Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

ホリエモン氏の収監

かつては時代の寵児とか、第2の坂本龍馬とか(斜利が目当ては同じか)、時代を切り開くとか、言われある面では拍手喝采的なものもありました。そのうらでは、粉飾決算の捏造で株の利益をもとに、自社の時価総額を大言壮語や株の買い漁りで、人心を裏切ってでも飽くなき利益を追及した罪は小さくはありません。稼ぐが勝ち、結果だけしか信用しない、など口からデマカセで弱い方たちや若い人たちの支持を失いました。存分に収監生活を楽しんでください。彼を誉め称えた政治家や財界、官僚にも多いに罪はありますね。サンケイさんも少しはほっとしたところでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト