Behind the 2020 Tokyo

2020 Tokyo同時進行小説&オリジナル小説・エッセー・コラムをブログとYouTubeで展開しています。

新紺碧の艦隊

明治維新は、

徳川幕府内での内輪もめで、

薩摩・長州藩が帝を後ろ盾に

幕藩体制を追い詰めた、

一種のクーデターといえるでしょう。

欧州列強の植民地治世が日本にもおよび、

その時代の波に乗じて新政府を樹立。

いまでも勝てば官軍、負ければ賊軍。

大げさではありますが、

今の時代に置き換えると、

民主党は幕閣の左派の相当し、

自民党は右派に属します。

菅氏は左派に担ぎ上げられた人形。

慶喜公は見当たらず、

坂本竜馬も見当たらず、

西郷さんも見当たらない。

日本語での玉虫色な言葉のやりとりや、

言葉の解釈が独り歩きして、

人間としての胆力や腹が

据わっていない人物ばかりが、

永田村に棲みついている現状には、

いささか腹がたちますね。


紺碧の艦隊では、

昭和が照和になり時代がまったく

変わりましたが、

新紺碧の艦隊では、

平成が平星となり光明が

見出せるかどうか。。。

関連記事
スポンサーサイト