Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

進まない義援金給付、菅氏の不手際。

日本赤十字社からの

愛と善意と希望の義援金の給付が、

まだ一割程度しか行き届いていない模様です。

内外から寄せられた大切な義援金。

配分方法にはいろいろとあるようですが、

広範囲なことと照合に時間がかかると

いうことなのでしょう。

こういうときは、

自衛隊や自治体が被災地を廻り、

急ぎ手渡しでも何でもいいから

出向いて行けばと、

簡単に言いますが、

実際に渡すとなるまでには、

ご苦労がおありなのでしょう。

そういうことがないように

菅氏はよく考えてやるべきです。

あなたの役目は何?

緊急事態宣言も発せられない情けない首相です。

全然、全力など尽くしてなどいやしませんよ。

官邸でふんぞり返っていてばかりではいけません。

GWは被災地にいって全被災者に配りなさい。

村山首相は責任は全部自分が持つといわれて

実行されたのではないですか。

大義を重んじる男として人間として立派な方でした。

自民党も国民もびっくりしたくらいです。

それに引き替え、

菅氏は人に全部責任を押しつける。

男の器ではありません。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。