Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

貴族の祖先(雑感)

天皇家は代々昔から貴族というか、
現人神なのかはよく分かりません。
その祖先は伝説の中にあるようです。
世界的にはあまり例のない系図なのかもしれません。
私の実家の家系図はお寺にあったのですが、
途中から消されておりました。
以前、ルーツという本がよく売れていましたが、
世界の貴族や王の祖先は一体
どういう人だったかは分かるそうです。
分かるけれども公表に躊躇するのだそうです。
徳川家の祖先はもと貧乏な乞食というお話しや、
ヨーロッパの貴族や王の祖先も、実は、
あるお屋敷の小間使い、職人、商人、
露天商、賭け事屋、海賊、山賊、いろいろだそうで、
早い話、ごく普通の人々だったことがわかります。
ビクトリア王朝、フランス王朝、ナポレオン皇帝もしかり、
ロシアの貴族しかり、歴代ローマ皇帝しかり、
古代中国の王でも元は貧しい民もおりました。
幕末での貴族のお歴々は、
武士階級のおこぼれで頂いた地位であったことしかり、
元をただせば、一種の縄張り争い。
権力掌握本能なるものがあったことは疑いようもありません。
いまの時代ではどなたでも、
未来の貴族のご先祖様になる可能性だってあるのです。

イタリア貴族養成講座―本物のセレブリティとは何か (集英社新書 449D)/彌勒 忠史
¥735
Amazon.co.jp

貴族のさかえ―平安時代中期・後期 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)/児玉 幸多
¥872
Amazon.co.jp

貴族嫌いのレディ (ハーレクイン・イマージュ 1969 王宮への招待)/フィオナ・ハーパー
¥680
Amazon.co.jp

戦国時代の貴族―『言継卿記』が描く京都 (講談社学術文庫)/今谷 明
¥1,365
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。