Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

「龍馬伝最終回」への苦情と今の政治

暗殺場面での選挙速報のテロップで視聴者から

多くのクレームが・・・・。

大事な画面が台無しに・・・。

番組担関係者は何を考えているのか。

地方選挙の結果などに興味がない方が

ほとんどでしょう。

それほど政治にたいする期待はないし、

不信感と諦念が無政府主義に走らせていることは

排除できません。


沖縄の普天間問題にしても、

地元の方の主張だけでは解決できる問題ではありません。

ましてや日本政府は金丸―小沢一郎での

政権担当時から始まった米国からの

「年次改革要望書」つまり米国の囲い者扱い)

のいうがままになっている状況にあり、

深夜のATM稼動はそのひとつで、日本の治安がわるくなっていった

原因にもなっています。法化大学院の設置要求は、

外国弁護士の自由化と法曹界の活性化がバックにありましたが、

封建的で閉鎖的な業界の姿勢と国としての戦略がないまま、

いいないりに大学院を増殖させ混乱に陥れた経緯は

忘れてはなりません。

派遣労働法の改正にしても米国の要望からきたもので

悪法そのもの。

極めつけは、郵政民営化の圧力。

小泉さんが強引に選挙を行ったのも

ブッシュ氏との約束があったからです。

ですからこれから紆余曲折があっても、

郵政が国営に戻ることはまずありえない。

年間の軍事費が60兆円もある米国の戦略基地の

一部でしかない沖縄は日本の出る幕ではないのです。

選挙での万歳シーンなど移す必要はないし、

何の影響も及ぼさない役人の世界など

見たくもない・・・・・。

NHKの民営化も要望される可能性もありまりすね。


拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)/関岡 英之
¥735
Amazon.co.jp


最高支配層だけが知っている日本の真実/副島 隆彦
¥1,890
Amazon.co.jp


アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 (East Press Nonficti.../著者不明
¥1,365
Amazon.co.jp


関連記事
スポンサーサイト