタント会社のような少人数形式をとり、人の稼働に時間に対してフィーを請求します。つまり、広告会社が公共政策分野のビジネスに進出しても、メディア広告にこだわらないPR流の情報発信戦略では、先細りの大型商業広告を補填するだけの代替利潤には、ならない可能性があります。逆に、広告会社が公共政策分野での利潤確保のために、大量投入型の広告の情報発信を安易に政府や自治体に提案すると、十分な効果が上がらずに、無駄な税金を食い物にされる恐れがあります。行政サイドは、フィーベースの契約慣行とへ併せて提案にたいする精査と識別する目を養う必要があります。政権が変わったので今後はより厳しくなるでしょう。


「もうひとつは、今後増えていく対市民外交(パブリックディプロマシー)を含めた国際的な公共政策キャンペーンへの対応です。」


PRの仕事は旅行代理店に似ていると言われています。現地情報に通じていることが非常に重要で、その国のメディア、政治、オピニオンリーダー、NGO、業界団体などのランドスケープを完璧に掌握し、言語・文化・宗教に通じ、多様な人脈も要求されてきます。さらに案件を国際的な政策論争やジャーナリズムの潮流に対応できる能力も必要となります。日本の広告産業はここが最大の弱点で、国際PR会社ではこれらについてはお手の物。日本が国際情報戦争で諸外国に負けないためにも、国内広告産業と外資系PR会社の連携も重要となってくるでしょう。
なお、連携と言っても、外資系ばかりが良いとは限りません。先の総選挙でも外資系のPR会社でもってしても負ける場合もあります。
国内の少数精鋭のPR専門会社の出番も大いにあり得る時代となってくるでしょう。PR会社による代理戦争は激しくなることが予想されます。

マイアメンバーご紹介


日刊萌ゆるペン!BlogNomics:ブログノミクス日記

日刊萌ゆるペン!BlogNomics:ブログノミクス日記

日本の本当の怖さを知らない中国人。

執筆中。

不愉快な国

確かに石原都知事の見解はごもっとも。

なぜこうも不愉快きわまりない国になったのか。

一党独裁政権の土壌が「そうさせているのか、

文化の違いなのか・・・。

謝罪と賠償を要求するというセコさは、

どう見ても大陸的思考とは言いがたいですね。

尖閣諸島には領土問題は存在しないし、

油田エリアも日本の領土。

同じような事件が起きたらまた拘留でしょう。。。


中国の謝罪と賠償要求の感性を疑う。

それは当然日本がやるべきこと。

釈放したのが間違いだったと思ってもあとのまつり。

菅内閣の寿命を縮めた船長釈放。

中国のいいなりになる日本のイメージを

つくってしまったのはいただけない。

地検の勝手な判断だとしても、

国家的な責任は首相にあるという自覚がない。

中国がますますつけ上がることは目に見えています。

前例をつくるということはそう言うことです。

いくら左翼政権といっても、

中国の傘下で政治を行うことは、

国益を大きく損なうことになります。


異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない/櫻井 よしこ
¥1,575
Amazon.co.jp


今日のOpera

http://my.opera.com/kurachan/blog/2010/09/24/personal-computer


中国へのODA支援停止提案

中国よりアフリカにすべきですね。

何千億円もの供与は即刻やめるべきです。




弱腰外交のツケ。やっぱりおかしい沖縄地検の判断。

必ずありますね。

なぜ釈放?

地検の判断ミスでは?

日中問題を懸念?

現場が考えることではないですよね・・・。

もはや日本に地検は必要ない・・・。


冷え切った仲を解決する方法

執筆中

中国の横暴。(外人向け)

http://my.opera.com/kurachan/blog/2010/09/24/tyranny-in-china



The people of the pro-Beijing faction are sure also to think.

When there was still impossibility in the exchange with one party dictatorship.

Though it was a fight with a national party in China before the war

It doesn't face the communist party.

Propaganda toward Japan is a so to speak part of the scapegoat.

What is this captain detention made use of and pressure toward Japan?

[Seko] passes too much.




There is no leader of the important person

It is like occupying it in and out.

The weakness is grasped by such a country.

The threat is put.

The influential figure is not found in Japan today.

Top enterprise that relies on Chinese market

It is not good in the bureaucrat etc.

There is anything only at such time.

Strategy PR power is tested.

The national strategy bureau ..figurehead.. doesn't pass.



The current world and antiwar, etc. are impossible.

To man even if you decorate the justice

It comes to get to know me of the huge evil in that.

It is "Human destiny. "

The war is not lost as long as there are I and others of evil.

Dr. [zairasu] meant science fiction film "Battle For The Planet Of The Apes" so.




Though the United States holds the external debt of four quadrillion yen or more

The country is maintained.

Being able to use the military expense of 50 trillion yen a year also

It is because there is Anglo-Saxon's enormous property in backing.

The tron that Japan developed with the trade barrier

It makes to the import prohibition, and it is made use of.

It succeeded in making of Windows a business.

Bill Gates is ..five trillion.. ..yen.. nearby personal asset.

It can be said a so to speak national strategy.

The Steve Jobs is also the same.

There is in swarms such a person the feature of the United States.




Japan today uses Treaty of Mutual Cooperation and Security between Japan and the United States of America.

The road is only in taking the countermeasure.

日本の核武装と理論武装

執筆中

相撲の醍醐味とは?

体力も地力もある相手に小さな力士が、死闘の末負かしてしまうサプライズがストレス発散に繋がる。横綱があたり前に勝っても感動もなにもあったものではありません。いろいろな問題で白鵬も絡んでいた経緯もあり連勝記録は有力力士が姿を消した今は、参考にはならないんではないでしょうか。

交渉人出でよ。

尖閣諸島や船長拘留問題で向こうの温和な首相も背中を押され、日本への強硬姿勢は止まることをしりません。民間人出身の丹波中国大使も交渉の期待できない。官さんには?こういう時のための対策も見当たらない。

郵便物不正事件の起因を検証する。

村木さんが郵便不正問題で無罪になり、検察への信頼は崩壊。事の発端は広告代理店の博報堂、朝日の系列である朝日広告社など-が、商用ダイレクトメールで障害者郵便物割り引き制度を提案したのがはじまりでした。朝日新聞は自虐的な報道で公表せざるを得なくなり、官庁にまでおよんでしまったというわけです。この事件が、検察の崩壊につながると一体誰が予想したでしょうか。

始まった中国の報復への対抗措置。

親中派の方々も思っているはず。

一党独裁政権との交流にはやはり無理があったと。

戦前は中国での国民党との戦いではありましたが、

共産党とは対峙しておらず、

対日プロパガンダはいわばスケープゴートの一環。

今回の船長拘留を逆手にとって対日圧力とは、

あまりにもセコ過ぎます。


大物の指導者がいないことを

内外にしめしているようなものです。

そういう国に弱みを握られ、

脅しをかけられる。

いまの日本には影響力のある人物は見当たりません。

中国市場をあてにしている企業トップ、

官僚などではダメです。

こういう時こそなんでもありの

戦略PR力が試されます。

国家戦略局はお飾りに過ぎません。


今の世の中、不戦などはありえない。

人間には正義を飾ろうとしても、

その中には巨悪の自分を知るようになります。

それが「人間の運命」。

悪の自分と他人がいる限り戦争はなくならない。

SF映画「猿の惑星」でも、ザイラス博士がそういいました。


米国は4000兆円以上の対外債務をかかえながらも、

国を維持しています。

年間50兆円もの軍事費を使えるのも、

バックにはアングロサクソンの莫大な資産があるからです。

日本の開発したトロンを貿易障壁ということで、

輸入禁止にし、それを逆手にとって

ウインドウズの商用化に成功した、

ビル・ゲイツ氏は5兆円近くの個人資産。

いわば国家的な戦略とも言えます。

スティーヴ・ジョブズ氏も同じ。

そういう人がうようよいるというのも米国の特徴。


いまの日本は安保条約を利用して、

対抗措置をとるしか道はありません。


前原外相がんばれ。。。

大物オーラで印象度を上げる法シリーズ。~1~「低い声」

大物に成れる又は大物と称される人には

共通したものがあります。


その人の何気ない印象、

仕草は人々に人間性や人間関係、

人間観を与え固定した先入観を決定付けます。

意識的に自分を変えていくと

無意識に思い込みが派生し、

適正な自己実現につながるものと思ってください。

身近な事例で検証していきます。


◆低い声は大物感がある。


声が高いと一般的には、

落ち着きがなく、信頼性に欠け、

相手に不安を与えます。

心に余裕がなくなったり、

切羽詰まったり、

追い込まれると、

必然的に声が高くなるのです。

かの鉄の女サッチャー英国首相は、

ボイストレーニングを重ね、

声を低くしていたそうです。

そういえば大物感が漂っていましたよね。

フォークランド紛争でも果敢に陣頭指揮をとり、

英国民を震え上がらさせました。

土光敏夫元経団連会長、

中曽根康弘元首相、

ヘンリー・キッシンジャー氏も低い声でした。

昭和天皇は低音のなかにも品位があり、

何とも言えない響きがありました。

低い声は、包容力と安らぎと

全幅の信頼性を人々に与えます。

そう言えばなんとなく凄いことを、

言っている気がしてくるものです。


死を前にして上ずらない覚悟の声。


kuraさんには無理か・・・・・。^0^


大物講座/中丸 謙一朗
¥1,575
Amazon.co.jp








最悪シナリオを描けない日本。

左翼政権は親中だから今回はだんまりを決め込む可能性は高いですね。

信ずる者は救われない国

執筆中

地検特捜部審査会創設の提案

この度の不祥事は氷山の一角か。

偽装正義の末期症状

執筆中

戦略PRの果たす役目

時代を動かす、

物を売る、

企業を動かす、

世論を形成する、

社会を動かす、

政治を動かす、

人心を動かす、

口コミメディア、

マスメディアを動かす。。。


戦略PRは、

広報という狭い世界ではなく、

歴史のバックボーンをつくるという、

裏方の仕事(コンサルティング)です。

教科書やマニュアルにはない現実との対峙。



日本では戦略なき国家像が、

独り歩きしていますが、

コアがない。。。。。



世界一シンプルな戦略の本/長沢 朋哉
¥1,470
Amazon.co.jp

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)/三枝 匡
¥680
Amazon.co.jp

戦略「脳」を鍛える/御立 尚資
¥1,680
Amazon.co.jp

戦略立案ハンドブック (Best solution)/デービッド・A. アーカー
¥3,990
Amazon.co.jp






特捜部の解体

執筆中

あえて立花隆氏の功罪を問う

雑誌記者時代、田中金脈で名を馳せた立花氏のバックに潜むものとは?