Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

直筆手紙の効用

日本ではパーソナルコンピューターが米国から入ってきて20年。それ以前からワードプロセッサーなどでの印刷文書の表現方法などありましたが、WindowsやMacなどのソフトウェアの氾濫、ただ乗りビジネスのGoogleやコミュニケーションサイトの増殖で、日本の慣習の疎外化が顕著になりました。書道、絵画、手書きへの回帰はこれまでへの反動とみていいでしょう。宮本輝さんの「錦秋」という全文手紙のやり取りだけの小説がありますが、パソコン文化とは違う手書きの魅力は見つめなおしてみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。