Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2011年08月の記事

急ピッチで再開発が進む海岸・汐留界隈。

東新橋、

汐留サイト、

海岸の建設ラッシュが進んでいます。


電通、日本テレビ、リクルート、

共同通信、資生堂、ヤクルト、WINS汐留、

パナソニック、ANA、ハウステンボス、

富士通、野村総合研究所、などなど・・・。

東電も新橋駅の反対側にあります。

引っ越してくる人も多く、

浜松町にかけて、

マンションも多く建ち並びます。

お奨めは、

浜離宮公園、

カレッタ汐留、

シティセンタ-、

日テレのイベント、

イタリア街の飲食店、

ブラっと散策もいいですよ。。。


汐留・台場・豊洲 上等なランチ/イデアビレッジ
¥1,575
Amazon.co.jp


散歩の達人 2006年 11月号 [雑誌]/著者不明
¥580
Amazon.co.jp

お台場―汐留・舞浜 (’04) (マップルマガジン―関東 (132))/著者不明
¥780
Amazon.co.jp

ちびHanako excellent銀座・汐留・丸の内328軒 (Magazine House.../著者不明
¥950
Amazon.co.jp

新・都市論TOKYO (集英社新書 426B)/隈 研吾
¥756
Amazon.co.jp

彩色絵はがき・古地図から眺める東京今昔散歩 (中経の文庫)/原島 広至
¥690
Amazon.co.jp


バイデン米副大統領訪日の真の目的

アジア歴訪の途中で日本に立ち寄るという事ですが、

単に震災や米軍の関連で来るのではなく、

国内事情の影響が大きいのではないかと思われます。

公的な会見ではおくびにも出さないと考えますが、

債務不履行ギリギリの今、

連邦政府として何が一番重要かというと、

やはり還流マネーでいかに自国の財政悪化に、

歯止めを掛けるかということ。

政府の累積赤字額は1000兆円強どころではなく、

その何倍もあるという話も聞きます。

定かではないにしろ、

行き場を失った施策の前後で判断すれば、

うなずけます。

日本の政権などはどうでもよく、

年次改革要望書通りに事を進めさせるための来日。

郵政資金380兆円は日本国民の汗と涙の虎の子。

想像ですが、

それを還流または差し出させようとする動きを感じます。

これから水面下で激しい攻防が展開するでしょう。

建築基準法の規制緩和、派遣労働法の規制緩和、

法科大学院の設置(弁護士の自由化を目論む)、

などそれらはすべて年次改革要望書として、

呑まざるを得ない状況だったのでしょう。

郵政資金はすでに小泉政権下で、

ブッシュ政権への献上の約束をしたようなもので、

いまさら引き返すことができない状況に

なってしまったのかどうか、

マスコミは真のジャーナリズムを唱うのなら、

はっきりと状況を公表すべきです。



只今ブログトーナメント参加中

左記お気に入りの記事にご投票お願いします。

広島原爆記事トーナメント結果

http://localwest.blogmura.com/tmt_rankall348.html


世界的な富の格差と差別の増殖

米国では全世帯の二割にのぼる6200万世帯が、

貯蓄無し・借金の増加で苦しんでいるという。

ニューヨーク州では300万人が、

食事の給付を余儀なくされているという。

州の半数近くが失業率がアップしているという。

それに反して、

大企業や富める側の税負担やキャピタルゲイン税が、

減少して、その富の財産額は100兆ドルに迫る勢い。

ますます持てる層と持たざる層の格差は広がるばかり。

イギリスの暴動にしても大元の原因は、

経済環境にあり、人種的な差別も加わり、

対立の激化は避けては通れないでしょう。

オバマ氏はこのまま何もしないで任期を終えるのか。

考えたくもないですが、世界に戦争を巻き起こして、

起死回生策を狙っているのか。。。

注視していきましょう。


加藤茶氏の45歳年下美人写真

可愛くて綺麗な人ですね。

ちょっと現実離れした目元が気になりますが。


ひょっとしてお遊び気分でCG?・・・。


そうだとしても許せますね。^0^



公的機関での記事外注

まんべくんに限らず、委託業者への管理がお粗末だと後々問題が必ず起こるという前列を作ってしまいましたね。公的機関が個人メディアであるツイッターを使うこと自体問題かなとも思います。発信は職員が自ら行い、外注は極力やらないのが一番。公平さと中立と建設的な提言でしたら、誰も文句は言えない。

今日のブログ村

kuraさんのランキング(本日)
■総合
 └46948位/554607サイト
■地域生活(街) 東京
 └199位/4757サイト
■銀座情報
 └8位/88サイト
■政治
 └459位/3103サイト
■リベラル
 └1位/20サイト
■ニュース
 └324位/5496サイト
■時事ニュース
 └89位/1222サイト

※勝ち抜き戦記事トーナメントに参加しています。

幸四郎の不祥事

トラブルに巻き込まれたかトラブルを起こしたのかわかりませんが、お客さん相手の口論は子供レベル。一応JRAの顔なのですから、プライベートでも品行方正でお願いしたいですね。ファンの信頼のためにも。

なでしこ国民栄誉賞と魁皇

素直におめでとうと言いたいですね。

大事なのは今後のこと。

9月からまた試練が始まります。

また勇気と希望をお与えください。

アウディが22台3年間リースで贈られたそうですが、

日本車も選択肢はなかったのかなと。。。

リースではなくあげればよかったなのかと。。。


個人的には魁皇関にもあげたかった。。。


完全燃焼: 大関魁皇1047勝の軌跡/著者不明
¥1,000
Amazon.co.jp

怪力―魁皇博之自伝/魁皇 博之
¥1,575
Amazon.co.jp

大相撲力士名鑑〈平成22年度〉/著者不明
¥1,000
Amazon.co.jp

PRのマスコミ提灯持ち体質

広告・マーケティングは一昔前の販促の手法ですが、

今の時代においてその立ち位置は、

どれほどのものなのでしょうか。

企業の売り込みには広告と誰もがイメージしますが、

その費用対効果は未知数。

販促のためにあるPRをいかにも、

社会性のあるようなもの言いで、

おっしゃる方がおりますが、果たしてそうでしょうか。


PRもマスメディアの一部なので、

ブロガーは公平な視点で、それらを

診断・評価しなければいけません。


マスコミへの橋渡し的な業務であることを、

誇りとすることは責めはいたしませんが、

ジャーナリステックな主張は、

忘れてはいけません。。。


脱広告・超PR―広告を信じなくなった消費者を動かす「連鎖型」IMC/山田 まさる
¥1,680
Amazon.co.jp

テレビが飛びつくPR―予算9万円で国民的ブームを起こす方法/殿村 美樹
¥1,575
Amazon.co.jp

「戦略PR」の仕掛け方 (PHPビジネス新書)/玉木 剛
¥819
Amazon.co.jp

ウェブPR力 マスコミに頼らないPRとマーケティングの新ルール70/株式会社ニューズ・ツー・ユー
¥1,985
Amazon.co.jp

マスコミ業界のネットメディア不信と奢り

目下服役中のホリエモン氏が編み出した、

市民記者なる試みも、似非ジャーナリスト達の、

ピンハネ商法なるオーマイ・ニュースメディアの崩壊で、

頓挫した経緯があります。以前ツカサネット新聞なる試みも、

マスメディアから素人記者の未熟さだけが指摘され、

炎上させられてしまう有様・・・。

海の向こうでは個人メディアが主流なのに、

日本では御上に倣え志向がいまだ抜けきれず、

マスメディアが勝手に世論を作ろうとしているところに、

日本の危うさを感じます。

新聞媒体がもうすぐネット広告に抜かれるのは時間の問題。

時代への挑戦力を失ったマスメディアの往く着く先は・・・。

お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks)/小屋 知幸
¥1,000
Amazon.co.jp

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)/上杉 隆
¥777
Amazon.co.jp

衰退するジャーナリズム―岐路に立つマス・メディアの諸層 (叢書・現代社会のフロンティア)/福永 勝也
¥2,940
Amazon.co.jp

ジャーナリズムと権力 (SEKAISHISO SEMINAR)/著者不明
¥1,995
Amazon.co.jp

メディアの権力性 (ジャーナリズムの条件 3)/著者不明
¥2,625
Amazon.co.jp

インフルエンサーブロガーへの道。


萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD-SN3N0047.jpg


ブログのテーマごとに記事トーナメントがあります。

コラムの体当たり戦です。

予選第一戦から決勝戦まであるので、啓発されますよ。

既存のブログを登録して参加してみましょう。

新たな世界が見えて来るはずです。

文章も鍛えられます。。。


http://www.blogmura.com/profile/00424207.html


今日のブログ村


■総合
 └54041位/554252サイト
■地域生活(街) 東京
 └233位/4752サイト
■銀座情報
 └9位/88サイト
■政治
 └486位/3106サイト
■リベラル
 └1位/20サイト
■ニュース
 └354位/5495サイト
■時事ニュース
 └98位/1221サイト

日本のピンハネ文化

勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─/勝間 和代
¥1,575
Amazon.co.jp


図解 すっきりわかる利益の出し方 (知的生きかた文庫)/ビジネスリサーチ・ジャパン
¥630
Amazon.co.jp


利益を生み出す逆転発想/川合善大
¥1,470
Amazon.co.jp


利益思考/嶋田 毅
¥1,680
Amazon.co.jp


たとえば、


東電の日当が

10万円→

●8万円→

●6万円→

●4万円→

●2万円→

●8000円



電通の外注制作費が

1億円→

●7000万円→

●5000万円→

●3000万円→

●2000万円→

●800万円


要するに間に卸的な業者が入り、中抜きをする。

パーセンテージは似ていますね。

そういう私も経験があります。

末端にいくのは雀の涙です。

利益も出ないし給料も出ない。

現実は厳しい。






ドキドキする生理用品のCMは必要か。

サトエリくんといえばイ以前は、

イエローキャブの稼ぎ頭のようでしたが、

最近は生理用品のCMで目立つようになり、

なにもあそこまで表現しなくても・・・。

KURAさんからはドキドキして、

とても言えません。。。-0-


PERFECTNESS―佐藤江梨子写真集/ラルフ ジェリング
¥2,940
Amazon.co.jp



やはり違法だった極東軍事裁判

第五回 やはり違法だった極東軍事裁判

東京裁判は米国の都合による人民裁判で、相手が負けたのだから負けた側の戦争指導者を裁くことで、自国の世論を納得させるための装置だったと考えます。マッカーサー氏もこの裁判は間違いだったと明言されてますし、いくら戦争とはいえ、一般市民を無差別に抹殺した広島・長崎の原爆投下、東京を始めとする大都市絨毯爆撃は許しがたき行為です。サンフランシスコ講和条約において、原爆投下に関与した人物・機関は戦争を早く終わらせるための大義名分で不問とされ、不条理にも表彰される事態に。東條氏を始めとする彼らにとってのA級戦犯もこの時不問となったはずです。いま靖国参拝が色々内外から言われていますが、日本人ならプライドを全世界に向けて放つべきです。310万人の慰霊とともに。



It is thought that it was a device to consent the public opinion of the home country because the war leader on the side defeated because Tokyo war crimes tribunal is a people's court by the convenience of the United States, and the other party was defeated is judged. It is declared that this trial was a mistake in Mr. MacArthur, and the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki where the civilian was indiscriminately erased and the big city carpet bombings including Tokyo are inexcusable acts. even in spite of how much warIn Peace Treaty signed in San Francisco, the person and the organization that takes part in the atomic bombing are assumed pretermission by the just cause to end the war early, and : to the commended situation in irrationality. You had to have become pretermission also by the class-A war criminal for them including Tojo at this time. If it is Japanese, it is necessary to turn pride all over the world and to shoot it though the visit to Yasukuni Shrine is variously said from the inside and outside now. With the memorial of 3.1 million people.


http://my.opera.com/kurachan/blog/



まんべくんレベルの東電・霞ヶ関・永田町の面々

かいえだくんは泣き上手、

かんくんは逃げ上手・言い訳上手、

えだのくんは、はぐらかし上手、

さつきくんはまだいたの?、

はとぽっぽくんはまめでっぽう喰らえ好き、

おざわくんは張り子の虎上手、

せんごくくんは内ゲバ好き、

いしいくんはゴルフ好き、

れんほうくんはいじめ上手、

おかだくんは優柔不断上手、

にしやまくんは愛人優先、

しみずくんは老後好き、

とうでんかいちょうくんは開き直り上手、

おざわちるどれんくんたちは俺たちに明日はない組、

みんしゅとうくんは時代がよめない集まり組、

わたなべこうぞうくんはげんぱつ好き。。。








雑学力が人間的魅力を作る理由。

人生順風満帆、

規定通りの人生路線、

羽目を外さず、真面目にコツコツ、

無駄な事は一切やらず、

損をする事は死んでもやらない、

自腹でやるのがきらいで全部会社の領収書、

家と仕事場は脇道を避けて直帰の毎日。

常識的には、

そういう生き方が普通なのかもしれません。

余計なことは一切やらず、

定年後は死ぬまで蓄えを計算しながら、

毎日を消化する・・・。

そういう考え方が普通なのかもしれません。

いまの若い方たちが果たしてそうならば、

将来、魅力的で雑学豊富な人になれるのかといえば、

はっきり言って難しい。

出来ないなら、そう言う人の世界を覗いてみるのも、

いいかもしれません。


たまにはKURAさんの「萌ゆるペン!」メルマガで

自分の殻を破りましょう。





GoogleがMotorola Mobilityを買収。

Googleが端末携帯市場に参入。

モトローラ社と言えば、

かつてはMAC PCのCPUとも

言われる存在でした。

そのMACはOS10となり、

今やインテルも採用される時代。

Googleの端末アプリケーションはアンドロイドで、

アップルを抜きナンバーワンに。

大幅な特許の取得で、

アップルからの攻勢も少しは和らぐか。





日本初Windows Phone登場、Apple iOSは第三の勢力になる。


腐っても(?)Windowsアプリは強し。

MACのアプリは依然1割、

WINDOWSはいまだに過去の貯金がものを言うようで、

この経済環境の不透明のなか、

一般企業では新たなOS環境への乗り換えは難しい。

スマートフォン市場が騒がしいですが、

マーケットはつぶし合いの様相です。

仕事に使うのでも、マジョリティなシーンでなければ、

相互関係はスムーズに行かない。

個人使用では、

iPhoneとかiPadとかも良いけれど。

PCも携帯も同じ環境であった方が使いやすし、

ストレスも生まれない。

日本初Windows Phone 7.5搭載、

防水防塵スマートフォン。

2013年には、

iPhoneの先行有利性も影が出てきて、

Andoroidがiphoneを抜き去り、

Windows PhoneもiPhoneを抜き去り、

Apple iOSは第三の勢力になる模様です。

windows phoneはNOKIAとの提携で、

今後弾みをつけて行くようです。



お知らせ:アメンバー及び読者の方々へ。

諸般の事情により、しばらくの間

アメンバー受付・読者の欄を外させていただきました。

何らかのご連絡事項がございましたら、

メッセージにてお願いいたします。

ご不便をおかけいたします。


KURA




Madona リハーサル&インタビュー風景

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=075HTnSq-88


http://www.youtube.com/watch?v=6MvWW3dHYCM&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=izofFzHOM0E&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=egQAs28MOlE&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=shoGmumfbcc&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=CmCIgYnoTH4&feature=related



萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD









◆No.28「萌ゆるペン!」

◆No.28「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)潮流戯画手帖(世界の流れ)
「Googleとアップルのせめぎ合い」

2)ドリームステイタス応用編
「自己PR五つの測り方」

3)世相を斬る(自由コラム)
「まんべくんの品性」

4)サラブレッド歳時記
「札幌記念」

------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------


1)潮流戯画手帖(世界の流れ)


「Googleとアップルのせめぎ合い」


アップルが時価総額で一時
世界一になったらしいですね。
一人の出戻りCEOのアイデアのお陰で
売上高はマイクロソフトに迫る勢い。
かつてはビル・ゲイツ氏からの資金援助を
余儀なくされた日々を想いだします。
そういう私も以前は広告業界にいたので、
Macとの関わりは強かったですね。
ビジネスシーンならウィンドウズ、
クリエイティブシーンならMacと
棲み分けていたころが懐かしい。
ジョブズ氏一人のカリスマで破竹の勢いで、
販売利権の構築を強固にするも
世界的なソフトのシェアはあまり変わらない。
Googleの台頭にどう対処するか見ものです。



2)「ドリームステイタス(Dream Status)」応用編


___________________

■5つの自己PR採点
____________________


人は誰もが無意識のうちに

自らのオーラを発しています。

沈黙は金なりと言われていますが、

その場にいるだけでその人の器量が

解ってしまう場合もあります。

不況といえども上場企業には200兆円以上もの

莫大な内部留保金があります。

これには政府でも手をつけられない。

企業には優秀な人材を引き抜き、

お金には糸目をつけないポストが

数多くあります。

それだけ採用側にとっては、

のどから手が出るくらいできる人材がほしい。

未公開募集八割が常識の中、

自分を売りこむにも工夫が必要。

仕事でも恋愛でも転職・就職活動でも、

まず自分を正しく売ることは

生きていくための基本的な課題と

言えるでしょう。


1)顔の力


最初に相手に与える印象はまず顔です。

生まれつきの顔形は直せませんが、

自分の努力で張りのある健康的な肌艶に

高めることは出来ます。

努力しないと人相も悪くなり、

菅、野田、岡田、海江田、

などのような顔つきとなっていきます。

均整のとれた食事環境を心がけて、

健康管理に留意すれば、

顔は生き生きとして輝いてくるものです。

あと、心から自然に微笑が出るよう

心がける。不自然なにわか微笑は

逆効果を生みます。

出かける前には、

自分で毎日鏡に向かって

自然に微笑が出るよう研究する

余裕を持ちたいものです。

テンパってしまうとその人の足元が

暴露され、人物評価ばガタ落ちとなります。


2)眼の力


目は口より物を言います。

隠し事や策をこうじている目というのは

すぐわかります。

芸能人の方は顔立ちと目力があれば

大成する素地が整えます。

例えば、

深キョン、北川景子ちゃん、知花くららくん、

木優まおみ君、など

メイクの巧拙はあるけれども

目力はあります。

菅首相の目よく観てください。

いつも逃げ道を探し世を捨てた

目の弱さを感じるのは私だけ。

目というのは嘘がつけないように

なっているのです。


3)声の力


貴方はふだん高い声か低い声か

分かっていると思いますが、

印象からすると高い声を聞いた場合

ストレスを感じる方が多いと聞きます。

逆に低い声で話されると安心したり

ストレスは生まれない。

かの英国首相のサッチャーさんは

元々声が高かったそうで、

低い声になるようボイストレーニングに

励む努力をされたそうです。

救急車が来て大丈夫ですか、

と言われた時貴方はどちらの声が

落ち着きますか。


4)話味の力


例えば、いつも実務一本やりで

話題性に欠ける人は相手の方から

人間の幅や気品、

余裕度も見抜かれてしまいます。

常日頃から色々な専門分野、

趣味分野に造詣を深め、

先見性をもち、

自分のオリジナリティに磨きを

かけてください。

人を自分の懐に呼び込めるように

なるでしょう。

自分の専門性を高めることはもちろん、

政治、経済、音楽、絵画、

文学、スポーツまで、

旬な話題に目を通すぐらいのことは

必要です。それを極めれば

会話にゆとりができ、

ユーモアが生まれます。

このユーモアがないと

一流の自己PR人間とは言えません。

5)清潔の力

これは言わずもがなですね。


3)世相を斬る(自由コラム)


「まんべくんの品性」


ツイッターは
日本に定着しはじめて間もないSNSですが、
エジプトやイギリスなどでの暴動からみても、
市民の情報交換のシーンでは
その影響力は絶大のようです。
しかしながら、
使い方を一歩誤るととんでもないことに。
一日のつぶやき300回、
2ちゃんねるもどきの低俗な暴言・酷すぎる言葉遣い。
もっともツイッター自体が
2ちゃんねるの変形メディアとも言われてはおりますが。
公的な町役場がPR業務として嘱託していたことは、
大きな誤算でした。
そういうものに血税を使う事自体が問題。
実名と顔写真を公開して臨むべきでした。
本音を言えば、
確かにどうでも良い人のつぶやきを
300回も聞くのは疲れます。



4)サラブレッドダークホース歳時記

今週は札幌記念競走


被災地支援のために疾走してくれることに感謝いたしましょう。

WIN5が始まりました。100円でも推理力で勝ち取りましょう。

ご健闘を祈ります。

◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇
◆毎週金曜日発信します。KURAさんの視点から現代を読み解き、
よりよき未来への羅針盤となるべく、提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
萌ゆるペン!をよろしくおねがいします。
◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

----------------------------------------------------------------------
萌ゆるペン!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
----------------------------------------------------------------------

人類の悪徳に警鐘を促すDVD。

■「アビス特別版」
※高さ何千メートルもの津波。

■「地球の静止する日」
※人類がいなくなれば地球は救われる。

■「シン・レッドライン」※プライベート・ライアンとともにアカデミー賞にノミネートされる。互いに戦争をしなければならない不条理を問いかける作品。マドンナの最初の夫であるショーン・ペンの好演が光ります。

■「猿の惑星」「続猿の惑星」
※博士の最後の言葉が印象的。

■「惑星ソラリス」
※2001年宇宙の旅と肩をならべる深みのある作品。
■「ベン・ハー」
※キリスト役は後ろ姿か遠目。受苦者としての観点から観ると新たな感想がうまれます。

■「グラディエーター」
※為政者のありかたが問われる作品。

■「」

アメリカ新世紀プロジェクトと911

第四回 アメリカ新世紀プロジェクトと911

イラクのフセイン、ビンラディン排除、偽者暗殺の真相。後述

自由報道協会と記者クラブは同じ穴のムジナ。

第六回 自由報道協会と記者クラブは同じ穴のムジナ。

元NHK務めの上杉隆氏がジャーナリスト無期限休止したそうですが、彼はそんなにまでして影響力のあるフリーの記者だったのか疑問ですね。記者クラブが既存の利権集団なら、自由報道協会とて徒党を組めば同じような集団とたいして変わらない。要するに取材のための利権争い。フリーだって仕事は欲しい。ならば、徹底した一匹オオカミになって世に発信して行けば良いだけのこと。印税もある程度入り、隠居生活に興じるのがいいのかもですね。

Googleとアップルのせめぎ合い

第七回 Googleがアップルを買収する日。

アップルが時価総額で一時世界一になったらしいですね。一人の出戻りCEOのアイデアのお陰で売上高はマイクロソフトに迫る勢い。かつてはビル・ゲイツ氏からの資金援助を余儀なくされた日々を想いだします。そういう私も以前は広告業界にいたので、Macとの関わりは強かったですね。ビジネスシーンならウィンドウズ、クリエイティブシーンならMacと棲み分けていたころが懐かしい。ジョブズ氏一人のカリスマで破竹の勢いで、販売利権の構築を強固にするも世界的なソフトのシェアはあまり変わらない。Googleの台頭にどう対処するか見ものです。

ゆるキャラ「まんべくん」の品性

ツイッターは日本に定着しはじめて間もないSNSですが、エジプトやイギリスなどでの暴動からみても、市民の情報交換のシーンではその影響力は絶大のようです。しかしながら、使い方を一歩誤るととんでもないことに。一日のつぶやき300回、2ちゃんねるもどきの低俗な暴言・酷すぎる言葉遣い。もっともツイッター自体が2ちゃんねるの変形メディアとも言われてはおりますが。公的な町役場がPR業務として嘱託していたことは、大きな誤算でした。そういうものに血税を使う事自体が問題。実名と顔写真を公開して臨むべきでした。本音を言えば、確かにどうでも良い人のつぶやきを300回も聞くのは疲れます。

■真夏の素朴な疑問シリーズ~その三

第三回 火星人面岩と火星の青い空の謎

後述

■真夏の素朴な疑問シリーズ~その二

第二回 再生エネルギー利権の行方

後述
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。