Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

在日米軍の実態と福島氏の罷免

一応把握、再確認はしておいた方が良さそうです。

沖縄の普天間がクローズアップされてはいますが、

全国29都道府県で124施設、専用施設は90にのぼります。

三沢、横田、横須賀、岩国、佐世保、普天間、嘉手納など、

沖縄以外でも基地問題では深刻のようです。

5万人の軍人と家族合わせて10万人が全国に住んでいて、

演習場などを含めれば、九州ほどの面積に。

冷戦後も施設は強化・拡大の一途のようです。

また、日本と米軍の家族との交流も盛んで、

普天間にしても、先日海兵隊との運動会や交流会が

あったようで、地元の人は鳩山さんが訪れても、

米軍家族との交流を優先したそうです。

野辺古がどうの県外がどうの、

言う前に沖縄の人たちはたくましい。

福島さんがその辺の事情を呑み込んでいたのかは

わかりませんが、沖縄の人たちは、

そういう現実と向き合って生きてきたわけですから、

反対ばかりしないで欲しかったですね。

在日米軍最前線 (新人物文庫)/斉藤 光政
¥700
Amazon.co.jp


米軍再編と在日米軍 (文春新書)/森本 敏
¥788
Amazon.co.jp


在日米軍最前線 軍事列島日本/斉藤 光政
¥1,680
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。