Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

スーザン・ボイルはほんとに美声?

幾つか試聴はしたのだけれども、どこが評価されたのかわかりません。アマチュアとしては卓越しているのでしょうが、個人的にはNO GOODです。歌詞の意味を理解または体に埋めて感情移入しているのか、愛を感じない、上手く唄ってはいるけれど楽器の音と調和しているのかどうか、バラードは苦手なのかどうか。マドンナの「愛をこえて」では、とても聴けない。偏向でしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。