Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

トップの資格

東電の社長さんの体調が思わしくなく、


現場任せや下請け会社の奮闘ぶりが


日に日に顕著になってきていますが、


トップの責任逃れといわれても仕方がありませんね。


男としてみればなんとも情けない。


殆どの幹部が天下りでトップもリーダーの器にあらず。


官僚の保安院の逃亡も笑いもの。


公僕をなんと心得ているのか。


分けの分からない真贋不明の女子社員?メール。


賠償は25兆円超が予想され東電の


国有化と大増税、電力不足、機能不全内閣、


原発対応不可能化の影響が、


これからの庶民生活に


押し寄せることだけは間違いありません。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。