Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

母音の響きによる姓名判断<KURAさんオリジナル>

端から聞こえてくる名前の母音からうける感じかたには、

ある一定の法則があります。

日頃はあまり意識していないかもしれませんが。

音感と読み(アルファベット)のいずれも同じです。

人間関係、社会、企業間のシナジー効果にも影響してきます。

これと九星占術があればばっちりあたります。



★各母音のイメージ

●「あ」
先取的、活動的、先導的、活発、賑やか、リーダー、赤、ポジティブ。

●「い」
細心、真面目、悩み事、沈殿、深海、理屈っぽい、執念、消極的、ナンバー2

●「う」
癒し系、抱擁、優しい、甘え、聞き分けがよい、親身になる、調整、仲介。

●「え」
戦略家、理路整然、計算高い、策士、参謀役、冷酷

●「お」
総合力、親分肌、おおらか、大海、勝負師、まとめ役


あなたの身の回りの名前を

アルファベット(ローマ字)で記してみてください。

目に見えない力関係が見えてくるはず。

(一例)


徳川家康
tokugawa ieyasu



※母音のあいうえおがすべて入ってますね。

バランスの取れた良い例。

坂本龍馬
sakamoto ryoma


※母音が「あ」と「お」の二つしかなく、

勝ち気と猛進が勝り、緻密さと策士的、

理路整然としたものにややかけて、

意外にも敵が内外にいて裏切りも多く、

脇も甘かったことが暗殺に

繋がったのかもしれません。

名前からのイメージですが。

五音占い―名前の母音で知る、究極の「相性占い」/麻生 祐可
¥1,200
Amazon.co.jp


血液型と母音と性格/浅尾 哲朗
¥1,680
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト