Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

政権交代後のイメージ

明日いよいよ投票日ですが、

政権交代で考えられるイメージをいくつか。

マスコミでは絶対報道しない私的情報ですが。


●ワーキングプアの解消。小泉、

竹中さんたちが格差の増大を加速させ、

失業率も増えるばかりだったので、

なにか手を打たざるを得ないでしょう。

竹中さんのパソナ会長就任には驚きました。

派遣の敵?そう思われてもしかたないですね。


●セーフティーネットが期待できる。


●高速代が無料になる。道路族議員の天下りが

いびつな施策に走らせているので、

この際洗い直したほうがいいですね。

ETCは無用になり、すでに買った人には国が負担。


●国家財政のバランスシートの再確認

日本の国有資産は800兆円とも1000兆円とも云われ、

霞ヶ関の隠し金山など微々たるものです。

日本の国債の格付けが下がらない根拠のひとつですね。


●財界のありかたの見直し。

経団連といえば公明正大な土光さんの

イメージがありますが、

骨太な会長さんにチェンジされたほうが。


●官僚の天下りがなくなる。


●対話型の政治路線に期待。


●小泉さんは公約なんかどうでもいいと

国会でおっしゃいましたが、

マニフェストをいかに守るかみていきましょう。


●弱肉強食から共生の道へ。



つづく。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。