Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

芥川賞・直木賞で食べていける?

タイトルが低俗?

日本文学界の権威の象徴と化した

慢性的な立ち位置と私は見ていますが。


一年に二回は多いのではないですかね。

選考委員のかたがたもそれなりの器なのかどうかも、

周りから見られる昨今。

選評の内容で作家の力が分かるとされています。

何故賞をあげるのかの意味づけを

とくと拝見いたしましょう。

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)/佐伯 一麦
¥819
Amazon.co.jp


小説家になる!―芥川賞・直木賞だって狙える12講 (ちくま文庫)/中条 省平
¥798
Amazon.co.jp


芥川賞全集〈第19巻〉/町田 康
¥3,400
Amazon.co.jp


芥川賞全集 第4巻 (4) 本の話 確証 闘牛 異邦人 春の草 壁 広場の孤独 漢奸/由起 しげ子
¥2,548
Amazon.co.jp


芥川賞の研究―芥川賞のウラオモテ (1979年)/永井 竜男
¥1
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。