Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

政権交代後に4240人天下りの実態。

昨年の春に行なった天下り根絶は、

単なるパフォーマンスだったことが判明。

民主党ではサイトで公益法人の理事に、

民間人を起用とする

展開を行使しましたが・・・。

それが真っ赤な嘘だったことが分かりました・・・。

公益法人理事を幾つも兼ねているケースが。


試しに私も二ヶ所に応募しましたが、

不自然なことがありました。


「某理事応募に関して慎重に慎重を重ねた結果、


今回貴殿においては見送ることに決定致しました」


という

ワープロ文書の入った封書が、

応募をポスト投函後一両日で

速達便で帰ってきたことです。


それって慎重も何もないってことですよね。

怪しくないですか。

つまり民間からの応募は単なる

出来レースだったってことですよ。


そういう些細なことでも官僚の体質が

分かるというもの。


スッカラ菅氏にはわかりますまい。


天下り“ゾンビ” 法人 「事業仕分け」でも生き残る利権のからくり/野口 陽
¥1,470
Amazon.co.jp


天下りシステム崩壊―「官僚内閣制」の終焉/屋山 太郎
¥1,680
Amazon.co.jp


巨大省庁天下り腐敗白書/堤 和馬
¥2,940
Amazon.co.jp



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。