Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2010年10月の記事

平塚競輪で九億円の最高配当

凄いですね。200円が900000000円に。宝くじでも三億円、LOTO6で四億円、TOTOで六億円。私は競輪はやりませんが、主催者側にとってはいい宣伝にはなるでしょう。日本人は賭けるのが得意?

JAL黒字決算のカラクリ

日本航空は民間企業といえども、最近までは政府が株をもっていたいわばナショナルフラッグ。会社更生法適用とはいえ、銀行に債権放棄を九割近くやってもらい、不必要なリストラをやり、体面を重視する手法は、ぬるま湯体質からぬけだせない官公庁のようなもの。来年3月で黒字予想とは正に銀行との組織ぐるみ。そのうち税金に転化されるのでしょう。庶民にも債権放棄なんとかならないものでしょうか。

いまだにマスコミの記事を信じている方たちへ。

新聞社といえども民間の営利を追求する一企業です。

すべての記事が正しいとか、良識の本丸だとか、

いまだに新聞を信じている人は多い。

TVも雑誌もラジオも新聞もマスコミ媒体としての、

既得権益を永年所持している訳ですが、

今後はそういうことも難しい。


朝日新聞が、検察のFD改ざんスクープで賞を頂いたそうですが、

そもそも郵便不正事件は、

朝日新聞の子会社である広告会社が当初から絡んでいたわけで、

スクープを出せるのは当たり前の状況にあったことは、

排除できません。


新聞広告もTV広告も雑誌広告もラジオも、

氷河期を迎えています。

良識ある記事もありますが、その逆も多く存在します。


つづく。



横浜ベイスターズ買収劇

買い手の信念がファンとかけ離れていると、

どこかの知事さんがおっしゃいましたが、

巨人と阪神以外が赤字となっている斜陽の球界で、

助っ人が現れたから良しとしたらいいのでは。

オーナーは球団を持てば、考え方も変わるはずです。

お役人は、余計なことはあまり言わないほうが、

いいのではないかと思いますね。



マル秘:リストラされないための鬼10か条。

人事部、総務部の方は拝読禁止です。

( お怪我なさりませぬよう・・・。)

一、各メディアでの投稿魔であることを周りに印象づけること。

人事部ははれ物には手をつけたがりません。

二、社外人脈の形成、社外プロジェクトへの積極的な参加で、

実績がなくても外れては困ると言われるようにする。

サラリーマンは人脈が命です。社内より社外です。

三、派閥には入らない。一匹オオカミに徹すること。

たとえば一時的に飛ぶ鳥を落とす勢いのある派閥に、

はいってもそう長くはもたず、

失脚という憂き目あう可能性は大。


四、自分の底は絶対に見せてはいけない。足元を見られ、

悪用されることもあるからです。


五、人事・総務担当者の癖を読み、弱みを握っておく。

常に情報のアンテナをはっておいてください。


六、法令遵守は企業の隠れ蓑に過ぎないことを知っておくべし。

会社の問題点や裏の要素を握っておく。

コンプライアンスは個人には不利。

内部告発をやっても誰も助けてはくれない。


七、自分の評判を外部から流し、只者ではないことを偽装する。

力があればうまくプロパガンダをする。


八、クライアントや他の業界から一目おかれるよう日々自己研鑽のこと。


九、やられたら相手と相撃ち覚悟でやり返す。


十、己の信念を貫くべし。

サラリーマン「痛み」に勝つ十か条 (小学館文庫)/森永 卓郎
¥500
Amazon.co.jp


電通「鬼十則」 (PHP文庫)/植田 正也
¥520
Amazon.co.jp


電通「鬼十則」―広告の鬼・吉田秀雄からのメッセージ/植田 正也
¥1,575
Amazon.co.jp



日本の小説は何故つまらないかを検証。

執筆中

18禁と20禁クイズ

18歳未満お断りと20未満お断りのクイズです。

18か20でお答えください。



1)成人映画


2)お酒


3)煙草


4)車の免許


5)婚姻届


6)年金納付


7)R指定


8)居酒屋


9)選挙権


10)被選挙権






電通の行方

こういう記事を書くと仕事が来なくなり、

村八分にされたのは今は昔。


今世紀に入って成田さんがCEOになり、

上場を果たし、汐留に本社ビルを建設、

売り上げ二兆円を達成したのも記憶に新しいですね。

TVCMの売り上げが半分を占める経営構造に加え、

売りあげ至上主義で、邁進した成田体制。

その後も彼の分身がポストを占め、

旧態依然のビジネスモデルが

崩落寸前に追い込まれています。

ネット社会でのビジネスの取り組みを怠っていたせいで、

ここ何年かは凋落の一途。

アルバイトや契約社員は打ち切られ、

弱小制作会社、代理店参加のコンペにも参画してくる昨今。

業界内では弱いものいじめと評判です。

TV広告媒体の効果の疑念が企業では

当たり前となっており、

この先回復するとは思えません。

そういえば私が昔在籍した、

下町の広告代理店の行方も気になります。

崩壊する新聞―新聞狂時代の終わり (新聞販売黒書)/黒薮 哲哉
¥1,785
Amazon.co.jp


マルチメディア社会 広告の時代の終わり/湯沢 明
¥1,631
Amazon.co.jp


お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks)/小屋 知幸
¥1,000
Amazon.co.jp
電通の正体―マスコミ最大のタブー/『週刊金曜日』取材班
¥1,260
Amazon.co.jp


電通「鬼十則」 (PHP文庫)/植田 正也
¥520
Amazon.co.jp




境界性パーソナリティ

執筆中。  


キンモクセイ

今日は早朝から現地です。キンモクセイの薫りが爽快。

チリ救出劇早くもハリウッドで映画化決定!

先日のチリの救出で、

最後に生還したリーダー的存在の

ルイス・ウルスアさん役に

ハリソン・フォードさんが有力視。

もう二ヶ月経ってるので、

脚本は出来ていると同じですね。

軌跡と苦悩と希望の映画となるでしょう。

しかし、みなさんよくがんばりましたよね。

母音の響きによる姓名判断<KURAさんオリジナル>

端から聞こえてくる名前の母音からうける感じかたには、

ある一定の法則があります。

日頃はあまり意識していないかもしれませんが。

音感と読み(アルファベット)のいずれも同じです。

人間関係、社会、企業間のシナジー効果にも影響してきます。

これと九星占術があればばっちりあたります。



★各母音のイメージ

●「あ」
先取的、活動的、先導的、活発、賑やか、リーダー、赤、ポジティブ。

●「い」
細心、真面目、悩み事、沈殿、深海、理屈っぽい、執念、消極的、ナンバー2

●「う」
癒し系、抱擁、優しい、甘え、聞き分けがよい、親身になる、調整、仲介。

●「え」
戦略家、理路整然、計算高い、策士、参謀役、冷酷

●「お」
総合力、親分肌、おおらか、大海、勝負師、まとめ役


あなたの身の回りの名前を

アルファベット(ローマ字)で記してみてください。

目に見えない力関係が見えてくるはず。

(一例)


徳川家康
tokugawa ieyasu



※母音のあいうえおがすべて入ってますね。

バランスの取れた良い例。

坂本龍馬
sakamoto ryoma


※母音が「あ」と「お」の二つしかなく、

勝ち気と猛進が勝り、緻密さと策士的、

理路整然としたものにややかけて、

意外にも敵が内外にいて裏切りも多く、

脇も甘かったことが暗殺に

繋がったのかもしれません。

名前からのイメージですが。

五音占い―名前の母音で知る、究極の「相性占い」/麻生 祐可
¥1,200
Amazon.co.jp


血液型と母音と性格/浅尾 哲朗
¥1,680
Amazon.co.jp



あばかれる検察審査会のベール

組織としての実態がつかめない検察審査会。糾弾すべきですよね。

素朴な疑問シリーズ(5)職業=会社員は間違い?

よくアンケートなどでご職業は?と聞かれると「会社員」と良く聞きますが。

宇多田ヒカルさんが世界で受けない理由。

個人的には母親の演歌のファンでした。ヒカル君も同じく応援していますが、米国でデビューを果たしてもなかなかヒットしない苛立ちはたしかにあります。マドンナのようにブレイクして欲しいのですが。一つの提案として。

若者に蔓延る「新型うつ病」克服の方法

うつというのは誰しもが持っている、

心の悩みと葛藤の産物。

たしかにお薬で懸命に治そうとがんばっている方も

多くお見受けいたします。

一番起因する要素はやはり人間関係。

そして自分と社会、建前と本音の使い分け。

人間の社会生活に一定のルールや法律があるのは、

そうでもしない限り、無法地帯になってしまうからです。

誰しも本能的に物事を遂行しようとすれば、

社会や常識は成り立たない。

そのなかで自分の保身や成功志向を得ようとすると、

必ず負荷がかかります。

誰よりも人に良く評価されたい、

出世したい、

出し抜けをはかり先頭に立ちたい、

一目を置かれたい、

上司に気に入られたい、

そういった企業や職場、社会での過剰意識が

うつになる大きな起因と思います。

いまチリでの落盤事故で二ヶ月あまりにおける、

救出劇をみていますが、

あの彼らの明るさはいったいなんだろう、

と思いますね。うつとは無縁のイメージ。

でも実際は各個人ご家族とも救出されるまでは、

やりきれなかったっんじゃないでしょうか。


日本人はとかく勤勉、まじめ、内向的、

親切といわれています。

しかし、戦いは好まない?

いいえ逆です。。。

大和朝廷、源平合戦、戦国時代という

日本の歴史の流れをみていても、

感じませんか?

列強諸国がルネッサンス時代前後に

大航海を行っている折、日本では多くの城と武将、

軍隊がいるという印象を受けたのではないでしょうか。

これほどの好戦的な民族を制することは不可能。

宣教師をスパイ的に使ってもらちがあかない。

ヘンリー・キッシンジャーさんもおっしゃっていらっしゃいました。

世界で一番好戦的な民族は日本だと。。。


私たちはそういうDNAをもっているわけです。


歴史を鳥瞰し、

自分の立ち居地や周りのおかしさを、

あざ笑うくらいの気持ちの余裕をもつ。

周りや人の評価などいちいち気にしていていたら、

馬鹿をみるだけです。

自分は自分、他人は他人と突き放して見ましょう。

そうすると気持ちが軽くなり、

うつなど消えてなくなります。


少し楽天的すぎるかな?


正義感のみのPR広報は脆弱

物事には裏と表があります。

その裏と表を客観化し、

良くかみ砕いて方向性を定めていく。

善悪のけじめはは双方の言い分や状況により、

変わってきます。

絶対的な善、絶対的な悪というものはあるのかどうか。

まさにカオス。

ですからPRには戦略(アイデンティティ)が必要なのです。




あまりお金をかけずに時間つぶし出来るお奨め銀座エリア。

銀座歴30年。

広告代理店にご奉公(?)し始めたころからですね。

銀座WINSが出来る前は、

近くに居酒屋やパチンコ店、

画廊、古書、老舗の店舗。


●今でも変わらないお店


銀座和光、松屋、松坂屋、

ホテルダイエー、和光、

三越(最近経営統合と改装)、

日産ギャラリー、三愛、ソニー、日動画廊、

不二家、天賞堂、伊東屋、越後屋、

ライオン、福原書店、博品館、天国、

キリンシティ、メルサ、ニューメルサ、

画廊。



●新しく変わった(参入)店舗


都銀、アップルストア、

マツモトキヨシ

(西東京市にマツモトツヨシとい

うラーメン店がありますが。余談)、

吉野屋、ユニクロ、外資系ブランド店多数、

INZ(西銀座デパート)も名称が変わったかな。。。

途中でマリオンができて、阪急と西武が。

西武は撤退。

ビックカメラ、ヤマダ電機、

東京国際フォーラム、

丸の内街、八重洲街、東京駅エリア。


●あまりお金をかけずに時間つぶし出来る銀座エリア。


「播磨屋」というおせんべい屋さんが、

四丁目の三原橋付近で参入。

コーヒーは無料。おかき代200円。

当初はおかきも無料だったんですけれどね。


「国際フォーラムエリア」では

いくらでも時間つぶしできますよ。

特に営業の方。


「さくら水産」ではお昼はお腹がいっぱいに。


「三州屋」は通しで楽しめます。


「無印良品」では落ち着きますよ。


「ビックカメラ」は元読売会館。


「交通会館の三省堂」は待ち合わせには最適。


「伊東屋」ものんびり出来ます。


「日動画廊」ではオーナー気分でゆったりと。

フロックではない新サッカー全日本

新しい監督を迎え心機一転の全日本。

ワールドカップでのベスト16は、

伊達では無かったようですね。

アルゼンチン戦で勝利しても、

おごらず前向きに進む。

韓国戦も負けない。

体力もそうですが、

精神的心理的なスポーツの要素も、

意識しはじめた全日本。

ご健闘を祈ります。


世界は日本サッカーをどう報じたか 「日本がサッカーの国になった日」 (ベスト新書)/木崎 伸也
¥760
Amazon.co.jp

サッカー日本代表 2011年 カレンダー/著者不明
¥2,310
Amazon.co.jp

チリの救出大作戦

二ヶ月も大変でしたね。

普通だったら何日かで精神的にも体力的にも

限界が・・・・。

ポジティブな考え方や感性も味方して、

そのうえ陽気さも手伝い、

頑丈な人間力には頭が下がります。

前代未聞の救出成功祈ります・・・・。


B22 地球の歩き方 アルゼンチン/チリ 2010~2011/地球の歩き方編集室
¥2,100
Amazon.co.jp

人生の散り際

人には人生の分岐点や再起動、敗者復活と、

それぞれあると思いますが、

思うようにいかないのがほとんどでしょう。

この不況のなか(好況という方もおられますが)、

中小企業や自営業はやりくりが大変なはず。

お金もなかなか動かないし、予算は絞るだけ絞っても、

純益があがらない。

やむを得ず人件費や広告予算を、

真っ先に削減して乗り切ろうとするのが自然。

家庭崩壊、自己破産、夜逃げ、離婚、婚約解消、自殺・・・。

選択肢はマイナス方向へと進みます。

永田町界隈では年俸4000万円以上もの国会議員や

高収入の官僚の群れが国の税金を湯水のごとく、

使っており、国家が滅んでも自己保身と体裁だけで、

人生をまっとうしようとしております。

菅政権はますますレームダック状態となり、

日本経済も世界で最大の債務国

(対外累積額4000兆円以上)である米国の

株価の異常な釣り上がりに押されています。

ダウジョーンズの優良株30社だけの平均株価

ですからあてにはできません。

経済対策も5兆円規模という子供だましの額では、

なんの効果もないでしょう。

庶民の暮らしは防衛一本にすすみます。

物事のけじめや散り際は人それぞれでしょうけれども、

検察の事件でも見られるように、

正義もだれも信じられなくなる時代です。

結局は自分で判断するしかないのでしょうね。

アイデンティティの心理学 (講談社現代新書)/鑪 幹八郎
¥735
Amazon.co.jp

ありのままの自分―アイデンティティの常識を超える (お釈迦さまが教えたこと)/アルボムッレ スマナサーラ
¥1,500
Amazon.co.jp

死ぬな、生きろ。―アイデンティティ・クライシス/山川 健一
¥1,470
Amazon.co.jp

差異―アイデンティティと文化の政治学 (サピエンティア)/ミシェル ヴィヴィオルカ
¥3,150
Amazon.co.jp

身体とアイデンティティ・トラブル/金井 淑子
¥2,520
Amazon.co.jp


日本のエンターテイメントが危ない。

執筆中

ブログは堅固なメディア

七年前livedoorが日本ではじめてブログサービスを開始。

アメーバブログもその後開始。

堀江氏の関連ですったもんだした末、

ようやく個人メディアとしての存在感を持つにいたり、

マスメディアの監視と権力の監視役も果たせるようになりました。


私はブログがメディアとして成長していく過程を追っていきます。

アメーバブログではじめるこだわりブログ (Ameba公式ガイド)/ブログメディア研究グループ
¥1,764
Amazon.co.jp

ブログ 世界を変える個人メディア/ダン・ギルモア
¥2,205
Amazon.co.jp

メディアの責任 (言論ブログ・ブックレット)/認定NPO法人 言論NPO
¥735
Amazon.co.jp

ブログ・ジャーナリズム―300万人のメディア/湯川 鶴章
¥1,575
Amazon.co.jp

日本型メディアシステムの興亡―瓦版からブログまで (叢書・現代社会のフロンティア)/柴山 哲也
¥3,150
Amazon.co.jp


中国民主化運動加速か。

オバマ氏のノーベル平和賞には首をかしげましたが、

今年の場合は納得。

実績と強い信念と共感。

一党独裁政権はやはり良くないですよね。

共産党王朝の失墜が見えるようです。

本当にヤバイ!中国経済―バブル崩壊の先に潜む双頭の蛇/三橋 貴明
¥1,500
Amazon.co.jp

やがて中国の崩壊がはじまる/ゴードン チャン
¥1,785
Amazon.co.jp

中国大崩壊―世界恐慌のシナリオ/柘植 久慶
¥1,575
Amazon.co.jp

マンガ中国崩壊 (ゴマ文庫)/波多野 秀行
¥680
Amazon.co.jp

そして中国の崩壊が始まる (マンガ 入門シリーズ)/井沢 元彦
¥1,500
Amazon.co.jp

中国の崩壊が始まった! (WAC BUNKO)/日下 公人
¥980
Amazon.co.jp

自己流和製英語のすすめ

what town see one

jet cut lee you

one say eight gone nown

saw saw main.



大量ワイン埋蔵の外務省

ワインが好きな私には、

開いた口がふさがりません。

外務省の掟―徹底検証!外務省なんていらない (One Plus Book)/長谷川 慶太郎
¥1,260
Amazon.co.jp

お笑い外務省機密情報/テリー伊藤
¥1,365
Amazon.co.jp

外務省「失敗」の本質 (講談社現代新書)/今里 義和
¥756
Amazon.co.jp

外務省の知らない世界の“素顔”/笹川 陽平
¥1,100
Amazon.co.jp

絶えない公金横領事件

郵便局、銀行、信用金庫、国税局、

特殊法人、高速道路、広告代理店・・・・。


困ったものです。。。。


世界を敵に回す中国の横暴

執筆中

祝!ノーベル平和賞

天安門事件で逮捕された中国反体制活動家、作家がノーベル平和賞に。続く

高すぎる日本の国会議員の報酬額

月々300万円、年間4000万円。米国ですら年間1700万円、ヨーロッパは1000万円。続く