Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

視力0.1の世界。

視力がいい人の話をお聞きすると、
うらやましくなります。
メガネやコンタクトが苦手で、運転しているとき眼鏡はかけますが、
普段は0.1の裸眼です。メガネでようやく0.8。

時折、昔の苦い思い出が脳裏をかすめてきます。
昔々友人のご紹介でおつき合いした方がおりましたが、
待ち合わせの時に別の人に話かけ、
そのひとに不信に思われご破算に。

ある時は、これもまた友人のご紹介で、
間違えて待合い場所に行ったのですが、
相手も近眼で互いに食事の途中までいってました。
食事の最中に私も勘違いと思っても後の祭。

そういう繰り返しですから、良縁にはほど遠い?
現実的には、
眼の良い方がほんとに実にうらやましいです。
危なっかしいですよね。。。
視力のいい人がそばにいてくれたらと
つくづく感じますね。。。
クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)/松岡 圭祐
¥860
Amazon.co.jp

蒼い瞳とニュアージュ〈2〉千里眼の記憶 (角川文庫)/松岡 圭祐
¥540
Amazon.co.jp




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。