Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

田原総一朗氏のカラクリ

TV朝日のサンデープロジェクトが今日で終了。

朝まで生テレビ、本音をつく番組とかで、

一時は意表を突くバラエティー的な話題性がありましたが、

他の局でも同じような番組があり、

また広告主とTV局との微妙な関係や

視聴率などの観点から判断されたのでしょう。


田原氏は東京12チャンネルの番組ディレクター出身で、

TV演出の専門家ともいえます。

公平な見方とお思いの方も最初の頃は、

思われたかも知れません。

政治家や実業家や時の人の本音をTVで、

はき出させる手法もいまではやや慢性気味。

公共?の電波の元で本音や裏の世界を言う方は

おられないなかで、彼には、

あたかも暴露したかのように見せる演出能力は

あったかもしれません。

彼は電通との関係は深く、

体制派でありながら反体制を探っていた面は排除できません。

広告主を批判しながら広告費を頂戴するなどという

矛盾した世界はどこにでもあるもので、

あえてここでは言いませんが。


戦争論争戦―小林よしのりVS.田原総一朗/小林 よしのり
¥1,575
Amazon.co.jp


日本のカラクリ/田原 総一朗
¥1,470
Amazon.co.jp








関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。