Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

地球変動サミットも終わりましたが。

核のない世界が出来上がるようです。

本当でしょうか。

アメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランスの

核所有国が全廃すれば素晴らしいことですが、

彼らは全廃するつもりは全くない中での宣言は、

優越意識から発する持たない国への

一種の圧力と見られてもしかたがない。

彼らから見れば鳩山さんは心理的には

目の上のたんこぶと言えるでしょう。

潜在的に核を作る能力があるにも関わらず、

敢えて核兵器開発は被爆国という立場から

行うつもりはないことを各国に表明。

裏を返せば政権や憲法を改正すれば、

核開発はいくらでも出来るということにもなり、

戦略学を学んだ鳩山さんの深謀遠慮の

駆け引きも感じます。

アメリカがF22の輸出を拒み、

「心神」という純国産ステルス戦闘機が

2011年にも完成する予定もあり、

日本の潜在力を何気なく伝えたことは

外交的取引にも有利に働くことも考えられます。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。