Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

人生の散り際

人には人生の分岐点や再起動、敗者復活と、

それぞれあると思いますが、

思うようにいかないのがほとんどでしょう。

この不況のなか(好況という方もおられますが)、

中小企業や自営業はやりくりが大変なはず。

お金もなかなか動かないし、予算は絞るだけ絞っても、

純益があがらない。

やむを得ず人件費や広告予算を、

真っ先に削減して乗り切ろうとするのが自然。

家庭崩壊、自己破産、夜逃げ、離婚、婚約解消、自殺・・・。

選択肢はマイナス方向へと進みます。

永田町界隈では年俸4000万円以上もの国会議員や

高収入の官僚の群れが国の税金を湯水のごとく、

使っており、国家が滅んでも自己保身と体裁だけで、

人生をまっとうしようとしております。

菅政権はますますレームダック状態となり、

日本経済も世界で最大の債務国

(対外累積額4000兆円以上)である米国の

株価の異常な釣り上がりに押されています。

ダウジョーンズの優良株30社だけの平均株価

ですからあてにはできません。

経済対策も5兆円規模という子供だましの額では、

なんの効果もないでしょう。

庶民の暮らしは防衛一本にすすみます。

物事のけじめや散り際は人それぞれでしょうけれども、

検察の事件でも見られるように、

正義もだれも信じられなくなる時代です。

結局は自分で判断するしかないのでしょうね。

アイデンティティの心理学 (講談社現代新書)/鑪 幹八郎
¥735
Amazon.co.jp

ありのままの自分―アイデンティティの常識を超える (お釈迦さまが教えたこと)/アルボムッレ スマナサーラ
¥1,500
Amazon.co.jp

死ぬな、生きろ。―アイデンティティ・クライシス/山川 健一
¥1,470
Amazon.co.jp

差異―アイデンティティと文化の政治学 (サピエンティア)/ミシェル ヴィヴィオルカ
¥3,150
Amazon.co.jp

身体とアイデンティティ・トラブル/金井 淑子
¥2,520
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト