Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

ビジネスブログのメジャー化。

一年ぶりにデジタルハリウッドでのセミナーの申し込みをしました。
昨年のセカンドライフのセミナー以来です。
今回はビジネスブログ活用術と言う内容です。
もうかれこれブログをやり始めて5年目になりますが、
ようやくブログがビジネスの領域に浸透してきた感じですね。
インターネット広告が既存のマス媒体である、
ラジオ、雑誌のシェアを追い抜き、
TV,新聞に次ぐメディアとなりました。
かなり前から予想していたとはいえ、紆余曲折もありました。
それは、既存のマスメディア界で従事している方たちの、
市民記者に対するプロから見たアマチュアへの優越意識から来る、
冷笑がしばらく続いていたことです。
しかし今では、ブロガーの企業に対する影響力は強大で、
特に米国では世論を形成するまでに至っています。
日本でもこれからどんどんビジネスブログに対する、
有効性がより注目されることでしょう。
「死に神」発言による新聞や、
スキャンダル情報誌と化した週刊雑誌でもおわかりのように、
プロとアマの垣根がなくなって来ている事は、
誰が見ても否定できない。
広告の世界でも、これまでのマス媒体で,
どっぷりとぬるま湯に浸っていた、クリエイターたちも、
ネットの台頭にあわてふためいている様子です。
既存の考え方を方向転換しようにも、捨てられず、
新たな発想に苦慮している様子がうかがえます。
特にDTP業界ではソフトの更新が遅れていて、
MacではいまだにOSXへの移行度が2割か3割ほどのようでした。
WinではXPの使いかっての良さがVistaへの移行を阻んでいます。
Web2.0と言ってもまだまだ未完成のようです。
世界的にはGoogleも今のところは優位みたいですが、
Yahooとはシェアは拮抗しています。
SNSでも使いようによっては良くもなれば悪くもなります。
消費者が意見を自由に発信出来るネットでの,
マーケティングスペースにおいては、
ビジネスブログの存在性は今後は無視できなくなる事でしょう。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。