Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

賞味期限切れのマスメディア

20世紀末で賞味期間を終えたマスメディア。堀江氏一連のなりふり構わない市場原理への参戦で、人心が乱れ、存在価値が日に日に薄れていくマスコミ業界。インターネットのコンテンツやエンターテインメントのコンテンツや知的権の確立で米国から四半世紀は遅れている日本。ガリバー電通ですら時代の流れに対応しきれず、右往左往している状況。ここ二年で約1兆円もの市場が減ってしまった広告業界。マスコミへのプレスリリースも今後は付加価値をつけてサービスできるか読めない時代です。マスコミの賞味期間はすでになくなり、新たな発想で立ち向かう必要がでてくるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。