Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

0円マーケティングの落とし穴

よくフリー経済といわれていますが、よく考えてみればカラクリがないと企業はやっていけないわけで、例えば、街角での開店した居酒屋で、最初のビール無料、という宣伝。お通しがバカ高かったりオプションをくどくど勧められたりで、結局最後には二軒分の料金に。あなたにもそういうご経験はありませんか。つまり奇抜なやり方で顧客を得てもどこかでつじつまをあわせなければならない。そのカラクリは広告代理からみれば一目瞭然。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。