Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

「小泉政権が現在の格差社会容認、弱者切捨ての下地を作った・・・」

景気が悪くなっていますね。
これまでは、
「いざなぎ景気越え」の景気拡大?というお役人の大本営発表。
昨年からは所得税の定率減税がなくなりました。
そして市民税の定率減税も廃止。
お年寄りの国民健康保険や市民税の大幅アップ。
景気の実感をもてなかった多くの人々。
何故こうなったかは、皆さんもおわかりでしょう。
以前の郵政民営化選挙の裏にはそういう重要な法案もあったのです。
300兆円の資金はサブプライムローン欠損などの穴埋めとして、
米国では考えているかも知れません。
地デジ法案も知らない間に通ってしまいました。
広告会社のアドバイスによる小泉さんの
「ワンフレーズコメント」は、
かつてのヒトラーが行った大衆操作の古典的な手法です。
広告にはそういう下心が内在していることを、
よく認識しておいてください。
時代の動きを作るのは、大衆や市民の信念です。
昔は、一方的なメディアからの押しつけでしたが、
今は違います。しかし、ネットでの無法的な状況や
無節操なコミュニケーションの環境を生み続ける限り、
ブログやSNSの真の市民パワーは生まれては来ません。
お上のいうことには逆らえない、
下々もの奴らが言っても仕方がない、
もうとっくにそんな時代は終わったはずなのですが。
弱者を救うという、セーフティーネットが
いまだに全然整備されていないのに、妖怪が一人歩きをしている。
その妖怪とは私たち自身の投影なのかも知れません。
小泉さんは「世襲は親ばかだとおもって・・・」とおっしゃいますが、
所詮は何も変わらない信念のない政治家のレベルとしか見えませんね。
反論は多いと思いますが、あなたはどう思いますか?
小泉政権―非情の歳月 (文春文庫)/佐野 眞一
¥620
Amazon.co.jp

小泉政権 50の功罪 (永田町の暗闘)/鈴木 棟一
¥1,890
Amazon.co.jp

ジャパンポンチ〈3〉小泉政権のダークサイド
¥1,260
Amazon.co.jp

追跡!平成日本タブー大全 (2) (別冊宝島Real (068))
¥1,260
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。