Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

サブプライム。

米国でのサブプライムローンの焦げ付き問題では、
およそ日本の年間国家予算80兆円以上になりそうです。
何でもファンド化する傾向は、窮鼠猫を噛む状態からの、
金融機関のもがきからきたものでしょう。
お金もないのに無理をして貸して、
返済が無理であることが分かっていながら、証券化する。
証券化すれば企業にはしばらくは、
お金の流れがスムーズにいきますが、最終的には焦げ付いてしまいます。
ましてや米国民の貯蓄率はマイナス傾向のようですし。
お金を借りまくって消費をして生活をしていかなければならない。
いわば一種の詐欺行為。
裏では企業も役人さんも甘い汁を吸っているのですから。

この際、徳政令を全世界的に発布し、
ゼロからのスタートもした方がいいですね。
私にとってもみなさんにとっても、
かなり都合の良いものになるはず。




関連記事
スポンサーサイト