Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

ヤマトバトルシップを観て。

ハリウッドでプロデュースする人がいたら、大ヒットしたかもしれません。スタートレックや地球の静止する日、2001年とかと比較するのは酷というもの。日本の映画の特撮の限界はしかたないし、お金も脚本も費やせる環境も必要。ヤマトはやっぱり最期無くなってしまうのは寂しいね。アニメファンにしては納得されたかわかりませんが、キムタクはイメージ通りだったのでは。メイサちゃんは他の作品ではメジャーな役柄期待したいですね。ハリウッドでも行けるよ。(#^.^#)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。