Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

世論

今回の衆議院の解散から投票日まで

40日というのは余りにも長かった感が

ありますね。広告主の業績が悲惨極めるなか、

大手マスコミ媒体は200億円もの選挙特需で

ウハウハのようですが、それも一時的なもので、

今度が最期となるでしょう。

普段広告手法について余り考えることのない方でも、

少しはその世界を勉強できたのではないでしょうか。

発信する立場からみた広告はなんでもありの世界です。

マスコミ業界の信頼性も失いつつあります。

先の博報堂さんや朝日広告さんをはじめとする、

広告主への障害者用郵便制度悪用の企画提案、

新聞社の合同世論調査、テレビCM、ネットCMでの

政党間誹謗中傷合戦、新興宗教政党のマスコミ攻勢、

負け犬作戦(別名アンダーグラウンド作戦。

民主300議席確実自民消滅などという

自虐的立場を人の情に働きかけ揺り戻しを図る作戦)、

など有権者の方はどちらを選ぶにしろ、

自分の考えをしっかりと反映させてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。