Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

東電女性社員?メールの真贋を読み解く。

東電の女性社員が原発事故後12日後、

以前の上司に悲痛なメール。


ほかのメールも存在しているようですが、

東電批判のなか、

自社を擁護する動きも出始めたということか。


東電関係者が所属部署と氏名を

伏せて公表したようですが、

メールの内容(23日付)を読み解いてみると、

いささか不自然さと幾つもの疑問を感じます。

いくつかのメールもあるようですが。

あなたはどうですか?


●事故後12日目で本社への転送は遅すぎないか。

●現場からのメールが社員の過酷な状況を示しているが、

実際の現場いる東電の社員数は?

●東電の社員なのに社名を客観視している。

●東電を批判しないで下さいという内容は、

第三者も絡んでいる疑いがある、といわれても仕方がない。

●自社の擁護と現場社員の責任回避の意味ともとれる。

●美談ねつ造と東電幹部の天下り、広報の隠ぺい体質。

●社員優先、住民二の次的な行間を感じる。

●自己陶酔的な文章。

●本当の悲惨さが伝わってこない。。。





関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。