Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

2012年06月の記事

永田村近未来簡単予測

政局の停滞が長引いている大元の原因は、今更ここで言わなくて誰もが知っていることなので、敢えてもうしません。 メルマガに続く。

Apple製品はすべてmade in China。


人件費が10分の1ですむのだから、
当然利益は膨大なものに。

メルマガにつづく。

ピークを過ぎたSNS,Facebook,Twitterの行方

本家でのFacebook離れが止まらないのだそうです。

メルマガに続く。

素人ではなかった森本防衛相

過日間に合わせの防衛大臣といいましたが、最新の肩書きだけで見ると防衛関係の評論家というイメージが先行した感は否めません。誰しもそう思いますよね。防衛大学校や防衛医科大学校は大学ではなく、自衛隊員のスベシャリスを国税で一人立ちさせるまでの特殊養成所ともいえます。航空自衛隊から外務省、麻生内閣でのブレーンともなれば、これはもう立派な玄人。議員としての経験がないことから素人というイメージを全面に出したマスコミもいただけない。今は内閣よりも解散総選挙ではないでしょうか。自民党は話し合い解散までもっていかせ、大勝の折りは、壊滅的な民主党を外してしまう戦略も一考かと。安易に増税法案に加担したら自民党はおしまい。党の壊滅的打撃が怖いから野田さんは決断できない。来年では必ずそうなるのだから、覚悟は必要でしょう。

警察OB天下り駐車監視員考察

改正道交法で民間(というよりも天下り会社)駐車監視員への駐車禁止摘発業務委託が継続中ですが、彼らは準公務員なんだそうです。その反則金のお金は各都道府県の公安委員会に入り、その先は不明。本来駐車違反は五分が標準で、停止中の営業車も無差別で悪質な課金とか。続く。執筆中。

間違いだらけの内閣改造。

執筆中。

間違いだらけの既存広告戦略。

執筆中。

間違いだらけのブログマーケティング。

執筆中。メルマガ予定。

ゴジラがんばれ!

松井秀喜が懸命にメジャーで頑張っているのをみていると、全てをかけた覚悟がつたわってきますが、永田町球場では放棄試合が目前の様相。

マニフェスト不要の時代

執筆中。

スッピン恋愛結婚のすすめ

執筆中。

心の中の聡明さが顔や仕草に出る理由。

後述。メルマガ用

マスコミの電力浪費。

脱原発を唱えながら原発再稼働を推進し、財源の予定もないのに子供手当てや高校無償化(外国人含む)をやり、生活保護でも家を建てられる状況を捉えられない、マニフェストで詐欺まがいの政治、官僚公務員改革の先伸ばし、年金一元化、説明と大義なき消費税増税議論、節電意識のないマスコミ、など抱える問題は数々あれど、真のジャーナリスト不在のニッポン。甲子園野球や価値のないテレビ番組を一部停止する覚悟も

墓穴を掘った改造内閣。

野党との修正協議は無理というものでしょう。
素人のにわか防衛大臣では国は守れません。
もっとも守る気がまるでないのが、
民主党ですから言わずと知れたことではあるのですが、
何故かマスコミはこれを叩かない。
朝日の天声人語は、
上から目線の身勝手社説のようなものですが、
ことをうやむやにする術は戦後直後の変わり身を考えれば、
納得がいきます。
官僚と結託したマスメディアと詐欺まがいの政権をなぜ
追求しないのかいまもって疑問と感じるのは、
私だけでしょうか。。。



増税のウソ (青春新書インテリジェンス)/青春出版社
¥800
Amazon.co.jp
消費税「増税」はいらない! 財務省が民主党に教えた財政の大嘘/講談社
¥1,260
Amazon.co.jp

人声天語

後述。

サプライズで日本にも来ますように。。。



もうすぐ梅雨。

SN3N0039.jpg

財務省の高笑いと消費税

自民党が賛成に回れば法案は通るかもしれませんが、まずは解散総選挙で国民の真を問うべきでしょう。

秒読みに入った夏の解散総選挙。

自民党と手を組めば民主党批判の矛先が永田町全体への転化して、有権者の判断を鈍らせることにつながり、議席も減らすとはいえ、大連立ではノープロブレム!?野田さんはとても命をかけて取り組んでいるとは思えませんね。自民党もだらしがない。メルマガ追記予定。

男女の相性、「Sな人、Mな人」

男女の相性は難しい。
離婚の原因に性格の不一致とかよく言われますが、
お互いの性格が違うから一緒になるわけですから、
迎合するには当たらない。
価値観の違いも、ハナから同じわけがありません。

一番注意したいことは、やはり金銭感覚。
もっとお若い女性によく心得て欲しいのですが、
マゾ、サドは普段では表には出ません。
アルコールが入っているとき、本性はで出易くなります。

つづく。



リークされた生々しい高嶋氏の肉声を聞いて。

以前は「ホテル」のドラマで好演して、
ファンの一人になっていた私ですが、
私生活の声はあまり聞きたくもないし、
できることなら本当であって欲しくない。
芸能界で身を投じている方々にとっては、
プライベートなことはベールで包んで欲しい。
なぜなら彼らは虚構あるいは現実での、
人間のあるべき姿に夢を与えてくれる仕事をしているからです。
ですから、抱いているイメージを壊して欲しくない。
出会った日から一週間もたたないうちにプロポーズというのは、
いささか性急な感もあり、心配していたことがやっぱり現実になりました。
芸能界で人生を全うするには、自分を強く律することは当然のことであり、
ファンの前では、ウソでもいいから夢を抱かせて欲しいものです。
いま日本のマスコミでは「ネタ枯れ」現象がおきていて、
プライベートなことでもドッとなだれ込む傾向にあります。
一億総芸人の時代、一時的にちょっと儲けたからと言って、
親が生活保護という個人情報を利用する、
官僚や政治家はいただけませんが、
公共性が「あるからといってプライバシーの暴露には
賛成できかねます。。。

芸能界は夢を売る仕事です。
ファンの夢を壊さないよう祈ります。



HOTEL DVD-BOX/高嶋政伸,松方弘樹,菊池桃子
¥19,950
Amazon.co.jp
HOTEL セカンドシーズン DVD-BOX/高嶋政伸,松方弘樹,丹波哲郎
¥19,950
Amazon.co.jp
HOTELシリーズinハワイ DVD-BOX/高嶋政伸,松方弘樹,丹波哲郎
¥21,945
Amazon.co.jp

Madonnaのトーナメント開設しました。


ふるってご参加ください。


Madonnaファンブログトーナメント

40億年後の衝突。

NASAがアンドロメダ星雲と銀河系星雲が40億年後に衝突すると発表してますが、それが何か、といいたくもなりますよね。長官のあの不可解な声明の真意は?できることならせめて今後は、いまそこにある危機の対処法と心構えを示してもらいたいですね。

自由民主党がドジョウに呑み込まれる日。

大義なき民意無視の消費税増税に手を貸す自民党の
良識が壊れようとしています。
追記予定。


市民を裏切った橋下氏の袖裏

脱原発をあっさり辞めた真意は?検証します。後述。

PRは発想ではなく客観的な戦略と公正さにあり。

後述。

劣化し続ける新聞媒体ビジネス。

後述。



中国への情報漏洩問題は国益に反する行為。

一切渡していないと言う発言を撤回し、
シラを切る副大臣。
消費税どころではなくなりましたね。
自民党は徹底的に売国奴的な行為を
追求すべきです。



日本人の美徳 誇りある日本人になろう (宝島社新書 262)/櫻井 よしこ
¥735
Amazon.co.jp
日本の覚悟/櫻井 よしこ
¥1,575
Amazon.co.jp
GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫)/櫻井 よしこ
¥690
Amazon.co.jp
異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない/櫻井 よしこ
¥1,575
Amazon.co.jp

MadonnaがテルアビブからGaGaにエール!





GaGaも頑張れ~!^0^

Madonnaはライブだと活き活きしてますね。
53歳とはとても思えないよね・・・。
ステージで中東紛争の解決を訴えるあたりは、
政治的な主張にブレがない事を証明しています。
政界に進出する可能性もなきにしもあらず。
Express yourselfの後半に酷似したBorn this wayの曲を歌い、
あたかもGaGaにエールを送っているかのよう。
GaGaファンからすれば怒り心頭かもしれない。
GaGaが皮肉られている?
しかし、それはとんだおかど違いというもの。
MadonnaはBorn this wayが気に入っているのです。
誰も言わないけれども、
Madonnaが盗作疑惑を否定してくれていた恩義は、
GaGaファンは忘れないで欲しいですよね。
私はそう思いますよ。


SNSステマ暴風波浪警報!

カタカナ言葉ですとなにやらハイカラで先進的に聞こえ、

時代の先端をいっているような感覚に陥りやすいようです。

ソーシャルネットワーキングサービスのことをSNSといいますが、
昨年がSNS元年と広告業界では言っています。

その世界にいま重大な問題が蔓延っています。
ステルス・マーケティング、
またはアンダーカバー・マーケティングというのですが、
広告主から報酬を得ていることを隠して、
企業や製品の良いところだけを、
口コミで発信する手法が一人歩きをしている状況は否めません。
そこにFacebookやtwitter、google+というSNSの御三家が、
世界中に構えているわけですが、
携帯やPCの保存している友人の登録アドレスまで侵入して、
個人情報を盗み勝手にアナウンスを送りつけるという、
危ない状況まで来ていることに、
貴方は気付いていらっしゃいますか。
Googleを通してFacebookがAUの携帯やGmailの友人登録に、
自由に入り込む状況は怖くはないですか。
FacebookがIPOでのインサイダーで右往左往しているようですが、
そもそもそういう交流サイトには、
メディア価値というものは存在せず、
いわゆるアナウンス装置にすぎない役目しかないのです。
ですからFacebookもgoogleの真似をして、
市場からお金をかき集めて、
たとえばOperaブラウザの買収に傾かざるを得なくなるわけです。
個人情報の管理と防衛は今後ネットユーザーの自己責任とは言え、
お互いモラルを護って互恵の精神でいく必要性が生じてくることでしょう。

ステマの手法を裏読みして、個人情報を守って、
快適な個人メディアを確立していきましょう。



口コミ2.0 ~正直マーケティングのすすめ ~ (アスカビジネス)/上原 仁
¥1,575
Amazon.co.jp
これでわかる! 裏マーケティングのすべて (晋遊舎ムック)/著者不明
¥880
Amazon.co.jp