Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2012年04月の記事

タイムスリップアドベンチャー008「ライクアプレイヤー」



過去の自分と未来の自分との出会い。。。

タイムスリップアドベンチャー007「フォーエバーヤング」





KURAさんも忘れられない感動のワンシーンです。
何十年も待っていてくれる人がいるというのは、
いいですよね。クスン。。。。


タイムスリップアドベンチャー006「時をかける少女」



筒井康隆氏原作の映画化ですが、良かったですね。。。
いまでも忘れられない。。。



タイムスリップアドベンチャー005「バラード」



草彅くんと新垣くんの好演。大沢たかおも良かったですね。

タイムスリップアドベンチャー004「JIN」



福山さんの龍馬もよかったけれども、
内野さんの龍馬役はぴったりでしたね。
大河ドラマでもそうだったら最高視聴率だったかもしれませんね。



タイムスリップアドベンチャー003「戦国自衛隊1549」



現代の自衛隊員が信長になるとは。。。
綾瀬はるかの濃姫役?がぴったりはまってますね。

タイムスリップアドベンチャー002「タイムコップ」



歴史を変えて、幸せな人生に変えさせる。
そうできればいいですね。


タイムスリップアドベンチャー001「ファイナルカウントダウン」



ドイツ語版のほうがより、

緊迫性とミステリアス性がありますね。

久々に面白い映画ですね。映画「テルマエ・ロマエ」^0^



毎年発生する米国債満期金15兆円の行方。

外貨準備高100兆円、
米国債の満期金毎年15兆円。

ミャンマーの債権放棄、
IMFへの再度の5兆円の拠出金など、
国内には潤沢なお金があるのに、
経済が疲弊しているというのは、
どういうことでしょうか。

米国や中国がIMFにお金を出さないのは、
どういうことでしょうか。
不条理な国際間の駆け引きには、
それぞれの思惑があるでしょうが、
なんとも情けない。

続く。


信用できない日本のマスコミを検証する。

石原都知事の言動に釘を刺すことしか考えない、
大手マスコミの姿勢は、
半ば国賊的な立ち位置にいるとしか思えないですね。
朝刊でも社会面に小さく取り上げていて、
特に朝日は中国へのいらぬ気遣いを怠らない。
東電の会長が新しく赴任?
独法の役人が役職に就いたところで、
何も解決しません。
官・民・マスメディア連合の出来レースで、
既得権と情報の隠蔽で、
国からの税金投入をするための口実にすぎません。
原発再稼働の理由と長期使用計画・安全基準の策定と
国民の理解がないまま推し進める、原発行政の混乱は、
民主党の迷走と比例しています。



原発再稼働が急がされる理由と次期総選挙での心構え。

まさに下記の名簿を見る限り、
共通点が浮かび上がってきます。
これに関係官庁・官僚・電力業界・原発御用学者、マスコ業界、
などが交錯して一大既得権益のバリアを形成しているからです。
こういう視点で、
永田町・霞ヶ関・地方自治体を鳥瞰する訓練をしておきましょう。
来年の夏の総選挙では民主党は壊滅するのは、
織り込み済みなので、その後の国政には私たち市民が、
責任をもって一票を投じたいものです。


●原発ビジネスに関する資料

<東電からのパーティ券献金>

麻生太郎氏、
甘利明氏、
大島理森氏、
石破茂氏、
石原伸晃氏、
与謝野馨氏、
平沼赳夫氏、
仙谷由人氏、
枝野幸男氏、
小沢一郎氏

<東電株大量所有の主な議員>

石破茂氏、   
井上信治氏、
鳩山邦夫氏、
今村雅弘氏、
塩崎恭久氏、
小宮山洋子(民主党)氏、
小林正夫(民主党)氏、
田中真紀子(民主党)氏、
宮沢洋一氏 

未来の総理

http://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/

今の政治的混迷が過ぎてからは、
次の世代にまかせましょう。。。

日本のICBM

インドが射程5000kmの実験にしたようですが、日本も射程10000km程度のレベルのものは可能なはず。いまこそ、全中国、アジア、米国、ロシアを射程にしたプロパガンダが必要な時はないのではないかと思えるのですが。あくまで、抑止力として。

TPP不参加は日本の自殺行為。

既得権益の視点からではTPPの真の狙いは把握できません。例え意にそぐわやなくても交渉力で勝ち取ればいいだけの話しです。一国の総理がイニシアチブを取れなくてどうするのでしょうか。

■今週のメルマガ明日公開・・・No.63「萌ゆるペン!」

※ご要望にお応えして、
予約済みの今週のメルマガ記事をアメーバのみ公開します。

eba.jp/user_images/20120412/18/rei87/36/65/j/o0800060011912007157.jpg">$萌ゆるペン!Moyuru Pen presented by KURA


●____________^0^_____________●

◆No.63「萌ゆるペン!」

◆配信:毎週金曜日

◆目次

1)世界の潮流

「世界の広告事情」

※世界の流れをキャッチして独自に提言・提案します。

2)日本の潮流

「田中角榮氏と原発ビジネス」

※世の中のカラクリを分かり易く伝えます。

3)世相の潮流

「てんかん患者の運転と人命」

※公平かつ冷静な目で分析します。

4)エンターテインメントの潮流

「あと30年、生涯現役、Madonnaの凄さと威厳と慈愛」

※スポーツ・芸能に携わる人を独自の視点でご紹介。

5)歴史の潮流

「こうすれば豊臣家の滅亡は防げた」

※誤算の論理・歴史の教訓を独自の視点で検証します。

------------------------------------------------------------
「萌ゆるペン!」
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちらです。いつでも即解除できます。
http://www.mag2.com/m/0001236631.html
------------------------------------------------------------


●____________^0^_____________●



1)世界の潮流


「世界の広告事情」

貴方がいつも見ている広告。
世界でどれくらいの規模かご存じですか。
世界中でいくら不況や金融不安が起きようと、
広告は生活の潤滑油みたいなもので、
なくなるものではありません。
既存メディアが衰退し、
インターネットが普及しても、
媒体のシェアの流れは少し変化しているけれども
大きな変動がないことが分かります。

日本と諸外国の広告の事情は少し違います。
日本では、電通、博報堂(読売広告社・博報堂・大広)、
ADKがいわば独占的にメディアやクライアントを支配しており、
一業種一社が基本の米国とはいささか環境が違います。
TV媒体は国策的な法律で既得権益を保証されており、
海外からの参入は事実上不可能になっています。
国内での改革は無理といっていいでしょう。
ただ、今後ソーシャルメディアが、
既存のメディアを動かす状況が予想され、
ジャーナリズムも多様化してくるでしょう。

2013年の世界の広告費は、約40兆円。
その内訳は、
TVが17兆円、
インターネットが7兆円、
新聞が7.4兆円、
雑誌が3.5兆円、
野外広告が2.8兆円、
ラジオが2.8兆円、
映画が2200億円。

ちなみに電通の発表では日本の総広告費は5兆円台。
インターネットが新聞を抜き、
世界の流れを読み解く手がかりにもなりますね。



2)日本の潮流

「田中角榮氏と原発ビジネス」

担当政権が変わってもいいように、当初から、
すべて織り込み済みのことだったのでしょう。
永年原発の安全対策を怠ってきたそのツケは大きいですね。
耐用年数40年を勝手に60年、70年とする経産省の神経も疑います。
東電をはじめとする全国の電力会社がもつ、
原発五十数基はすべて稼働出来ない状況下でも、
野田政権は再稼働に躍起になる背景には、
官民とのJVだという事実があるからでしょうか。
枝野、仙石、小沢、野党の面々が多額の、
パーティ券などの献金を貰っている以上、電力会社の批判は、
しかたなくやっても結局は擁護に回らざるを得ない。
議事録を作成したけれども公表しなかったり、
またはすべてGHQみたいにすべて黒く塗りつぶしたり、
枝野氏の「いまただちに云々:::」発言は、
そういう事情があるからです。
田中角栄氏はお金を生む天才でもありました。
小沢さんはプチ角栄。
原発問題は電力会社だけの問題ではなく、
国策の問題といえそうです。
原発御用学者の原発擁護はそういうところから来ているのでしょう。
新たなエネルギー政策も見いだせないなか、
目先の再稼働に心血を注ぐ民主党政権には明日はありません。



3)世相の潮流

「てんかん患者の運転と人命」

亡くなられたご家族の方には、
なによりも痛ましく感じました。
深くご冥福をお祈りいたします。
昨年の栃木のクレーン車事故でも多くの犠牲者を出したばかり。
日本てんかん協会でも声明を出してはいますが、
個人的には持病の方には運転して欲しくありませんね。
人権よりも人命を優先しなければいけません。
異論は多々あるかと思いますが、車は一種の凶器です。
人命尊重の観点から道交法の再改正を強く望みます。


4)エンターテインメントの潮流

「あと30年、生涯現役、Madonnaの凄さと威厳と慈愛」

2009年のワールドツアー後のMadonnaは、
「W/E」の映画制作に没頭、
プライベートな面でも大忙しの間、
鬼の居ぬ間に?Gagaなどの新興勢力が台頭し、大ブレイク。
さすがの慈悲深き女王も、焦っていると思いきや、
自分のスタイルを変えることなくマイペースで活動している姿は
驚異に感じます。
デビュー30年目を迎えてもトップに君臨するMadonnaは、
たいした歌唱力もないのになぜここまでという批評家もいます。、
しかし、なぜ彼女が人々を惹きつけるのかは、
いまもって私もよく分からない。
「エビータ」の主役を演じたときは、
アルゼンチンの市民から反対の嵐があるも、
見事好演し評価を得て、ツアーでは大ブレイク。
スーパーボウルのハーフタイムでも、
怪我を押しながらも魅了させてくれました。
周りから罵られようと、相手にされまいと、
果敢に時代の先端で挑戦する後ろ姿には、
畏敬の念さえも生まれます。
Gagaもそれなりに好きだけれども、
デビュー時から応援してきた私にとって、
彼女はある意味恩人でもあります。
モンローの再来と言われ、
エリザベス・テイラーを尊敬し、Abbaを敬愛し、
マイケルを同志として尊敬し、
弱者を救い、ファンを大切にし、
わがままではあるけれども、
人々に家族の大切さや人間愛の大切さを教えてくれる
あのパワーは、一体どこからくるのか。。。
彼女の祖母が99歳で亡くなったそうです。
実質的な母代わりと聞きます。
そういう長寿の家系のようなので、
体力的にも50代、60代、いや70代でも、
鍛え方によってはまだまだ現役でいける。
プロデューサーに専念したっていいのでしょうが、
ライブに燃えるMadonnaにはそういうことはしないでしょう。
批評家には辛口派が多いですが、
彼らだって彼女への畏敬の念があるから言えること。
新作アルバムと世界ツアーはいつも連動するMadonna。
今回のツアーでは5人の影武者をフルに使うのだそうですが、
あなたは見破れるか。。。世界を湧かせて欲しいものです。
とにかくあと30年、
生涯現役、Madonnaの凄さと威厳と慈愛に期待します。


5)歴史の潮流

「こうすれば豊臣家滅亡は防げた」

大阪夏の陣で豊臣家が滅亡。徳川家の野望が実現。
以後二百数十年にわたる権力を手中に治めたわけですが、
これから学ぶことは、
権力には船頭さんが二人いては治まらないということが
分かったということでしょうか。
いわゆる、縄張り争いの一種ですね。
戦国時代はある意味上司であろうが何であろうが、
喧嘩に勝ったら勝ちという思惑が働き、
一国一城の主には二人は要らない。
戦に勝ったら相手の武将のクビをはねて、
そのクビを洗うのが戦国武将の妻の役目だっと言われます。
TVドラマではそういう生々しいシーンはあまりありませんが、
信長が浅井長政のドクロの杯で祝杯を上げたというのは、
日常茶飯事だったのかもしれません。
秀吉は生前大きなミスを犯しています。
手をつけてはならない信長の妹の娘を囲ったこと。
おそらくお市の方を慕っていたとはいえ、
そういう禁じ手をしていなければ、
早い段階に跡目を側室なりの子に継がせ、
関ヶ原を待つまでもなく、
徳川のように盤石の権力を手に出来たはずです。
無益な朝鮮出兵もしなくてすんだでしょう。


◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇
◆毎週金曜日発信します。KURAさんの視点から現代を読み解き、
よりよき未来への羅針盤となるべく、提言していきます。
世の中の不条理と良識を追求し、マスメディアの情報を鵜呑みにせず、
ブログでは伝えきれない潮流を素朴な眼で分析、予測していきます。
萌ゆるペン!をよろしくおねがいします。
◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇◎◇

----------------------------------------------------------------------
萌ゆるペン!
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001236631.html
----------------------------------------------------------------------

間違いだらけのSNSの使い方。

ソーシャル・ネットワーク・サービスやブログの使い方を知らない人が多すぎる。以前のsecond lifeが大コケしたのはつい最近の話、このところ、チャット的なミニブログと称するメディアが世間を徘徊していますが、メリットはともかくも、その弊害には目を被うばかりです。続く。

大義のない道州制論議

後述

公務員定年延長無し=再任用

再任用のほうが定年延長より、
法律で護られているから、
公務員としてはその方がいいのでしょうね。

東京都民の責任と模範

石原都知事が尖閣諸島の一部買い上げ発言が波紋を呼んでいますが、一番怖がっているのはマスメディアで、内外の声に配慮し過ぎて自己保身の様相が露呈してしまいました。中国への配慮はそんなにも必要なのかも多いに疑問。赤よりも死をというのが、おおかたの日本人の意識の中にある以上、尖閣諸島を守っていくのは私達の責務のはずです。国政の機能不全がここ何年も続いており、骨のある政治信条と情熱ある為政者がいない今、石原都知事の投げたボールはとてつもなく重い。都民にはそれを受け入れる大きな懷があるはず。

いっそ東京都が国政の代わりに。

永田町はもはや風前の灯火で、
冷静な判断力、先見の明、明解な国家戦略、対外姿勢、など、
ないに等しいいま、維新をおこなう絶好のチャンスとみています。

後述します。



石原都知事の尖閣諸島買い上げは正しい。

国政が売国的な機能と反庶民的な姿勢で狼狽している間に、日本は弱体化するばかりです。親中派の小沢氏も同罪で、野田さんに至っても進化が伺えない。ましてメディアは財務省に首輪をつけられ、半市民的な情報を垂れ流す戦前のような雰囲気です。三島氏の後に続く石原氏の発言には耳を傾けたほうがよいでしょう。

スマホ流出情報の行先

後述。

仙石発言の波紋

原発を一切稼働させなければ日本は集団自殺~ですか。

いやはや物騒な物の言い方ですね。東電からの献金をいただいていることへの擁護発言に思います。枝野氏も献金組で徹底した東電擁護発言が目立っていましたが、北のミサイル発射情報が混乱しているのを見るにつけ、民主党に政権を取らせた私達の責任も重い。

原発なしでも6%の電力余裕。

日本の原発がほとんど止まっているのに、
日々の私たちの家庭には電気が通り、
支障がないことがわかります。
それでも電力に余裕があるという事実を隠そうとする
意図はいつまで続く?

たとえば、
日本の森林のほとんどは国定公園で、
法律を変えて「地熱エネルギー」として利用可能にし、
あまりある電力供給のメドもつけれるはずなのに、
誰もそういう視点が働かない。
ほんとに不思議な国ですね。。。
メガソーラーはあまりに経費がかかり、
目下のところ、現実的ではないかもしれません。




地熱・小水力発電ほか (見学! 自然エネルギー大図鑑)/著者不明

¥2,940
Amazon.co.jp

地熱―第四のエネルギー (1970年) (NHKブックス〈114〉)/早川 正巳

¥357
Amazon.co.jp

日本列島は地熱エネルギーの宝庫―あなたも今日から地熱博士/江原 幸雄

¥1,890
Amazon.co.jp

世界に誇れる日本のH2b人工衛星。

今回の北朝鮮の人工衛星?と称するものは長さが30mで、
ノドンと同種のもののようだとされています。
外観を見た限りとても人工衛星とは思えない。

日本からいわせれば打ち上げ花火レベルのものでしょう。
新体制としての軍事的な誇示を表す
プロパガンダであったことは明白。
常識からみて失敗したからには
次の一手を進めることになるでしょう。
正恩氏は軍事の既得権益を守ってあげているので、
担ぎ上げられているのです。
定年がないことや軍部優先の独裁世襲制が
それを物語っています。

日本の人工衛星はこれまで少ない予算のなか苦労を重ね、
ようやく世界のトップレベルの仲間入りを果たしました。
米国、ロシアに続く世界で三番目の立ち位置にあり、
全長60mのロケットの勇姿は圧巻です。
かつてのゼロ戦を作った三菱が関わっていることから、
これからも改良と進化が期待されます。

北朝鮮にとってはかなりの脅威でしょう。
日本には約6000発もの核弾頭を作れる
プルトニウムがあるとされ、
IAEAも悪用されないよう、
監視しているほどの潜在抑止力が
あり、いくらでも外交カードがあるはずなのに、
交渉力やリーダーシップがない。

H2bの平和利用と軍事的な観点からの
戦略PRの必要性を強く感じます。

日本ロケット物語―狼煙から宇宙観光まで/著者不明

¥2,548
Amazon.co.jp

新版 日本ロケット物語/著者不明

¥3,675
Amazon.co.jp

はやぶさ 世界初を実現した日本の力/川口 淳一郎

¥1,365
Amazon.co.jp

日本の宇宙戦略/青木 節子

¥2,940
Amazon.co.jp

楽しんでプレーするダルビッシュ。

周りがはらはらドキドキ、期待感が大きすぎるのも、
少し問題ありでしょうか。
当の本人は案外ケロッとした表情で、たんたんと投げているのを観ていると、
勝ち負けよりも野球を楽しんでいるような感じですね。
アメーバブログでも発信しているように、
永い眼で応援して行きたいものです。

デスパレもシーズン8!

日本ではシーズン7がようやく放映されますが、
相も変わらず人気を博してますね。
kuraサンも楽しみして観ています。
自暴自棄、死にものぐるい、破れかぶれな妻たちの、
本音をコミカルに演じきる実力俳優陣がいいですね。
Madonnaあたりもたまにはゲストで出演しても受けるかも・・・・。
オルファも好演してたわけだし。。。

6人のMadonnaが世界ツアーで展開。

Madonnaが影武者を世界ツアーに5人同行させるという。
オーディションは既に終え、選ばれた5人は、
目下徹底したクローン化の訓練にいそしんでいるという。
パパラッチなどからの身の安全と、
プライベートを護るという観点かららしいですが、
貴方は果たして見破ることができるか。^0^
5月からイスラエルを皮切りに11月までツアーは続きます。
来年はツアーのDVD化もあるでしょう。

マドンナ-クィーン・オブ・ポップ [DVD]/マドンナ

¥4,980
Amazon.co.jp

スーパー・ベスト・ヒット・コレクション [DVD]/マドンナ

¥5,900
Amazon.co.jp

このままでは終らない北の次の一手。

花火の打ち上げ?が不調におわり、
正恩氏の権威は失墜。
打ち上げ担当責任者への恐ろしい罰則が懸念されます。
全権を掌握したと同時に打ち上げ成功のシナリオが壊れ、
次なる面目を保とうと動くはずです。
防衛省と官邸のチームワークの脆さが、
海外にも露呈してしまったわけですが、
その方が今後の教訓として生きるのでとやかく言うのは
やめにしましょう。
それにしても、次なる懸念は、北の核実験でしょう。
正恩氏の威光と日正氏生誕100年祭はなんとしても、
世界にアピールしなければならない事情があることも、
理解しておきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。