Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

作家の心象風景

アーティストでも国や文化・歴史・環境の違いで、
作風や絵筆・感性・技術・時代を超えた
未来性と伝統性は異なります。
現代アートが海外では活発な
ファンドとしての地位を固めるなか、
国内においては未だに未成熟のように感じます。
今日、何人かの外国作家の紹介をされましたが、
NGになりました。
私も本物か偽物かの見分けはついているつもりです。
私は作家を登録させて頂くにも、
作家・作品・品性は基本中の基本になっていて、
売れればだれでもいいという、
流行りのギヤラリストとは違います。
画家でいうなら、
デッサンの何気ない一本の線でも
作品の一つでおろそかにはできません。
ドリームコンセプトギャラリーではより厳選された
新進気鋭の未来性と夢をはぐくんでくれる
アーティストをご推奨したいと思います。
現代アートビジネス (アスキー新書 61) (アスキー新書 61)/小山 登美夫
¥780
Amazon.co.jp

その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (セオリーBOOKS)/小山 登美夫
¥1,470
Amazon.co.jp

アーティストは境界線上で踊る/斎藤 環
¥3,360
Amazon.co.jp

現代アート入門の入門 (光文社新書)/山口 裕美
¥788
Amazon.co.jp

THE POWER OF JAPANESE CONTEMPORARY ART/山口 裕美
¥3,990
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。