Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

官僚の思惑を代弁する菅さん。

日本がギリシャになる?

どなたが書いたシナリオかわかりませんが、異論反論。

日本は900兆円の借金という財政危機であると

菅さんは煽っていますが、

それは全くのお門違い。

それだけが対外的に報じられ、

大変だ大変だとマスコミも自らの意見を

述べることなく野次馬的に記事を垂れ流す。

官僚主導を進める菅さんは

やはり短命で終わる可能性が高いですね。

参議院選挙ではかなり苦戦するのではないでしょうか。

結果的にはいまの状況と変わりはなく、

過半数は無理でしょう。

浮動票を甘く見すぎていませんでしょうか。

コロコロと変わる発言と官僚主導、

労組寄り、日教組寄りのまつりごとでは

日本は立ち上がれません。

野次馬マスコミジャーナリズムは、

ある左翼政権下での社会実験とは言ってますが、

今は実験など悠長に構えている余裕などないはずです。

個人金融資産1450兆円、

日本政府の金融資産500兆円、

体外純債権300兆円、

これだけでも2000兆円もの資産があるのです。

米国の体外累積債務は4000兆円。

物事の判断では政治家や官僚だけの

思惑通りには見ないほうが良いという

前例を作ったとみるべきでしょうか。

日はまた昇る 日本のこれからの15年/ビル・エモット
¥1,260
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。