Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

「ビックリした発言」の無責任さ。

表向き与党の代表ともあろう方が、

マニフェスト容認時に

「ビックリした・・・」と、考えられない発言。


有権者の目には逃げているとしか映りませんよね。

財政が逼迫しているのが背景にあるのでしょうが、

それならばなぜ特別会計に切り込まなかったのか、

経費削減の尖兵的な位置づけだった

公務員改革法案化を何故先伸ばしにしたのか、

或いは、

郵政民営化を先伸ばしにしないで、

ダイナミックな経営体質に変貌させ、

黒字にし多額の利益を国庫に収めれば

子供手当てなど作れるはず。


河村市長のように議員自ら報酬削減の

手本を見せないのか。

与謝野、岡田さんも26000円に同意したのでは。


ビックリしたのは国民のほうです。


子ども手当2010 ~政策検証から実務まで~/子ども手当制度研究会
¥1,000
Amazon.co.jp

子ども手当て―コミックスでわかりやすい! (主婦の友生活シリーズ)/畠中 雅子
¥690
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。