Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

必殺仕事人2009

藤田さんが食道ガンの治療を乗り越え、「必殺仕事人」が復活。
撮影開始ももうすぐだそうです。
弱肉強食の世界で必死にもがく庶民のささやかな痛快劇として、
もう30年も続いているんですね。相変わらずの高い支持率です。
凄いですね。。。
松平暴れん坊将軍は史実よりも在籍期間が長い、
と言われるくらいの人気シリーズでした。
現実的に上に立つ人が、巨悪を蔓延らせ、
制御不能になった日本。
「仕事人」は、弱者のかた、負け組みのかた、
追いつめられたかたにとっては(ほとんどの方?)、
正義の執権の役目を果たしてくれているのでしょう。
実際にも似たような職業があったなら(あるかどうかわかりませんが)、
求人が殺到するのでしょうね。
時代劇マガジン Vol.16
¥1,680
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。