Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

誰も言わない財界の禁句。

東北大震災では、

数多くの温かい義援金が送られていますが、

企業としてはそれぞれ独自のやり方で、

気持ちと物を提供しています。

上場企業は2000社ほどありますが、

大企業のプールしている

内部留保金(現金や預金)は、

206兆円ほどあると言われています。

まだそのほかにもあるでしょう。

国民としては、厳しい財政の折、

赤字国債や増税で足りない分を

まかなうことになりますが、

こういう国難の時こそ財界の力を、

いかんなく発揮されたらいかがでしょうか。

実行力のないか弱い政府に、

意見を申し立てたところで、

何も出来ないのが現実です。

制度や法案うんぬんも必要でしょう。

それよりも、経団連がイニシアティブを握り、

GDPの半分ほど所有している、

内部留保金の放出をお考えには、

なれないものでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。