Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

意味のない検察の一部可視化。

いま日本で問題になっているのは、

一)危惧される検察官僚の独裁権力化が進んでいること。


・正義を理念としたところが信頼と正統性を失った今、

隷属下におかれたマスコミを操り、

世論を無視したやり方はかなりマズイ。

二)政権与党の稚拙と幼児性が亡国への道筋を作っていること。


・即解散総選挙が必要。

三)霞ヶ関の牙城攻めは政治家ではむりだったこと。


・カリスマ指導者が必要。

四)セーフティネットの構築がないこと。


→弱肉強食社会でも最低生活保障、

就活再就職支援、中小企業支援、景気振興、における政策。


五)富の配分の不均衡とバランスシートの見直しが必須であること。


役人側の借財が1000兆円、企業の内部留保400兆円、

対外純資産300兆円、そして日本の総資産5500兆円。

公務員制度の改革が。


なんといってもまず、一)の解決策が。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。