Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

必殺広告荷捌人

(とある人の手記から)。珍しいタイトルとお思いでしょうが、
奇抜のある名前や名称っつぅほど信用しちぁいけやせん。
そういうあっしなんかも、昔は企業が危ない橋を渡ろうとして顧客への損害を出すのがわかっていても、会社だけが生き延びるためのせこい広報や広告をまかせられ、己の信念などにはかまっていられず、広告の荷捌き人としてやっていた時期もあり、人様の前でさも正義ぶってお話しをする身分じゃありあせんが、陰ながら誰にも分からない世界はどこにでもあるという裏方からみた世間様の化けの皮を剥ぎ、貴方さまの人生の羅針盤のお役に立ちたいのでありやす。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。