Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2011年10月の記事

思考と行動に於ける言語的ファイブレターコード。

私の基本的バイブルであるハヤカワ氏とホランド氏の組み合わせで、新たなファイブ・レター・コードを構築中。当初はWebでの診断評価を基本にしていましたが、それを応用し、人間の言語による平和確立への物差しとなるべく、世の中全ての診断評価コードを提案したいと考えています。後述

二児の母マドンナの厳しい躾。

子供には携帯は一切ダメらしいですね。緊急用には必要とは思いますが。来春ニューアルバム出来るそうですが、楽しみです。世界ツアーはまだ噂の域を出ないのでわかりません。青写真の噂だけ。

Twitter、facebookを冷静に鳥瞰する。

twitterのユーザーが全世界で一億人、一日のログインが5000万人。日本でのユーザーは1000万人?facebookのユーザーはtwitterより多く、日本でも月500万人?世界のインターネット人口は20億人、日本は7000万人?

twitter、facebook、google+と簡易ブログたけなわの昨今、各陣営は付加価値の主張でしのぎを削りそうですが。数字的にみると、主流メディアにはまだほど遠い。

ティッシュ御曹司の行く末(追記版)

ラスベガスのカジノで大損害、政財界・芸能界での多彩な交遊関係、オーナー企業の特権…。100億円もの使途不明でもお構いなし?お金があれば誰でも陥る光景ですね。以前、会社更生法の適用を受けたこともあり、経営には影響がないと言われていますが、業界三位の座も危うくなるどころか再度の倒産の可能性は排除できないですね。

公開版!総務も震える究極のリストラ防衛戦略

総務関係の方はお控えを。




あくまで自己防衛のためですが、悪用は禁止。




弱い立場の方の視点から。




「目には目を歯には歯を」というスタンスはお忘れなく。








<おもな小見出しは>


・コンプライアンスの逆利用


・正しい内部告発を究める


・マスコミへのプレスリリース(投稿)の準備


・自社の不正・問題点を洗っておく


・他企業へのプロジェクトに参加


・真面目さにつけ込む総務を逆利用


・転んでもタダではおきないSNSを最大限利用・準備


・そのほか










今週のメルマガに掲載します。







スマートフォン観察日記

日記というのにはおこがましいのですが、電車のなかでの観察記。マスメディアやネットでiPhoneの話題で盛ん?アップル信者さんにとってはジョブズ氏命、Mac命とiPhone4S予約に余念がない。多分来年iPhone5がでたらまた買わされる。電車のなかでスマホを何に使っているか現地取材?隣の座席で目にするのですから不可抗力。覗き見ではありませぬ。(=^_^=)
大抵の方はネットサーフィン、メール読み、暇つぶしゲーム、写真やYouTubeながめ。iPadは画面が大きすぎるし、iPhoneはちと小さすぎるかなぁ。入力はやりづらそう。英文は良いかもしれませんが、日本語も片手で簡単に出来ればいいのですが。ブログや草案の元を作る私としては、スマホでも最低ギャラクシーくらいはあったほうが良さそう。バッテリーは当然12時間は連続で、は必須。実際はどう?アップルとアンドロイドどっちが使いやすい?仕事には使える?折り畳み式のスマホなんかない?ずいぶん勝手な要望かもしれないですが。

日本ブログ村

http://www.blogmura.com/profile/00424207_2.html



アメーバでもこういうのが欲しいですね。


増幅する世界的デモ。

「ウォール街を占拠しろ」から始まった世界的なデモの起因は今更言わなくてもお分かりかと思います。不公平な富の配分と不良債権をファンドするというウォール街の非常識。金融工学者は人民裁判とし、金融安定化を発明するまで許してはいけません。


秋華賞2011のキーワード

KURAさんは観戦だけですが、気になるキーワードは、ジャンヌ、ダーリン、イサベル、あたりでしょうか。

浦和レッズJ2へ快進撃。

J2もレベルアップしてるので、次回は一年でのJ1復帰は難しいのでは。今年降格したら二回目に。Jリーグのお荷物とも揶揄されていますが、経営状況はトップクラス。ほとんどが赤字経営なので、球団が弱くても見限るわけにはいかないでしょう。こんなことを書くと半端ではないサポーターの標的か。ただJ1もJ2もJリーグには変わらないのだし、落胆することはないです。日本サッカー界の底上げで存在感を示して欲しいですね。アジアのクラブチャンピオンですらJ2なのだから。

KURAさんのパソコン環境はF-15みたいなもの。

70年代の名物戦闘機もそろそろ引退か。出動のピークはブッシュパパ大統領下での湾岸戦争。日本も大枚をはたいて買わされた戦闘機ですが、かなり老朽化か。私のパソコン環境もかなり老朽化。ヒューレット・パッカードのノートブックXPを駆使するも、ソフトのバージョンアップに機械がついて行けない。ブラウザを最新のにしたいけれど、機種やオペレーティングシステムと噛み合わないか、不具合が頻繁に。OSが如何なる機種にも依存しないTRONを闇に葬ったスーパー301条なるものを恨みまする。

老朽化したF-15

そろそろ引退か。。。

日本の純国産機はいつのことか。。。

米国が許すはずはなく。。。





戦略PRはすべてに繋がる。

戦略PR?




単なる広告の一種?


販促での仕事?


広報の一部?


いえいえちがいます。




企業や地域社会への


ジャーナリスティックな視点で、


客観的に提案することが大事。


企業の用心棒では決してつとまらない。


使いようによっては、


世論形成の強い武器にもなります。


従来の広告はユーザーの立場からは意見できない。


そこに限界があります。


悪いたとえとしては、


戦争があります。


プロパガンダに上手く利用される危険も


あります。


ですから、世の中に影響力をつけ、


より良き未来の構築に、


鳥瞰しながら導いていく使命があるのです。


その牽引役が戦略PR。


毒をもって毒を征する役目もあります。




世界一シンプルな戦略の本/長沢 朋哉



¥1,470

Amazon.co.jp





すべては戦略からはじまる―会社をよくする戦略思考のフレームワーク/西口 貴憲

期待できない「国家戦略会議」

集まったところでおそらくTPP参加は断念するでしょう。

米韓が同一歩調をとろうとしている時に、

不参加はいただけません。

米国には逆らわない方が賢明。

ASEAN重視より、環太平洋に照準を合わせた方が、

賢明です。

国内での反対が気になり、判断も金縛り状態では、

米国の恨みをかわれても仕方がない。

国家戦略も存在しないのに、

形ばかりでなにもできない。



崖っぷちの広告業界

日本の広告業界で良く耳にする企業は?


電通、

博報堂(博報堂・読売広告社・大広の合併)、

ADK(旭通信社・第一企画の合併)

と上位三社がイメージされると思います。


俗に言う広告界のビッグ3。

一時は年間の広告費は7兆円まで行きましたが、

いまでは6兆円を割っています。

4マス媒体は悲惨そのもの。

新聞も年々減少し、1兆円以上あったものが、

今では7,000億円を割り、

インターネット広告費に追い抜かれる始末。

テレビ広告費も2兆円以上が年々減少傾向に。

要するに従来の広告代理業のビジネスモデルが、

インターネット社会の成熟志向に

付いていけなくなった。

広告を不特定多数にばらまく手法は、

消費者には飽きられており、企業もおいそれとは、

出稿はできない。

なぜなら効果が不透明で未知数だから。

KURAさんが以前しきりに戦略PRを唱うとよく、

冷笑されたりもしましたが、あながち、

バカにした物ではないことがそのうちわかることでしょう。

広告業界の改革は生半可ではできません。

中国には広告の需要があるからと、

電通さんが動いているようですが、

70年代の広告手法がまだあるからといって、

安易に乗り出すのはいかがなものかと。

世界の広告戦略をスルーで考えないと、

この先はないと心得ましょう。



猿の惑星は大入りかな?

萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD-SN3N0053.jpg

時間がなく通りすがりですが。

まだ並んでる銀座アップルストア。

萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD-SN3N0052.jpg

私もまだアップル信者なら並んでいただろうに。並んでる方たちは皆文化人を気取ってるようですが、それもひとつの文化なのかもしれません。

駐車監視員会社の監視員を監視する。

亀井静香氏も顧問をしていた駐車監視員会社。
その社員はみなし公務員だそうですが、
天下りの温床にもなっているらしい。
総務省に首輪をされているマスメディアなど
こういう類いの報道は出来っこない。
宅配流通業界の足かせにもなっているようです。
無くてもいい雇用創出を生み出す官僚の発想が、
国を萎えさせる起因ともなることを、
肝に銘じておきましょう。

北野たけしさんの弱点。

東電がスポンサーの番組で原発批判はできる?講談社がスポンサーの雑誌広告には?


弁護士不要の究極の合法的裏技。

メルマガ限定予定。

外国人との会話は心で。

下手に英語や外国語を日本人が使うと気味が悪いと思われるらしい。バベルの塔が神に破壊されて以来、世界各地に散らばった各民族。200近い国が存在する銀河太陽系第三惑星。来年12月21日試練の時を待つしかないのですが。単なるマヤのカレンダーとあなどってはいけない。予兆を感じない人はいないでしょう。日本では戦後70年になっても独立できない状況が続いているいま、英語コンプレックスが後をたちません。話す言葉だけが言葉であるはずはなく。

もし日本純国産OSのTRONが世界を制覇していたら。

長いタイトルは好みませんが、WindowsやMacのアプリケーションに蹂躙されている日本の今の惨状を見ていると、諦念もさることながらロマンに浸るのも悪くはないと感じる次第。貴方はそれでいいの?iPhoneもアンドロイドもいいけれど、かつてはその他の選択肢もあったんです。Mな日本は生きていく資格はない?ある意味そう言えるかもしれないね。iPhoneばかりにうつつを抜かしている場合ではないかもしれません。つづく。


萌ゆるペン!記事累積数4,000超え。


2006年から開設した萌ゆるペン!
今週で4,000を超えました。
時折タイトル先行でご迷惑をおかけしますが、
今後ともよろしくおねがいします。

KURAさん



$萌ゆるペン!GINZA  FIVE LETTER CORD

iPhoneが今日から販売

販売合戦は、
SB、KDDIは互角のようですね。
最終的には繋がりやすさかな。
KURAさんはアンドロイド派なので、
来春買うとしたら今度もau。

今週のメルマガ目次。

●____________^0^_____________●

◆No.36「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)潮流戯画手帖(世界の流れ)

「ノーベル賞番外編」

2)ドリームステイタス応用編

「安めぐみさんを診断する」

3)世相を斬る(自由コラム)

「電通のモラル」

4)KURAさんの悩み相談解決室

(※新シリーズ。ここだけの話。ブログ非公開。)

「No.05 最強ブロガーへの道」

5)サラブレッド歳時記

「秋華賞展望」
------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------

●____________^0^_____________●

期待出来る地熱発電戦略

世田谷区で福島第一原発付近以上の
放射線量があったようですが、原発とは無関係?
しかし必ずしもそうとは言い切れない。
この事は関東全地域にもおよぶ可能性は大ですね。

原発にとって替わるエネルギーといえば、
太陽エネルギーというイメージがありますが、
それよりは火山列島の地の利を活かした
「地熱エネルギー」が現実的。
問題は国定公園があまりにも多いということ。
法改正で規制緩和をすれば
原発なんか要らなくなるかもしれません。

KURAさん予測!五年後に大化けする職種無くなる職種。

明日メルマガ予定。

フリーズ&エラーはAppleの文化。

アップルがユーザーフレンドリーとして人気があったのは、使いやすさの極致の箱を売り物にしていたからでしょうか。使いやすさを極めるとなると、秘密の箱の中は精巧につくらなければならず、使う方は与えられても手直しやアレンジは出来ない。よってユーザーはアップルの意のままに動かざるを得ない。つまり、買い続けなければ使えない。フリーズやクラッシュやエラーばかりの思い出が先に来るのは仕方がないですね。Macはオンリーワンの地位を築き上げたけれどもナンバーワンにはなれない。なぜなら徹底した秘密主義でパンドラの箱を作り、既得権益を手にし過ぎたから。アップデートクラッシュはアップルのお家芸と割りきりましょう。


お知らせ。メルマガで新コーナー開設。

KURAさんは、Strategy public relations producer(SPRP:ストラテジィ・パブリックリレーションズ・プロデューサー)として、ソーシャルメディアの進化と理想のコミュニケーション社会を築くという大義の下、より良いブロガー育成に力を入れいきたいと考えています。また企業の大小を問わず、責任者・代表のかたは社会的な責任と世の中を牽引する使命があると思っています。ご自身の発信基地を堅固にして共感を得て戴く努力は、とりもなおさず、人々や企業・社会の発展へ寄与することになります。

●いつでもサイトのURLをお送りください。
目下、中小企業CEO様へのソーシャルブログアドバイザー(顧問・相談役)としてお手伝いをさせて頂いております。

★Strategy public relations producer
(SPRP:ストラテジィ・パブリックリレーションズ・プロデューサー)活動の
主な内容★・・・
1)その方に合ったブログ展開の選択肢をご一緒に探ります。<ご要望があればブログサービス会社の選択提案も含みます。)
2)その方(企業)に合った意匠を提案、文章読本的な側面も大切にします。
3)オンリーワンを目指す魅力的なブログの展開を意識してご提案。
4)その方のキャリア・レベルに沿ったブログの展開をご提案します。
5)国内のみならず世界での発信基地を意識して提案します。
6)リーズナブルな年間契約(顧問・サポーターとして。予算はご相談)でフレキシブルなソーシャルメディアシーンをご一緒に作り上げて行きます。
7)良識を持ったパワーブロガー(ソーシャルメディア)を目標に共に頑張ります。
8)責任を持って個人・企業・団体にふさわしいブログシーン・ロードマップを築いていきます。
9)ブログメディアの発展とより良いコミュニケーション社会を目指します。


ご相談・お問い合わせは、kandytensui@yahoo.co.jp

場当たり的な年金議論の行方

年金の支給を繰り下げるという。

「国民の生活が第一」

の約束は一体どこへ?

ポッと出の議員が改革しようとしても、

明治以来続いてきた官僚の意見には、

必ず従う一面を改めて、

目のあたりにしてしまいましたね。

国家戦略の一環として地道な議論が必要と思いきや、

官僚の言いなりでは、

自民党政権と同じかそれより始末が悪いです。

小沢さんはパーティー三昧のようですし、

張り子の寅よろしく、あてにはならない。

TPPには入らざるを得ないでしょう。

米国には逆らえない。

どうする野田さん・・・。