Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2012年03月の記事

死刑制度は犯罪抑止で必要不可欠である理由。

仇討ち制度のない現在において、被害者を守りまたは再発を防ぐためには、死刑制度はなくてはならないものだとおもいます。イスラム教の~続く。
スポンサーサイト

郵政改革改正法案

後述。

朝日新聞が脱税、修正申告。

後述。

今週で60号メルマガ公開。



●____________^0^_____________●

◆No.60「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)潮流戯画

「日本の世界核戦略と抑止力」

※世界の流れをキャッチして独自に提言・提案します。

2)世界一分かり易い素朴な疑問

「守銭奴Appleの今後」

※世の中のカラクリを分かり易く素朴な疑問回答形式で伝えます。

3)世相一刀両断

「巨人軍は永遠に金満です!」

「人を騙して平然のAIJ元社長!」


※公平かつ冷静な目で分析します。

4)エンターテインメント歳時記

「AKBの卒業」

※スポーツ・芸能に携わる人を独自の視点でご紹介。

5)REVENGE HISTORY(誤算の論理・歴史の教訓)

「函館戦争、こうすれば勝てた!」(次回)

※誤算の論理・歴史の教訓を独自の視点で検証します。

------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------

●____________^0^_____________●



1)潮流戯画

「日本の世界核戦略と抑止力」

日本には現在50トン近くの
原発での使用済みプルトニウムがありますが、
これで核弾頭が一体いくつつくれるかご存じですか?

北朝鮮のテポドン?あれは失敗作です。
過去の発射実験を見てもごらんの通りです。
日本の上空を飛ぶのは大気圏外では仕方のないこと。
4月12日に北朝鮮が人工衛星を打ち上げるそうですが、
これには各国のメディアも招待すると言います。
日本のメディアはミサイルだミサイルだ、
大変だ大変だと勝手に騒いでおりますが、
かなり騒ぎ過ぎではないでしょうか。
あなたもそうですか?
永田町の迷走がそれに拍車をかけて、
レベル的には子供の右往左往。

原発と核兵器は一蓮托生。アメリカ、フランスに続き、日本は有数の、
使用済みプルトニウムを持っているのです。
核弾頭にすると1つが8キログラムとして、6,000発以上。
米国、ロシアに次ぐ核兵器所有国となります。
それはお互いの戦いのために使うのではなく
あくまで抑止力としての扱いであることです。
そして、来るべき巨大隕石が
地球を目標に軌道を進めてきたら
各国が協力し合って破壊するとか、
エイリアンとの戦いに使うとか。。。

日本での原発五十数基が動かなくなると言います。
使用済み核燃料だけが取り残され、捨てるところもない。
思い切って核兵器の製造に着手し、世界の平和に貢献することも
米国と協議すべきでしょう。

原爆被爆国での核保有は世界から総スカンかもしれませんが、
少なくとも中国や北朝鮮を黙らせることができそうです。



2)世界一分かり易い素朴な疑問

「守銭奴Appleの今後」

Appleの大盤振る舞いが話題になっていますが、
逆にそれがAppleのクビを締めることになる?

約8兆円の現金を所有するAppleですが、
その三分の二5兆円は海外で所持しているもよう。
残りの三分の一3兆円は米国内でのものですが、
それを株主や自社株買い戻しで使うというもの。
三分の二の現金には課税は課税されず、
いわば遊んでいるお金。
強引な商法で利益を蓄えていたジョブズ氏の功績は、
内外で賛否両論。賛のほうが多いでしょうか。
政治問題化は必須でしょう。
パキスタンでiPad風の端末が、Androidで1万円台で、
発売するといいます。
世界の流れはやはりAndroidでしょう。
ジョブズ氏の蓄えがいつまでもつか興味はあります。
Appleは守銭奴とならないよう祈ります。
値段を半額にするとか、
株主よりユーザーに還元されたらいかがでしょう。
新製品が出るたびに発生する、
「リピーターの買い疲れ」も
よくお考え願いたいですね。


3)世相一刀両断

「巨人軍は永遠に金満です!」

読売渡邉会長の顔面が蒼白だといわれます。
これまで表に出ていた契約金裏金スキャンダルはまだ、
小さいもので、コバルト爆弾まがいの
一大スキャンダルに発展しそうな雲行きですね。
新人選手の契約のおりその親へ数十億円もの借金を
肩代わりという噂は、以前から大抵の方はご存じのはずですが、
確たる証拠がないので軽はずみに誰だとかはいえません。
球界の盟主といわれる立場の方たちが
その汚れた球界のシステムにあぐらをかいているかぎり、
日本球界の再興は難しいのではないかと危惧しています。
朝日だって甲子園野球の影では、
いろいろな既得権益もあるはず。
金のかかり過ぎる野球界、
そろそろリセットの時期かと思うのですが。



「人を騙して平然のAIJ元社長」


被害者ズラを装う浅川元代表には、
誠意というものがないですね。
以前山一証券の泣きの謝罪が未だに、
眼に焼き付いていますが、
この方には反省の色が全くない。
形だけ誤れば通ると思っているのでしょうか。。。
覚悟がないですね。。。
日本人として恥ずかしい・・・。



4)エンターテインメン歳時記

「AKBの卒業」

AKB48は秋元康氏が育ててきたもの。
総選挙、握手券、勝ち抜きなどいろいろと
揶揄されながらも、
彼女たちの
有名になりたい、
アイドルになりたい、
女優になりたい、
タレントになりたい、
など健気な頑張りも目立ち、
それなりに支持を集めていることは、
誰もが認めるところ。
前田敦子君が卒業するという。
これからどうするんだろう。

AKBを辞めていくこれからの彼女たちの、
就職先は?
もちろん、
秋元氏には彼女たちの未来に対する
責任があることは当然でしょう。。。


5)REVENGE HISTORY(誤算の論理・歴史の教訓)


「函館戦争、こうすれば勝てた!」(次回)


坂本龍馬と土方は繋がっていた。。。



◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇
◆毎週金曜日発信します。KURAさんの視点から現代を読み解き、
よりよき未来への羅針盤となるべく、提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
萌ゆるペン!をよろしくおねがいします。
◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

----------------------------------------------------------------------
萌ゆるペン!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
----------------------------------------------------------------------

カキコ職人前民主党地方議員の異様な品性。

あたかも2チャンネルのカキコをやっているような、偏向的な梶川氏の書き込みには問題が多すぎますね。私はあまり2ちゃんねるは見ませんが、岡田さんが記事削除を要請するあたりは、的をえているからでしょう。ネットの流言に左右されやすい政権与党。国会審議中にスマホでお遊びは頂けない。思考停止した永田村。どうしようもありませんね。

トーンダウンした朝日の契約金超過記事

公正取引委員会では、野球の新人選手契約金については、直ちに独禁法にふれるようなことではない、と朝日は報じていますが、球界のモラルの一件を別件で問題のすり替えをたわいもなく行うあたりは、終戦の翌日に自社は~なんら戦争加担の責任はなく、呵責の念を抱きながら平和への道のりを歩む~とかという、責任転嫁能力は天下一品。郵便不正事件に関与した子会社の朝日広告に対しても、あたかも別のグループ会社の一員の犯罪のようにあつかう。今回の巨人の記事はかの郵便不正事件での検察のFD改ざんをスクープした記者にだそうですが、球界ビジネスに深く関わっている新聞社の既得権益は互いにもっていることから、結果的には穏便に納めることでしょう。

民主党大義なき増税論議。

党内がまとまらないまま、
議論が打ち切りとなったからには、
増税は無理というものでしょう。

小沢氏には、
いま総選挙をしたら負けるという恐怖心があります。
野田さんからしてみれば、
解散総選挙はしたくはないけれども、
1つのカードとして使うのではないでしょうか。
ですから小沢氏は増税に反対だけれども、
おそらく採決には欠席と戦法でしょう。
何のための消費税増税なのかも説明はないし、
理念もないでは有権者はどうしたらいいのか。。。

自爆解散しかないですね。





異様な金銭感覚が顔に出ていた浅川元代表。

大王製紙会社の井川氏と似た人相が印象的ですね。但し井川氏は内輪での番頭さんに甘えた可愛いレベルのお金の使い方で、ある種の壮快感はないわけではありませんでした。しかし、AIJは勝手に他人様の財布に手をつけ、実行不可能なことと知りながら組織的な詐欺集団を作ってしまった。運用が失敗したので自分も被害者という考え方はどうも理解できませんね。7000万円もの報酬を貰いながら、何一つ悪びれた態度も反省も謝罪もない。迷惑を被った方々が黙っているのも実に歯がゆい。

頑張れ、ニコラ。

今週のメルマガ目次。


●____________^0^_____________●

◆No.60「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)潮流戯画

「日本の世界核戦略と抑止力」

※世界の流れをキャッチして独自に提言・提案します。

2)世界一分かり易い素朴な疑問

「守銭奴Appleの今後」

※世の中のカラクリを分かり易く素朴な疑問回答形式で伝えます。

3)世相一刀両断

「巨人軍は永遠に金満です!」

「人を騙して平然のAIJ元社長!」


※公平かつ冷静な目で分析します。

4)エンターテインメント歳時記

「AKBの卒業」

※スポーツ・芸能に携わる人を独自の視点でご紹介。

5)REVENGE HISTORY(誤算の論理・歴史の教訓)

「函館戦争、こうすれば勝てた!」(次回)

※誤算の論理・歴史の教訓を独自の視点で検証します。

------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------

●____________^0^_____________●

やはり月面着陸は・・・。

国家公務員定年延長なしが「再任用で」はまやかし。

言葉のあやとはこのことです。
再任用は毎年更新の実質再雇用と同じ。
国家公務員定年延長なしを、再任用で切り抜ける。


頓知術入門―人に一杯喰わせドッと笑わせる 間髪を入れずとび出す言葉のマジック (1965年)/鎌 壮助

¥3,000
Amazon.co.jp

物は言いよう/斎藤 美奈子

¥1,680
Amazon.co.jp

人を騙しながらAIJ社長年収7,000万円?

被害者ズラを装う浅川元代表には、
誠意というものがないですね。
以前山一証券の泣きの謝罪が未だに、
眼に焼き付いていますが、
この方には反省の色が全くない。
形だけ誤れば通ると思っているのでしょうか。。。
覚悟がないですね。。。
日本人として恥ずかしい・・・。


日本のタブー・その一:「使用済み核燃料を核兵器に」

日本には現在50トン近くの
原発での使用済みプルトニウムがありますが、
これで核弾頭が一体いくつつくれるかご存じですか?

北朝鮮のテポドン?あれは失敗作です。
過去の発射実験を見てもごらんの通りです。
日本の上空を飛ぶのは大気圏外では仕方のないこと。
4月12日に北朝鮮が人工衛星を打ち上げるそうですが、
これには各国のメディアも招待すると言います。
日本のメディアはミサイルだミサイルだ、
大変だ大変だと勝手に騒いでおりますが、
かなり騒ぎ過ぎではないでしょうか。
あなたもそうですか?
永田町の迷走がそれに拍車をかけて、
レベル的には子供の右往左往。

原発と核兵器は一蓮托生。アメリカ、フランスに続き、日本は有数の、
使用済みプルトニウムを持っているのです。
核弾頭にすると1つが8キログラムとして、6,000発以上。
米国、ロシアに次ぐ核兵器所有国となります。
それはお互いの戦いのために使うのではなく
あくまで抑止力としての扱いであることです。
そして、来るべき巨大隕石が
地球を目標に軌道を進めてきたら
各国が協力し合って破壊するとか、
エイリアンとの戦いに使うとか。。。

日本での原発五十数基が動かなくなると言います。
使用済み核燃料だけが取り残され、捨てるところもない。
思い切って核兵器の製造に着手し、世界の平和に貢献することも
米国と協議すべきでしょう。

原爆被爆国での核保有は世界から総スカンかもしれませんが、
少なくとも中国や北朝鮮を黙らせることができそうです。




アメリカの核支配と日本の核武装―独占金融資本がつくり出す戦争/吉田 義久

¥2,100
Amazon.co.jp

『核武装』が日本を救う(チャンネル桜叢書)/井上和彦

¥980
Amazon.co.jp

核大国化する日本 平和利用と核武装論 (平凡社新書)/鈴木 真奈美

¥819
Amazon.co.jp

新・堕落論―我欲と天罰 (新潮新書)/石原 慎太郎

¥756
Amazon.co.jp

永田町の面々に聞かせたいですね。。。



AKB前田君の卒業の意味。

AKB48は秋元康氏が育ててきたもの。
総選挙、握手券、勝ち抜きなどいろいろと
揶揄されながらも、
彼女たちの
有名になりたい、
アイドルになりたい、
女優になりたい、
タレントになりたい、
など健気な頑張りも目立ち、
それなりに支持を集めていることは、
誰もが認めるところ。
前田敦子君が卒業するという。
これからどうするんだろう。

AKBを辞めていくこれからの彼女たちの、
就職先は?
もちろん、
秋元氏には彼女たちの未来に対する
責任があることは当然でしょう。。。




ジョブズ氏が貯め込んだAppleの海外逃避金。

Appleの大盤振る舞いが話題になっていますが、
逆にそれがAppleのクビを締めることになる?

約8兆円の現金を所有するAppleですが、
その三分の二5兆円は海外で所持しているもよう。
残りの三分の一3兆円は米国内でのものですが、
それを株主や自社株買い戻しで使うというもの。
三分の二の現金には課税は課税されず、いわば遊んでいるお金。
強引な商法で利益を蓄えていたジョブズ氏の功績は、
内外で賛否両論。賛のほうが多いでしょうか。
政治問題化は必須でしょう。
パキスタンでiPad風の端末が、Androidで1万円台で、
発売するといいます。
世界の流れはやはりAndroidでしょう。
ジョブズ氏の蓄えがいつまでもつか興味はあります。
Appleは守銭奴とならないよう祈ります。
値段を半額にするとか、
株主よりユーザーに還元されたらいかがでしょう。
新製品が出るたびに発生する、「リピーターの買い疲れ」も
よくお考え願いたいですね。


望まれる日本球界のリセット

読売渡邉会長の顔面が蒼白だといわれます。

これまで表に出ていた契約金裏金スキャンダルはまだ、

小さいもので、コバルト爆弾まがいの

一大スキャンダルに発展しそうな雲行きですね。

新人選手の契約のおりその親へ数十億円もの借金を

肩代わりという噂は、以前から大抵の方はご存じのはずですが、

確たる証拠がないので軽はずみに誰だとかはいえません。

球界の盟主といわれる立場の方たちが

その汚れた球界のシステムにあぐらをかいているかぎり、

日本球界の再興は難しいのではないかと危惧しています。

朝日だって甲子園野球の影では、

いろいろな既得権益もあるはず。

金のかかり過ぎる野球界、

そろそろリセットの時期かと思うのですが。


クラウド社会での注意点

最近個人情報の流出騒ぎが、鮮明化していますが、

あなたは大丈夫?

・Pasmoで行動履歴が第三者にも解かる。

・ログインしてアダルトサイトを内緒で見ても、第三者でも簡単に履歴を確認できる。

・恋人や家族の行動履歴が一目瞭然にばれてしまう。

・会社の外回りで関係のない映画やイベントに行く。

などスマートフォンでは特に使い方には心していきましょう。

位置情報は必ずOFF、アプリは必要以上にダウンロードしない。

クラウド時代の正体 (ベスト新書)/白鳥 敬
¥780
Amazon.co.jp

「プライバシー」の哲学 (ソフトバンク新書 053)/仲正 昌樹
¥735
Amazon.co.jp


心に残るサウンドトラックその4

アカデミー賞を総なめ。
いい曲はいつ聴いても癒されますね。

心に残るサウンドトラックその3

日本では秋に公開されますが、
こちらも過日ゴールデングローブ賞に輝きました。
Madonnaファンなら必ず行くべし。。。



心に残るサウンドトラックその2

映画のロケ中に作られた曲ですが、美しいですね。
戦場のシーンでも深くマッチしています。
「ついに自由を」というこの曲は、映画「グラディエーター」に提供。
ゴールデングローブ賞に輝き、
彼女の名が一躍世界に知られるようになりました。
MadonnaのMasterpieceと遜色ないですね。


心に残るサウンドトラックその1

来年リメイク版、というより新生スーパーマンが登場!



KURAさんの一番好きなワンシーン。

今の世の中、不条理なことが多すぎますね。

出会いによって人の人生は変わっていくのです。


後姿がメインのキリストでも、圧倒的な存在感。素人の俳優さんという。チャールトン・ヘストンはまさにスぺクタルの名優でした。

適切ではなかった朝ドラ主役~糸子の降板劇

60歳と70歳であまりにもギャップがあった、糸子こと尾野さんから夏木マリさんへの主役交代。おしんやすずらんでも晩年交代されたけれども、制作当初から配役は決まっており、違和感は感じませんでした。今回は、コシノ三姉妹の母上様がモデルで、尾野さんのキャラクター人気で視聴率がジリジリ上がってきた最中の突如の降板劇でした。尾野さんの最後までのシーンをイメージしていた視聴者はさぞかざしガッカリされたことでしょう。まさにNHK側の失態。夏木マリさんが生前の小篠さんと親交が深かったことも、何らかの影響があったことは排除できませんね。プロデューサーがだらしなかったといわれても、その声には甘んじて受けなければならないでしょう。

誰もが思う日本国民へのストレステスト。

田中角榮氏が推し進めた原発ビジネスは、安全性よりも利益や既得権益を重視したばっかりに、現在にっちもさっちも行かなくなってしまいました。民主党政権はそのシステムの堅牢性、いわゆる牙城の前には無力でした。三人の首相をたてながらマニフェストなにも実行されず、国民のストレスは我慢の限界にきているように感じます。枝野氏の答弁はさっぱわかりませんね。東電にパーティ券を買って貰った手前、表向きには脱原発を唱え、実際には原発稼働に動かざるを得ない矛盾した事情は無視できません。野田氏もしかり。あと一年すれば民主党は消滅するのは誰もが認めるところですが、原発のストレステストより、国民の民主党に対するストレステストの実行するをお願いしたいですね。

AIJ関係者は潔く腹を切ろう。

何万人もの人々の老後の蓄えを、
騙して集めて、はじめから無理だと分かって
運用していたのでしょう。
野村證券、旧社保庁、厚生労働省のOBも絡む
一大疑獄となりました。
本来なら切腹物ですね。
連鎖倒産が心配ですし、
関係する基金の参加企業も大変と思います。
法的に守ってくれるものはないのでしょうか。



Appleの海外埋蔵金5兆円。

1997年のAppleは手持ちの現金が
あと半年も保てないほどの未曾有の経営危機で、
マイクロソフトからの支援もあったほどでした。
ジョブズ氏が返り咲いてからは、
株の配当は無しで、今回まで17年間つづいていたんですね。
iMaciBook,Ipod,itune,ipad,iphoneとヒット商品が続き、
海外での生産を強化。日本では、リコールにも応じないなど、
頑なな姿勢を崩さず、業績が上がっても、
ひたすら自社のキャッシュフローの充実を目指していました。
海外に蓄えたキャッシュは実に5兆円。
今後政治問題に発展しそうですが、
株主にとっては嬉しい限りではないでしょうか。
私には関係ありませんが。。。。


36億円と巨人ファン

新人の入団選手が1億円を超える契約金は、
各方面からも破格な金額と言われておりました。
いわゆる常識を超えた数値。
その裏契約金がなんと最高10億円。
実名報道された六選手だけでも36億円。
発行部数が1000万部を誇る読売新聞としては
微々たる額かもしれませんが、
一般人からみた場合、信じていたぶん、
騙されたという気持ちのほうが強いでしょう。
貰った選手には同情する気にはなりませんが、
それまで信じていたファンの怒りは幾ばかりかと。




「太平洋戦争、こうすれば日本は勝てた!」(メルマガ抜粋)


太平洋戦争はいわば、米国というよりは、
ABCD包囲網のなか、
有色人種対白人、被植民地対植民列強国、
と言う図式で行われた既得権の伴う戦いということが出来るでしょう。
ハル・ノートはまさに相手の全面的抵抗を織り込んだ、
不条理で戦略的な最後通牒で、
当時アメリカを凌ぐ空母や戦闘機を保持していた日本国への、
謀略でした。奇襲というのは、
ホワイトハウスでは知っていたはずです。
パールハーバーでは、空母の壊滅がなされなかったのが、
大きな誤算でした。
大本営を陸軍が音頭を取っていたのも大きな誤算。
もし海軍が統帥権で仕切っていれば、
広島・長崎・各都市への絨毯無差別爆撃、
沖縄戦、一億総玉砕、という道筋とは違う、
早期講和停戦も出来ないわけではなかったかも知れません。
226事件で、皇道派の決起軍が鎮圧部隊を制圧し、
天皇が味方していれば、戦い方も変わっていたでしょう。
平和への戦いのプロパガンダを、もっと強く押し進めれば、
早期講和もあり得たかも知れません。
いまでこそ、左翼系を代表するかのような、
旭日旗を社旗にする朝日新聞は、
戦前一億総玉砕の戦意高揚の先兵対であったわけですが、
大本営と事を構える覚悟があったなら、
戦局を公平に伝える優良新聞社であったはず。
ところが、玉音放送の後日、手のひらを返すような、
非戦を正当化した社説を公言。
国民としては信用できないメディアとなりつつも、
600万人の読者に支えられていまなお存在していますが、
このさき経営的にも厳しい環境が待っているようです。
それはともかく、
アングロサクソンの有色人種への偏見と征服欲が
なくなるはずもない当時では、
日本は戦わざるを得なかったのでしょう。
ソ連との相互不可侵条約は守られず、北方四島は、
ヤルタ秘密会談の予定通りいまなお、
日本を不安の淵に追いやっているのは周知の事実です。
日本はこうすれば勝てたという、
戦略はいくらでもあったはずなのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。