Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

交渉人坂本龍馬。

人は人間を介しての社会に生きている以上、
コミュニケーションの善し悪しが、
生き方や考え方に影響を及ぼします。
国と国との交渉ごとでは国家の運命にまで及びます。
坂本龍馬さんはいわば交渉のプロと言うべきでしょう。
彼の構想では、
薩長連合の新政府を樹立しながら、
徳川家の函館政府も存続させる。
または新政府の長に徳川家を・・・。
と言うものでした。
しかし、そういう施策や考え方は薩長連合には都合が悪い。
二つの政府を存続させる構想を形作る交渉では、
坂本さんは失敗したのかもしれませんね。
暗殺事件の背景にはそういう根深いものがあったことは
想像に堅くありません。

交渉のプロは、
まずお互いを同じ土俵に上がらせ、
裏も表も隠さない状況を作り、
信頼関係を生ませることには長けています。
直線的な交渉はアマチュアのかたで良くやりますが、
100%失敗します。
プロでも必ずしも100発100中とは限りません。
しかし、
失敗したことを逆に味方にするのが上手いのです。
交渉人になってみませんか?








関連記事
スポンサーサイト