Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

越後路で感じたこと。

この何日か母の見舞いと取材で郷里に行っておりました。
地方の経済もかなり疲弊していますね。
自治も大切ですが、国のほうはお構いなしの時代。
しかし、地方都市の互恵関係は大事ではないでしょうか。
たとえば、膨大な負債を抱える夕張市に2016オリンピック開催を譲り、
北海道全体が潤う事にでもなれば、成功したケーススタディにもなり、
内需拡大への足がかりを作りたい各都市の思いにもつながります。
何兆円もの借金を抱える大阪市も夕張と同じで、
現市長がいくら小手先で改革しても、
古い慣習と労組の厚い壁がある限り、財政の再建は難しい。
国政選挙の空白がさらなる不況を呼ぶのは、
目に見えていますし、予想される与野党の議席は「おこぼれ」好きな国民性から、
余り変わらないとみています。
政治家を必要としない経済改革も進めなければ、
私たち庶民の生活もただならぬものになるという、
危機感を持つのは私だけでしょうか・・・。

日本の選挙―何を変えれば政治が変わるのか (中公新書)/加藤 秀治郎
¥777
Amazon.co.jp

選挙裏物語―「当選確率80%」スゴ腕選挙コーディネーターが明かす選挙のすべて/井上 和子
¥1,470
Amazon.co.jp

選挙のパラドクス―なぜあの人が選ばれるのか?/ウィリアム パウンドストーン
¥2,520
Amazon.co.jp

現代アメリカ選挙の集票過程 アウトリーチ戦略と政治意識の変容/渡辺 将人
¥3,780
Amazon.co.jp

フランスの選挙―その制度的特色と動態の分析 (明治大学社会科学研究所叢書)/山下 茂
¥2,940
Amazon.co.jp

洗脳選挙 (ペーパーバックス)/三浦 博史
¥1,000
Amazon.co.jp






関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。