Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

仮払い訴訟で高笑いの弁護士業界。

貸金業法改正で一番得をしている所は?司法界の暴走との関連性は?司法制度改革失敗で、弁護士業界は就職が困難に。法曹界はいわゆるスケープゴートの標的にされた消費者金融を手玉にとって、すでに4000億円もの法外的な手数料を懐に入れたわけです。銀行とのキャッシングは適用外になっており、メガバンクは傘下にいれた元消費税金融のネームバリューで、自分の手を汚さずに業務はできるという不条理。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。