Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

気になる朝日の販促活動

ある一企業の広報戦略に

水を差すわけではありませんが、

(水を差してますか・・・・)

あの悲惨な太平洋戦史の映像を、

DVDやCDとして売り込み、

販促戦略で取り囲む姿勢はいかがなものでしょうか。

広告収益が悪化し赤字体質になったので、

利用するものは利用する。

「二度と戦争を起こさないためにも、

過去の出来事を反省し、

戦意高揚のトップランナーとして君臨し大本営と二人三脚で、

若者を戦争へ駆り立てていった罪の意識があるならば、

そういう映像や書籍は市場原理に投入すべきかどうか、

議論すべき問題と思います。」

現政権にすり寄っている姿は、

まさに戦前の朝日のDNAから

きているもので、避けられないにしても、

読者離れや広告主離れもまた

避けられないものになるでしょう。


これでも朝日新聞を読みますか?/山際 澄夫

¥1,470
Amazon.co.jp


朝日新聞のトンデモ読者投稿 (晋遊舎ムック)/朝南 政昭
¥1,000
Amazon.co.jp


朝日新聞の正義―対論 戦後日本を惑わしたメディアの責任 (小学館文庫)/小林 よしのり
¥520
Amazon.co.jp

新聞と戦争/朝日新聞「新聞と戦争」取材班
¥2,415
Amazon.co.jp

占領期の朝日新聞と戦争責任 村山長挙と緒方竹虎 (朝日選書)/今西 光男
¥1,470
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。